« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

1/28 金柑の砂糖煮

昨日、1月27日は1756年生まれのモーツアルトの誕生日だったとか、午後のFMで「ママ聞いてちょうだい」(きらきら星)の変奏曲、ピアノ協奏曲20番、クラリネット協奏曲、戴冠ミサからグロリア、レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプスなどおなじみの曲が放送されました。

聴きながら、金柑を煮ています。モーツアルトの音楽のように優しいお味に仕上がるでしょうか?

08_01_28_2 放射状に切り目を入れて茹でこぼし、種を押し出します。すると、花のような形になりました。砂糖を加えて煮詰めます。

喉がいがらっぽい時、疲れて甘いものがほしい時、トーストにのせても美味しいですよ!

| | コメント (2)
|

1/23 ゆ~きや、こんこ!

Img_1242_2東京沿岸部でも早朝から雪が降り始めました。

朝、目覚めると、うっすら雪化粧、ウキウキしますね!

寒いです!午前9時の気温は1.1度ですって・・・。

Img_1246 ずんずん積もり、ビルの屋上もマンションの植え込みも都立高校のテニスコートもFC東京のサッカー練習場も綿帽子かぶりました。

犬は喜び庭駆けまわり、猫は炬燵でまるくなる。

犬になりたい私ですが、病み上がりです。グッと我慢して今日のところは猫でいました。

おかげさまで、今朝は体温も平熱、鼻声ながら風邪は治りつつあります。

06_01_23_1 2年前の1月にも雪が降り、積もりました。

隣の都立高校のグランドにかわいい足跡が・・・。ご覧下さい。

(この写真は’06/1/23撮影)

      

| | コメント (4)
|

1/21 大寒

今にも雪が降ってきそうな寒空、暦どおりの厳しい冷え込みが続いています。

不覚にも風邪をひいてしまいました。私にとっては年中行事みたいなものですが・・・。金曜日の朝から喉が痛くなり、土曜日にはくしゃみ、鼻水、寒気、夜には発熱。日曜日は咳と頭痛、体温は38.5度になってしまいました。

氷嚢を探しましたが、見つかりません。ジップロックのポリ袋に氷を入れてタオルで包み、おでこにのせて眠りました。

08_01_21

熱に強いのでしょうか?グズグズしながら洗濯と食事の準備はしています。

体調が悪い時、我が家の定番はフレンチトースト、おじや、煮込みうどん。今回、最大のウィークポイントお腹は大丈夫なのですが・・・。

まだまだ、寒い日が続きそうです。皆様、お大切にお過ごし下さいね。

| | コメント (6)
|

1/19 よみがえりました!

08_01_20 10年以上も前、まだ娘が小学生だった頃に買ったタータンチェックのズボン、今の体型に合わせてリフォームしました。まだまだ、穿けそうです。嬉しくなりました。

デザインは古く、ウエスト位置は高くて、腰周りがゆったり、足首周りは細くなっています。

「いい仕事をしてますね!」古いものは仕立てが丁寧です。

| | コメント (6)
|

1/17 ねずみ小僧

08_01_10_208_01_10_3両国・回向院にあるねずみ小僧のお墓、何と最近は合格祈願の参拝が相次いでいるとか・・・。特に子年(ねどし)は多いそうです。

先日、訪れた時に「何のご利益があるのかしら?」と話していたのですが、昨日の朝日新聞夕刊を読んで謎が解けました。

お墓の前に「お前立ち」と呼ばれる石が置いてあります。これを削ってお守りにするのだそうです。

屋敷に忍び込み、狭い梁の間や厳しい警備をすり抜けた、江戸時代の盗賊「ねずみ小僧次郎吉」のように、難関をするりと通り抜けられますように・・・。

かつては、長年捕まらなかった運にあやかって、賭け事など金運を期待する参拝が多かったそうです。

| | コメント (3)
|

1/14 ヒヤシンス

寒に入って厳しい寒さが続いています。今日の東京、最低気温は1.9度、最高気温は5.6度でした。この冬一番の寒さだそうです。子どもの頃の京都は、もっともっと寒かったような気がします。足にしもやけができたりしました。

Img_1225陽射しがあると室内は暖かく、球根に蓄えた栄養と、水と、太陽の恵みを受けて、ヒヤシンスが花開きました。

リビングいっぱいにイイ香りが漂っています。

| | コメント (2)
|

1/10 女正月

仲間4人で1月15日の小正月(女正月)を前に骨休めをしました。みんな暮れからお正月にかけて家族のために働きましたから・・・。

江戸の趣が残る両国を散策、旧安田庭園、回向院、吉良邸跡、隅田川べり・・・。

Img_1209_2Img_1193_2 回向院には、明暦3年(1657年)に振袖火事で知られる大火があり、この火事で亡くなった無縁の人々を葬る万人塚、力塚(一時は大相撲の場としても賑わっていた。)、猫塚(ペット)、ねずみ小僧(中村次郎吉)のお墓もありました。Img_1205Img_1200

次は本所松坂町のなまこ壁に囲まれた吉良邸跡へ、元禄15年(1702年)12月14日、赤穂四十七士が討ち入りした所、忠臣蔵で知られるところです。

近くの和菓子屋さん大川屋で、黄な粉餡入り吉良饅頭をお土産に購入。

Img_1207 最後に隅田川べりを歩いて、武蔵と下総の国を結ぶ両国橋を眺め、「いがらしや」で田舎風おせんべい入りアイスを食べて休憩!の予定が、「いがらしや」が見つかりません。地元の人に聞いてみると「あっ、あの店はなくなっちゃったよ!」

この時間は満ち潮だったのでしょうか?東京湾の方から上流へ波立っています。潮の香りもしました。

ぶらぶら歩いていると、勝海舟生誕の地や芥川龍之介の文学碑などが見つかりました。JR総武線両国駅の北側には国技館や江戸東京博物館もあります。江戸前握りずし発祥の地もこの辺りだとか。

| | コメント (0)
|

1/09 白菜漬け

お正月用に用意した白菜が残ったので、お漬物にしました。

08_01_06_108_01_07_108_01_091・・・

・・・

・・・

半株を4つに割り、塩をふって、半日風に当てます。それを水洗いし、もう一度塩をし、昆布とゆずの皮と鷹のツメを一緒に漬け込みました。

漬物樽がないので、ボールに白菜を並べ、水を入れたボールを重石にします。4日経って、白菜の甘みも出て、おいしく仕上がりました。

三浦大根の残り半分は全部おろして、以前8mamaさんに教えて頂いた豚のおろし煮にしました。

お煮しめは天ぷらにして食べてしまいました。お節の残り、あとは黒豆と栗きんとんです。

| | コメント (3)
|

1/05 歌い初め

今日は混声合唱の歌い初め、11月16日に演奏会を予定しています。

Img_1178 初練習の後、両国のちゃんこ屋さん、元小結巴潟の九代友綱親方が開いた「巴潟」で新年会をしました。ちゃんこ鍋初体験です。

味噌味の関脇コース、鰯と鯵のつみれ(毎朝、築地から仕入れる新鮮なすり身をすり鉢で丁寧にすって一晩寝かせるとか)、鮭、めかじき、帆立などの魚介類、白菜、みず菜、白ねぎ、ごぼう、もやし、生椎茸、えのきなどの野菜、焼き豆腐、あげ、こんにゃく・・・。最後におうどんを入れて仕上げ!とても美味でした。

楽しいお喋りとおいしい食事、和やかな新年会となりました。

| | コメント (0)
|

1/01 祝い膳

結婚して30数年、夫と私の実家の味を折衷して、我が家風のお節スタイルが出来上がりました。

Img_1171お雑煮は京風白味噌、祝肴の数の子とごまめと黒豆(シロップ漬け)、海老の鬼ガラ焼き、昆布巻き、松風焼き、紅白かまぼこ、伊達巻、錦卵、水引なます、菊花かぶら、鯖の生ずし、栗きんとん・・・、お煮しめは椎茸、高野豆腐、ごぼう、里芋、たけのこ、蓮根、手綱こんにゃく、梅にんじん、手まり麩・・・。

家族そろって「今年も佳い年でありますように!」と願いつつ、お祝いしました。

| | コメント (0)
|

1/01 謹賀新年

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

冷たい空気が張り詰めて、空は真っ青に澄み渡り、冬晴れの新年の始まりとなりました。

Img_1144Img_1145東京の初日の出は6時48分、この時間だけ開放されるマンション屋上で、娘が撮ってきました。房総沖から昇る初日と、遠く西に見える富士山です。

| | コメント (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »