« 8/13 夏の遊び | トップページ | 8/18~20 高原のお花たち »

8/18~20 夏の音楽祭

08_08_18 第29回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに行ってきました。今回で5度目です。

今年のテーマは「18世紀の音楽~バロックからクラシックへ」

草津音楽の森国際コンサートホールで、8/17~30

15回のコンサートと講演会や公開レッスンが開催されています。

18日(月)ヴォルフガング・シュルツと仲間達

シュルツさんのフルートとオーボエ(ハンスイェルク・シェレンベルガー)でW.A.モーツアルト:オペラ「フィガロの結婚」と「魔笛」より。フルートとクラウディオ・ブリツィのオルガン・チェンバロでJ.S.バッハの息子C.Ph.E.バッハ:フルート・ソナタニ短調。フルートとホルン(シュテファン・ドール)、ヴァイオリン(パオラ・フランチェスキーニ)、ヴィオラ(ルカ・ラニエリ)、ファゴット(ミラン・トルコヴィッチ)、でM.ハイドン:ディヴェルティメントト長調。フルートとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ(ヴォルフガング・ベッチャー)でW.A.モーツアルト:フルート四重奏曲第1番K.370。

19日(火)古典派の室内楽/パノハ弦楽四重奏団

パノハ弦楽四重奏団(ヴァイオリン:イルジー・パノハ、パヴェル・ゼイファル、ヴィオラ:ミロスラフ・セフノウトカ、チェロ:ヤロスラフ・クールハン)でF.X.リヒター:弦楽四重奏曲ハ長調、F.J.ハイドン:弦楽四重奏曲ハ長調「皇帝」、W.A.モーツアルト:弦楽四重奏曲変ホ長調。クラリネット(ノーベルト・トイブル)を加えてW.A.モーツアルト:クラリネット五重奏曲イ長調。

20日(水)ヒルデガルト・ベーレンスの歌の世界

アントニー・シビリのピアノでJ.P.ラモー:王太子妃、「コンセール用クラヴサン曲集」から抜粋された5つの小品よる「リヴリ」、新クラヴサン曲集「エジプトの女」、D.スカルラッティ:ピアノ・ソナタホ短調、W.A.モーツアルト:幻想曲ハ短調、J.ハイドン:ピアノ・ソナタニ長調。ヒルデガルト・べーレンスのソプラノでJ.ハイドン:カンタータ「ナクソスのアリアンナ」、イ・ソリスティ・ディ・ペルージャのアンサンブルとC.モンテヴェルディ:アリアンナの嘆き。

やわらかく優しいシュルツさんのフルート、エレガントなトイブルさんのクラリネット、繊細でシャイなシビリさんのピアノ、そしてパノハ弦楽四重奏団の見事な演奏、感動しました。

涼しい高原で、音楽と温泉、美味しい食事、楽しいおしゃべり、心洗われる至福の2泊3日です。

|
|

« 8/13 夏の遊び | トップページ | 8/18~20 高原のお花たち »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/13 夏の遊び | トップページ | 8/18~20 高原のお花たち »