« 10/03 洗濯日和 | トップページ | 10/10 秋の軽井沢 »

10/07 オルガン・ノーブル“ル・ドゥーブル”

“le double”はフランス語で「二重」「二倍」の意味だとか・・・。

Img_1657今日のオルガンコンサートは、2人のオルガニスト勝山雅世さんと近藤岳さんが、ホールの大きなオルガン(ドイツ製)と2台の手鍵盤だけの小さなポジティフオルガン(オランダ製とベルギー製)を使って、ソロ、連弾、大オルガンとポジティフオルガン、2台のポジティフオルガンのアンサンブルで、演奏されます。

様々な音色が重なり合ってホールに響き渡り、3階の正面席で楽しく聴かせて頂きました。

今回もステージのスクリーンに演奏の様子が映し出されます。

☆J.S.バッハ:トッカータとフーガ二短調BWV565

☆近藤岳:3つのストラクチュール~2台のポジティフオルガンのための~

☆J.ラングレ:「フレスコバルディを讃えて」op.70より Ⅶ.主題と変奏 Ⅷ.エピローグ

☆C.サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」op.78より                        第2部「マエストーソ~アレグロ」         ほか。

アンコールは演奏者2人に裏方のアシスタントや映像担当も加え、5人のオルガニストによって、大オルガンと2台のポジティフオルガン、スネア(小太鼓)、トライアングルで、バグパイプで聴く事の多いスコットランド民謡を演奏して締めくくられました。

Img_1661 「2」がキーワードという今日のコンサート、ペアで訪れたお客様にバラの花がプレゼントされます。

ホールの外は暗くなり雨が降っていましたが、心満たされて足取り軽く家路につきました。

|
|

« 10/03 洗濯日和 | トップページ | 10/10 秋の軽井沢 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

naocoさんはバラの花をプレゼントしてもらったのですか?

投稿: 8mama | 2008年10月 8日 (水) 23時26分

8mamaさん、合唱の仲間10人で聴きに行ったので、5組のペアになり、全員バラのお花を頂いてきました。
写真のバラがそうです。

チラシもオシャレでしょ?
ステージ上の大オルガンとステージのポジティフオルガンとのアンサンブルの絵です。

投稿: naoco | 2008年10月 9日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/03 洗濯日和 | トップページ | 10/10 秋の軽井沢 »