11/07 赤い実

今日は立冬、穏やかな小春日和です。

ベランダに置いている鉢植えセイヨウヒイラギ(モチノキ科)の実が赤く色づき始めました。

Img_2324

春に緑色の実がいっぱいついたので、赤くなるのを楽しみにしていました。クリスマス・ホーリーとも呼ばれます。

散歩道で見つけた柊はモクセイ科で、白い花を咲かせ、甘い金木犀のような香りを放っています。

Img_2335

| | コメント (0)
|

11/04 紅玉ジャム

青森県産の紅玉1.5kgをジャムにしました。

Img_2310

実をいちょうに刻み、皮の紅色の濃い部分を色付けに一緒に煮ます。半量のお砂糖とレモン汁も・・・。

煮上がってから半分にはシナモンを振り入れました。

Img_2311
毎年、晩秋の仕事です。

| | コメント (0)
|

10/30 木枯らし1号

季節はずれの台風が過ぎ去って、木枯らし1号が吹きました。昨年より10日も早いそうです。

近くの公園では桜の葉の紅葉、イチョウの黄葉が始まっています。強い風に葉っぱが舞っていましたが、もう少しの間紅葉を楽しみたいですね。  

PCの不調などがあって、2ヶ月お休みしている間に季節は晩秋の趣になってしまいました。

   Img_2302  Img_2303 

少しづつブランクを埋めて生きたいと思っています

                        

| | コメント (2)
|

10/10 ゆりは強し!

スーパーの入り口にある花屋さんで、ゆりの花を1輪買ってきました。

持ち帰り方が悪かったのか、かわいそうに茎が折れています。

花瓶に挿しておくと、花が開き始めました。折れた茎から水を吸い上げていたのですね。

Img_2294

ゆりは強し!です。

| | コメント (0)
|

10/01 おとのきずなSing in Messiah 2018

2011年3月11日に起きた東日本大震災、おとのきずなではその翌年からチャリティーコンサートを企画し、被災した子供たちの就学を支援してきました。

今日から7回目となるSing in Messiah 2018の受付けを始めました。最初のお申し込みはこの日の0:02でした。

過去6回のSing in Messiahに参加してくださった個人参加約700名と合唱団ごとにまとめての参加が約700名、あわせて1400名あまりにメールと封書でチラシをお送りしご案内を始めます。

Fullsizerender
前回のSing in Messiah 2017には580名あまりが参加してくださり、1,205,387円を義捐金としてあしなが育英会(東日本大震災被災遺児への支援一般)にお送りすることができました。

| | コメント (0)
|

9/01 天候不順な夏

低温、日照不足のまま8月が終わりました。
ベランダの植木も葉っぱの色が薄くなっています。
毎年8月の中旬、この時期にしか出ない山形天童産のキャンベルも熟すのが遅く、1週間の遅配になりました。

0901a

房から外して洗った2㎏の実をそのまま鍋に入れて強火にかけ煮崩します。それを裏ごしして種を取り除き、砂糖を加えて煮詰めると、ぶどうジャムが出来上がりました。

0901b

手間と時間のかかる作業ですが、色と香りに秋の風味が感じられます。

| | コメント (0)
|

8/21 ミニトマトのお浸し

友人のお庭で採れたミニトマトをたくさん頂きました。
「皮がかたいのよ!」ということだったので、一つづつ湯むきして、お出汁にしょうゆとみりんで味付けし、浸して冷やします。
ミニトマトの甘みが増し、不思議な味に仕上がりました。
チェリーのシロップ漬けと勘違いした友人が1個食べてみて、「これはお酒に合う!」と・・・。確かにご飯のお菜にはなりません。

0821

もずくときうりの酢の物に添えてみました。

0821c

| | コメント (0)
|

8/20 ヴァイオリンとオルガン

武蔵野市国際オルガンコンクールのプレイベント、市内の小学校やコミュニティーセンター市役所ロビー、吉祥寺駅前の商業施設で街角コンサートが開かれています。
今日はコミュニティーセンターでヴァイオリンとポジティフオルガンのデュオコンサートを聴きました。
ヴァイオリンは廣海史帆さん、オルガンは荒井牧子です。
曲目紹介など二人のトークを挟んでプログラムがすすみます。

0820b

♪G.ムファット(1653-1704):トッカータ第3番 イ短調(オルガン
♪J.S.バッハ(1685-1750):カンタータ第147番より「主よ、人の望みの喜びを」BWV147(ヴァイオリンとオルガン
♪J.S.バッハ:オルガン小曲集より「我ら悩みの極みにありて」BWV641(ヴァイオリンとオルガン
♪G.ヘンデル(1685-1759):ヴォランタリー第3番(オルガン
♪作曲者不詳:ラミレの上で(オルガン
♪J.(1911-1940):こもりうたAWV5(オルガン
♪J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067よりエア(ヴァイオリンとオルガン)
♪J.S.バッハ:BACHの名によるフーガ(オルガン
♪G.ムファット:ヴァイオリン・ソナタ(ヴァイオリンとオルガン
バイオリンはバロックバイオリンが使われ、優しい音色が小さなオルガンとよく調和していました。

| | コメント (0)
|

8/16 ランチタイムコンサート

神田キリスト教会(聖公会) 秋葉原の電気街のただ中、大きな通りをちょっと入ったところにあり121年の歴史ある教会です。

正面にはステンドグラスと明るい光あふれる祭壇、その反対側後方にパイプオルガンが設置されています。

        0816b_3    0816_4

月に一度、ランチタイムコンサートが開かれていて、今日の演奏は荒井牧子です。

♪G.ムファット(1653-1704)トッカータ第3番

♪D.ブクステフーデ(1637-1707)シャコンヌ ホ短調BuxWV160

♪J.S.バッハ(1685-1750)「バビロン川のほとりで」BWV653、前奏曲とヒーガ ト長調BWV541

激しい雨の中、周辺にお勤めの方、常連のような方が足を運び、パイプオルガンの音色を楽しんでくださいました。

| | コメント (0)
|

8/12 夏休みの宿題?

合唱練習に行くとき、楽譜を入れる大きなバッグの中で、小物が行方不明になって探すことがしょっちゅうでした。
bag in bagを探していたのですが、売っているものは高さが足りず、作ってみることにしました。
試行錯誤の結果、このようなデザインになりましたが、小学生の上靴袋に見えなくもなく・・・!

Img_2239 

内側に別布でポケットを3つ付けて、手帳と筆記用具や携帯、眼鏡、車と家の鍵、ハンカチと化粧ポーチ、財布などの居場所が決まりました。
 
 

| | コメント (0)
|

«8/11 夏の女子会