« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

4/29 孫娘来訪

2歳2ヶ月になる孫娘が両親とやって来ました。

少しづつ、コミュニケーションが取れるようになっています。

Img_2206

Img_2202

Img_2204

近くの公園に行って、滑り台をしたり、ブランコにのったり、犬のシーソーを揺らしたり・・・。

Img_2209

バス停で歩道の柵につかまって、大好きな都バスを「ウォ~!」と歓声を上げつつ、何台も何台も見送ります。排気ガスを浴びながら・・・。

Img_2199帰ってお茶を飲んで一息。 コップよりペットボトルで飲みたい!

自我の芽生えでしょうか?「いや~よ!」が多くなってきました。着るものの好みも出てきたとか。

夕食の支度を始めると、「おばあ~ちゃ~ん」と台所に入ってきてお手伝い。

Img_2216玉ねぎの皮を剥くのが得意です。几帳面?細かいところまできれいに出来ました。

本日のメニューは鉄板焼き(牛肉、豚肉、ウィンナーソーセージ、我が家特製コンビーフポテト、玉ねぎ、ナス、アスパラガス、きのこ)と、ベーコン・レタス・トマト・エリンギのスープ、かぶらの甘酢漬け、ほうれん草の白和え、そして、まるめて焼くだけのもちもちパンです。

賑やかな食卓、楽しく美味しいひと時でした。

| | コメント (4)
|

4/26 新緑のなかをドライヴ

新緑が目に眩しく、清々しい季節になりました。

関西へのドライヴ、沿道の山々は美しい緑の濃淡で彩られています。

Img_2190古巣の教会の礼拝に出席して、昔と同じように聖歌隊で「深きみむねを」を讃美し、赴任されたばかりの牧師先生の説教「閉ざされた世界に」を聞いて、昼食会では懐かしい人たちと談笑、楽しいひと時でした。

Img_2173

Img_2175Img_2178

Img_2179

実家の庭では、梅が小さな実をつけ、ハナミズキ、菖蒲、シランなど色とりどりの花が咲いています。

高速道路の通行料金が割引になっています。

東京⇔京都、通常10,050円のところ、早朝深夜(0:00~4:00)割引だと半額、休日割引は何と1,750円!ガソリンも120円/1ℓほど、運転の労力を考えなければ、新幹線より安くなりました。

我が家のAudiの燃費が14.28km/1ℓに、5年間56,400kmで最高記録!一般道では10km以下ですが・・・。

| | コメント (0)
|

4/23 ゴミの分別

江東区のゴミの分別方法が変わりました。

燃えるゴミ⇒燃やすゴミ、燃えないゴミ⇒燃やさないゴミになります。

4_231プラスチックやゴム、皮革製品は燃えないゴミで埋め立て処分されていましたが、焼却能力の高い清掃工場が出来て、燃やすゴミになりました。

4_232 燃やさないゴミは金属製品、ガラス、アルミ箔など少なくなっています。

4_233資源ゴミの種類は増えて、古紙、ビン、缶ペットボトルのほかに、発泡スチロールや容器包装プラスチックも仲間に加わりました。 

実は3月30日から変わっていたのですが、気がついたのは最近の事、マンション地下のゴミ集積場の様子が違っているのです。

江東区からのお知らせ「資源・ゴミの正しい分け方、出し方」を見ながら、我が家のゴミ出しシステムも変更です。家族にも徹底しなければ・・・!

| | コメント (0)
|

4/20 初稿版メサイア

今日4月20日はヘンデルがウェストミンスター・アビーに埋葬された記念日(1759年4月14日没)

その記念日に合わせた、1741年初稿版のメサイア全曲演奏を聴いてきました。

指揮:三澤寿喜

ソプラノ:松村萌子、アルト:波多野睦美、テノール:辻裕久、バス:牧野正人

キャノンズ・コンサート室内合唱団&管弦楽団

この初稿版はヘンデルによって演奏されることはなかったとか、めったに聴く事のない貴重な演奏です。

その後、改定されて1742年4月13日にダブリンでヘンデルの指揮によって初演されました。

初稿版ではオーボエやファゴットは使われず、ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ビオラ、チェロ、コントラバス、オルガン、チェンバロ、ティンパニのシンプルな編成。トランペットも一部では遠くから聴こえる効果から2階席で演奏されました。オケも合唱もプロの人たちです。

Img_2164

25歳頃の青年ヘンデル

Img_2163

64歳頃の円熟期

メサイアは50歳代半ばに作られました。

4/05復活祭メサイア演奏会との違いを感じながら、初稿版HFJメサイアの演奏を楽しみました。

| | コメント (1)
|

4/14 オレンジデー?

2月14日は聖バレンタインデー、3月14日はホワイトデー、4月14日は?

オレンジ色のものを贈り合って愛を深める日、恋が実ったカップルの幸せな記念日なのでしょうか?愛媛発祥のオレンジデーです。

4_14東京丸の内でJA全農えひめの人たちがキャンペーンをしていて、愛媛県産のオレンジを配っていたとか・・・。

娘がもらって来ました。

美味しく頂きましたが、いろんな事を考え付く人たちがいますね!

先週のMRI検査の結果、胆嚢腺筋症は悪性である疑いが晴れました。

| | コメント (2)
|

4/12 オルガンエンターテインメント 2

イースター礼拝の後、午後はオルガンコンサートを聴いてきました。

演奏は山口綾規さん、昨年から続いているシリーズで、来年の予定も決まっています。演奏者による曲目解説など楽しいトークで進められていきました。

4_121_34_122_4趣向を凝らしたプログラム、開くとパイプオルガンが飛び出してきます。

オルガンの部分は一部づつ手作業で貼り付けられたそうです。

第一部はオーソドックスなオルガンプログラム 

S.カルク=エラート:コラール即興曲集より「いざもろびと神に感謝せよ」、J.S.バッハ:ソナタ第2番 ハ短調、M.レーガー:コラール幻想曲「ハレルヤ!ほむべき神はわが心の喜び」

第二部はアメリカのシアターオルガンに関心があるとかで、映画音楽やミュージカルをパイプオルガンを弾きながら鉄琴も奏でつつ・・・。

F.グローフェ:「ミシシッピ組曲」よりⅣマルディ・グラ、G.ガーシュウィン:スワニー、J.カーン:オール・ザ・シングス・ユ・アー、W.ディヴィーズ:トイ・タウン・トランペッターズ、B.ウェイン:ヴァネッサ、L.プリマ:シング・シング・シング

そして最後にJ.シベリウス:交響詩「フィンランディア」、アンコールはビートルズの「ヘイ・ジュード」です。

おみやげに、ホールのお隣にある東武ホテルのパティシエ作によるチョコレートカップケーキが来場者全員に手渡され、楽しくて美味しいコンサートでした。

| | コメント (0)
|

4/12 Happy Easter!

08_11_082先週、復活祭メサイア演奏会をしましたが、今年の復活祭は今日、先週の日曜日は受難週でした。

金曜日に十字架に架けられ、亜麻布に包まれ香料を添えて葬られました。そして、3日目に弟子達が墓に行ってみると、亜麻布だけが残されていました。預言どおり復活されたのです。

Hallelujah!

ゆりの花が飾られた礼拝堂での今朝の説教は、「空の墓からすべてが始まる。」でした。

| | コメント (0)
|

4/08 MRI 初体験

初めてMRIの検査を受けました。

6ヶ月に1度、肝臓の様子を見るために腹部エコーの検査をしているのですが、胆嚢腺筋症が見つかり、詳しく検査をする事になったのです。

閉所恐怖症ではありませんか?造影剤を注射しますがアレルギーはありませんか?ペースメーカーは付けていませんか?など問診表に記入し、検査着に着替えて検査室に入ります。造影剤を注射し、腸の動きを止めるちょっと甘い水薬も飲みました。

技師のお兄さんからは検査中リズム良く呼吸をするようにと説明がありました。大きな音がするので、ヘッドホンを着け、そこからは静かに音楽が流れています。息を吐く時に衝撃音がするので、呼吸に合わせて撮っているようです。目を閉じて音楽に合わせて息をするようにしました。

20分ほどで終了、「とてもきれいに撮れましたよ。」との事です。

4_08娘が有楽町の国際フォーラムで、展示に使って用済みになった花を無料で配っていたからと、ピンクのマーガレットの鉢植えを持って帰って来ました。

今日は夫の誕生日です。

| | コメント (0)
|

4/05 復活祭メサイア

桜が満開になり、晴れた空にサクラ色が映えて美しく、ちょうど見ごろです。

Img_2112

晴海トリトンスクエアの第一生命ホールでの「復活祭メサイア」演奏会で歌いました。

約2年前から計画していたメサイア演奏会です。

指揮をして頂く先生と相談して、ホールを予約し、合唱メンバーを募集、共演して頂くSATBのソリストの方々とオケをお願いし、練習会場を押さえ・・・、準備が整ったところで、今年1月から15回の練習とオケ合わせで本番を迎えました。写真は当日のステージリハーサルの様子です。

指揮:八尋和美

ソプラノ:三塚直美、アルト:小川明子、テノール:小貫岩夫、バリトン:三塚至

管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

第一部「預言・降誕」、第二部「受難」、第三部「復活・昇天」、全53曲(合唱は20曲)、演奏に3時間ほどかかります。

学生時代から数えて14回目のメサイア演奏会ですが、このような大曲を企画し演奏できるのは、生涯最後かとの思いもあり、終曲のアーメンコーラスでは感極まって・・・。

今回は練習ピアニストとして手伝ってくれた娘も一緒に歌いました。3歳の頃から母のコーラスの練習に付き合っていましたが、一緒に歌ったのは初めてです。

Img_2122友人も大勢で聴きに来てくれました。

息子一家も聴きに来ました。親子室のあるホールなので、周囲に気兼ねすることなく楽しめたようです。

会場のお客様、共演者の方々、合唱のメンバー、当日裏方のお手伝いをして下さった方々、皆さんに支えられた演奏会でした。

ヘンデル没後250年の記念の年に、そして、ヘンデル自身が指揮した初演のイースターの時期に、尊敬する指揮者、素晴らしい4人のソリストとオケのメンバーと共に、メサイア全曲演奏をする事が出来て、感謝!感謝!です。

| | コメント (5)
|

4/02 春色サラダ

4_022_2春キャベツのコールスローです。実家の庭で収穫してきたハッサクを入れてみました。

広島生まれ、みかん好きの父が植えたハッサクの木、両親亡き後も実を熟らせています。

ハッサクは父の故郷に自生していたものが、全国に広がったそうです。

元気だった頃、孫たちに食べさせたいと、きれいに皮を剥いたハッサクの実を密閉容器に入れて、クール宅急便で送ってくれたことがありました。

東京では、開花から12日目でサクラが満開に・・・、いよいよ春本番です!

| | コメント (0)
|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »