« 2/27 春の香り | トップページ | 3/02 鎌倉散策 »

2/28 春の香り その2

Img_1312“とちおとめ”をジャムに煮ました。

不揃いな小粒の苺約1kgをポテトマッシャーでつぶし、苺の半量の砂糖をふりかけて、しばらく置きます。

08_02_28 レモン汁を加えて、あくを取りながら40分~50分、とろ~り出来上がりました。

家中、甘酸っぱい香りが立ち込めています。

昔、苺は初夏の果物でしたが、今はクリスマスから早春のものになりましたね?

|
|

« 2/27 春の香り | トップページ | 3/02 鎌倉散策 »

作る・育てる」カテゴリの記事

コメント

ほんとにイチゴは初夏の果物ではなくなりましたね。
イチゴは俳句の季語にあるのでしょうか。
すっかり12月の季語になっているのかもしれませんね。

投稿: 8mama | 2008年2月28日 (木) 21時27分

8mamaさん、子どもの頃、庭に苺を植えていて、5月か6月頃に朝摘み苺を食べた記憶があります。
その頃は地植えだったので土が付いていて、塩水で洗って食べていました。

投稿: naoco | 2008年2月28日 (木) 22時38分

まあ、naocoさん。バックの色がピンク。
イチゴにぴったり。
まるでぜんぜん違う文章のように見えますね。
こんなに色で印象が違うのですね。
反対に、いかなごにはちょっとやけどね。

投稿: 8mama | 2008年3月 1日 (土) 20時51分

8mamaさん、ちょっと春が来た!と言う感じになったでしょうか?
苺でもいかなごでも何にでも合うのは、ベージュなど地味な色合いでしょうね。

投稿: naoco | 2008年3月 1日 (土) 21時54分

8mamaさん、俳句をしている従妹に聞きました。苺の季語は初夏ですって!

投稿: naoco | 2008年3月 3日 (月) 00時43分

ありがとうございました。
本来の季節を知るには季語を探すのが一番かもしれませんね。
幼稚園の時、5月にはしかに罹って、出席カードに大好きなイチゴのシールを数枚しかはれず
悲しかったのを思い出しました。

投稿: 8mama | 2008年3月 3日 (月) 03時20分

8mamaさん、季語も時代によって変わることがあるらしいですよ!
その内、苺は早春になるかも・・・です。
ダイエットの季語はお分かりですか?

投稿: naoco | 2008年3月 3日 (月) 08時33分

そうですか。時代に合わなくなっってしまったら、いくら季語でも頑張りきれないですよね。

なんと!ダイエットが季語ー?
お正月明けとか、春先の厚着で隠すことが出来なくなった時とか、夏前のイヤでも薄着になる時とか、私のダイエットしたくなる時期はこのあたりですが・・・。
(大きな声では言いにくいので、本当は小さな字でそっと書きたいのですが、痩身だから早春とか・・。)
お手上げです。教えて教えて。

投稿: 8mama | 2008年3月 3日 (月) 09時55分

8mamaさん、夏前の水着を着る前に痩せなければ・・・と言う時期だとか。
黛まどかさんの句集に出てくるそうですよ!
従妹に教えてもらいました。

投稿: naoco | 2008年3月 3日 (月) 11時24分

黛まどかさんのようなお若い方でもそうなのですね。
水着は着ませんが大変納得です。一緒やーん!です。
ところで鎌倉のお従妹さんはYちゃんですか?

投稿: 8mama | 2008年3月 3日 (月) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/27 春の香り | トップページ | 3/02 鎌倉散策 »