« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

4/30 孫娘来訪

08_04_301歳2ヶ月になり、ヨチヨチ歩けるようになりました。まだ、移動はほとんどハイハイですが・・・。

今どきの子どもですね?パソコンが大好き!キーボードをたたいた後は、マウスを動かします。

夕食は彼女に合わせて、ミートローフ、ベーコンと野菜のスープ、かぼちゃのサラダ、トマト、海老とたこのマリネ・・・。デザートの苺が一番の好みでした。

Img_1566おばちゃんとピアノで連弾しました。手を口に当てて上品に笑う(?)芸も教えてもらいました。(ウフフ・・・)

髪の毛を両耳の上で結んでいるのを見てください。

| | コメント (3)
|

4/27 新緑

新緑の美しい季節になりました。カメラを持ってお散歩です。

Photo

1

2_2 4

・・・

・・・

・・・

秋には黄葉するイチョウ、褐色になるケヤキ、メタセコイア、この前まで満開だった桜並木。

前夜の雨に洗われて、清々しい空気に満たされています。

| | コメント (0)
|

4/22 オルガンリサイタル

東京オペラシティの小さなホール近江楽堂でのオルガンリサイタルを聴いてきました。

08_04_22演奏はポジティフオルガン:勝山雅世さん、近藤岳さん、バロックヴァイオリン:廣海史帆さん、ヴィオラ・ダ・ガンバ:坪田一子さんです。

プログラムは16世紀~18世紀のイタリアとスペインの作品をポジティフオルガンとバロックヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバのアンサンブルで、又、近藤岳さんに委嘱された新しい作品を2台のポジティフオルガンで演奏されました。

小さな空間に豊かな音が鳴り響き、目の前で演奏される贅沢なコンサートです。

通奏低音で使われる事の多いポジティフオルガンですが、今夜は主役!様々な音色が奏でられ、その音楽に魅了された夜でした。

| | コメント (0)
|

4/21 クリームパン

Img_1530 カスタードクリームができました。

牛乳が余ってくると、卵と砂糖と粉を混ぜ合わせて作ります。出来上がってから冷めるまで、しばらく練っていると、つや良く仕上がりました。

我が家では、トーストにたっぷり載せて食べています。

子ども達も小さい頃から大好きで、娘は神戸での一人暮らしでも作っていたとか・・・。

| | コメント (0)
|

4/17 スミレの花

Img_1492 ベランダのプランターに植えっぱなしのスミレが、可憐な花を咲かせました。

毎年、この時期になると数輪の花が開きます。

道端には黄色いタンポポの花もいっぱい!一雨(一嵐?)ごとに雑草と言われる草花も成長し、小さな花を咲かせ始めました。

今、古いイタリアの歌 A.Scarlatti(1660~1725):Le violette(菫)を勉強しています。

| | コメント (0)
|

4/12 都心のお散歩

朝日新聞本社ビルにある浜離宮ホールへ行きました。

帰り道、地下鉄に乗るべく大江戸線の築地市場駅まで行ったのですが、もう一度地上に戻りました。そこで、付近の地図案内板を見て・・・。

築地市場と癌センターのある新大橋通りを東へ晴海通りまで、右手には勝鬨橋が見えます。左折して北へ、歌舞伎座の前を通って銀座4丁目まで来ました。週末の午後は歩行者天国です。

08_03_23_1銀座通りを京橋まで歩いて買い物、そこから地下鉄に乗り帰ってきました。

都心の1時間足らずのお散歩です。途中、八重桜の並木や歩道脇に植えられたポピーを眺めながら、ミキモト前にはスズランが・・・。

| | コメント (2)
|

4/10 春に3日の晴れなし

先日の花散らしの春の嵐に続いて、今日は冬のような冷たい雨です。

上野まで出掛けました。女声合唱第30回演奏会の会場 旧奏楽堂での打合せです。

ホールではチェンバロ、ヴァイオリン、チェロのアンサンブルのリハーサル中でした。

08_04_10_308_04_10_2雨の上野公園、人出も少なく、桜はすっかり散ってしまいましたが、ケヤキやイチョウの若葉が芽吹いています。

所々、枝垂桜の淡いピンクが付近をほんのり明るくしていました。(写真は寛永寺清水観音堂)

愛犬ツンを連れた西郷どんも雨に濡れて寒そうです。明治31年からここに立って、上野の森を見守っています。

| | コメント (0)
|

4/05 オルガンエンターテインメント

春爛漫 土曜日の午後、パイプオルガンコンサートを聴いてきました。

演奏は山口綾規さん、ゲストに勝山雅世さんです。

080406_09370001第一部は、オルガン曲の定番J.S.バッハ「幻想曲ト長調」、J.アラン「リタニ(連祷)」、M.デュリュフレ「アランの名による前奏曲とフーガ」

第二部は、C.ポーター「イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー」、A.L.ウェバー「オペラ座の怪人」より、R.ロジャース「サウンド・オブ・ミュージック」より、アメリカ民謡=J.アタバック「ディープ・リバー」、D.ブルーベック「トルコ風ブルーロンド」、R.ワーグナー「歌劇タンホイザー序曲」

ジャズ風にアレンジしたり、オーケストラ曲を4本の手と4本の足で連弾したり、ステージ上のスクリーンには演奏風景が映し出され、彼のトークで進行していく、趣向を凝らしたコンサートでした。

08_04_05_2 プログラムも開けてビックリ!中からオルガンが飛び出してきます。

一緒に出掛けた混声合唱の仲間も「こんなに楽しいオルガンコンサートは初めて!」と大喜びでした。

| | コメント (0)
|

4/03 桜のトンネル

東京の桜は開花から2週間足らずで、花びらが風に舞い、葉っぱがちらほら出始めました。

08_04_03_2

08_04_03_1

都電の走っていた通りが、1kmほどの緑道公園になっています。

軌道を撤去して遊歩道に、桜並木が繁ってトンネルのようになりました。

バギーを押した親子連れ、定年後のような様子の夫婦連れ、車椅子に乗ったお年寄り、春の陽気に誘われて、多くの人たちがお散歩を楽しんでいます。

明日は夕方から夜桜の下でお祭り?会費千円ですって!チラシが張ってありました。

| | コメント (4)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »