« 12/18 同志社講座 秋学期第3回 | トップページ | 12/20 横浜散歩 »

12/19・20 TRMオルガンコンサート

2日連続でオルガンコンサートを聴いてきました。

神奈川県民ホールでのパイプオルガン・クリスマスコンサート2009「三人(トリオ)のクリスマス」

12_20_5

開演前のステージ、大オルガンはアシスタント2人が音色をセット、ポジティフオルガンは調律中です。

19日(土)はTRM(近藤岳、山口綾規、勝山雅世)オルガンニスト3人の演奏

ハンドベルによる「神の御子は今宵しも」に始まり、♪C.アイヴス:オルガン前奏曲「神の御子は今宵しも」 ♪L.C.ダカン:グラン・ジュとデュオのノエル ♪A.ホリンズ:クリスマスの子守歌 ♪O.メシアン:『主の降誕』より第9曲「神は私たちのうちに」 ♪山口綾規編曲:クリスマス・フェイヴァリッツ ♪N.ハキム:ラプゾディ~オルガン連弾のための~ ♪G.モランソン:「10のノエルより」・いい日の始まり ・小さなファラドール ・田舎の秣(まぐさ)納屋にて ♪G.F.ヘンデル『メサイア』より「ハレルヤ・コーラス」勝山雅世編曲 ♪L.V.ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92より~オーケストラ曲をオルガンの3人連弾で~

多才で個性あふれる3人の編曲でソロや連弾でのオルガン演奏とお話し、プログラムの最後は「のだめカンタービレ」で話題になったベートーヴェンの交響曲第7番が取り上げられました。

アンコールはオルガニスト3名とアシスタント2名のオルガンとハンドベルの演奏で、客席と「きよしこの夜」の大合唱です。

20日(日)は近藤岳さん、勝山雅世さん2人のオルガンに打楽器の村居勲さんが加わりました。

♪J.S.バッハ:トッカータとフーガ二短調BWV565~大オルガンとポジティフオルガンで~ ♪N.ハキム:ラプソディー~オルガンデュオのための~ ♪M.コレット:『新しいノエル曲集』より「タンブラン」「ミュゼット」 ♪J.S.バッハ:『音楽の捧げ物』BWV1079より「6声のリチェルカーレ」 ♪J.S.バッハ:いざ来ませ、異邦人の救い主BWV659 ♪L.ヴィエルヌ:ウェストミンスターの鐘 ♪近藤岳:3つのストラクチュール~2台のポジティフオルガンのための~ ♪J.S.バッハ:目覚めよ、と呼ぶ声ありBWV645~ビブラホンのソロで~ ♪M.トーメ/近藤岳編曲:クリスマスソング ♪クリスマス・キャロル「御使いうたいて」(グリーンスリーヴズ)」 ♪近藤岳編曲:クリスマス・ファンタジー

ビブラホンで演奏されるバッハは初めて、新鮮です。

3人のお人柄そのまま、温かく和やかな楽しいクリスマスコンサートでした。

|
|

« 12/18 同志社講座 秋学期第3回 | トップページ | 12/20 横浜散歩 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/18 同志社講座 秋学期第3回 | トップページ | 12/20 横浜散歩 »