« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

7/30 夏休み

夏休み第一弾、関西へ帰省。

25日(水) 朝9時に我が家を出発、同乗者は運転の出来ない娘、東名・名神で神戸を経由して、夕方には無事に実家へ到着。

26日(木) 朝6時から2時間、森の如く茂った庭の雑草と格闘し、どうして入ったのか?無人の家の中にコウモリの死骸が2匹、処分しました。

27日(金) 子供達が幼稚園、小学校を過ごした千里のママ友達と5年ぶりの再会。仕事に忙しい働き盛りの父親に代わって、子供達をプールやスケート、遊園地、アニメやディズニー映画鑑賞、宝塚歌劇にまで連れて行ったり、家族でバーベキューに行った仲間です。共に子ども会活動をしたり、夫たちは管理組合の理事も同時期に務めました。すっかり大人になった子供達の話題は尽きることなく・・・、私たちの老後をどう過ごすのか?についても・・・。懐かしく、楽しいおしゃべりのひと時でした。

28日(土) 震災後復興した神戸の街をブラブラ散歩、HARBSで食べたブルーベリーが山盛りになったチーズケーキがおいしかった!

29日(日)  07_07_29_hfreundlieb

朝から晴れて暑くなった山手をブラブラ散歩。

教会だった建物を改装したパン屋さんフロインドリーブでランチ。

窓や天井は教会の雰囲気そのまま、

聖歌隊席も残っていました。

2階がサンドウィッチハウスになっています。

07_07_29_2パンはもちろんの事、ハム類もとても美味でした。

昔の教会そのままの階段を降りると、1階は店舗になっていて、パンや焼き菓子を売っています。

おいしそうなケーキやパイ、目移りしながらもクッキーをお土産に購入。

午後は、東西4大学OB合唱連盟演奏会(OB四連)を聴きに神戸こくさい会館ホールへ、 2000名あまりが収容できるホールがほぼ満席の盛会です。

07_07_29_ob ステージの方も四大学のOB合せて350名を超える大盛況。

エール交歓に始まって4大学OB男声合唱団のステージ、クローバークラブ(同志社):Fauréレクイエム男声合唱編曲版、稲門グリークラブ(早稲田):男声合唱のための「アイヌのウポポ」、新月会(関西学院):The Studennt Prince、慶応義塾ワグネル・ソサィエティーOB合唱団:男声合唱組曲「富士山」、合同演奏:黒人霊歌。

卒業して10年、20年、30年、40年、50年も歌い続けているおにいさん、おじさん、おじいさん達、とても生き生き、楽しそうな演奏でした。

30日(月) 名神・中央道で帰京。中央道小淵沢付近は標高1015m、気温は30度超から急降下23度に、爽やかな高原のドライヴでした。

| | コメント (0)
|

7/21 が~ちゃんコンサート

が~ちゃんこと歌の先生のミニ・コンサートを聴いてきました。200人ほどの小さなホールで和やかな雰囲気。朗々としたアルトの歌声、ご主人様のピアノと息のあった演奏に魅了されました。

プログラムは、前半が山田耕筰の作品を北原白秋作詞の“AIYANの歌”と三木露風作詞の“風に寄せてうたへる春の歌”、後半はオーストリア出身のコルンゴルト(1897~1957)没後50年によせて“5つの歌”ほかを、最後にズィーチンスキー作曲の“ウィーンわが夢の街”を全員で合唱し、楽しいコンサートでした。

| | コメント (0)
|

7/16 手作り演奏会

07_07_16_29_2第29回演奏会のCDが出来上がりました。

DATでライヴ録音したものをCDに、それをPCでコピー、家庭用のプリンターで演奏者、曲目を印刷し、1枚100円弱で立派に出来てしまいました。

さて、その内容は?

チラシ、チケット、プログラムも手作りです。

今年のカラーはブルー!

07_07_16_29_407_07_16_29_3PCで原稿を作り、簡易印刷します。

入力のプロ、校正の名人、裁断機の達人、折りのこだわり、メンバーが知恵と力を出し合い、準備も楽しいプロセスです。

PC用品コーナーにはいろいろ揃っています。用紙はサイズ・色も様々、チケット用紙には半券もぎりのためのミシン目まで付いています。

| | コメント (2)
|

7/12 チェンバロのコンサート

07_07_12 東京オペラシティー近江楽堂でのチェンバロのコンサートを聴いてきました。

楽器は、最近このホールに納められた17世紀フランス様式。

プログラムは大塚直哉氏の演奏によるフランソワ・クープラン(1668~1733)のクラブサン音楽。

以前に読んだ小川洋子の「やさしい訴え」を思い出し、チェンバロのふたの隅に制作者のイニシャルが入っているのかしら?と聴いていました。

チェンバロの優雅な音色に心満たされた梅雨の宵でした。

| | コメント (2)
|

7/07 Washington State Cherries

07_07_07_washinton_state_cherries シアトル在住の弟がチェリーを2種類送ってくれました。

アメリカは国も大きく、人間もジャンボ、果物も一粒一粒が大きいのです。味も大味かと思えば、濃くてとてもおいしく頂きました。ごちそうさま!

そう言えば、ボストンのレストランで注文したクラムチャウダー、一人前がボールのような入れ物で出てきた時には、ビックリ!たっぷり二人前はありました。

07_07_07_1 一部は白ワインと砂糖でシロップ煮にしました。アイスクリームなどのトッピングに・・・。夏の間、楽しめそうです。

| | コメント (2)
|

7/01 若い人たちの歌声

東西四大学合唱連盟演奏会を聴いてきました。慶応、早稲田、関西学院、同志社の男声合唱団(グリークラブ)の演奏会です。

パフォーマンスの入った楽しい演奏、数で勝負ながら見事に変身した演奏、少人数ながら難しい曲を歌いこなしたグリークラブ、そして昔ながらの力強い男声合唱、プロの指揮者と作り上げた若々しい音楽、聴き応えがありました。

アンコールは合同で1曲、各校で1曲づつ、その上、ロビーでのストームは各校の学生指揮者が入れ替わり立ち代り10曲余り。

男声合唱もレパートリーに時代の流れを感じましたが、ストームは昔ながらの愛唱曲で、最後は「遥かな友へ」で締めくくられました。

| | コメント (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »