« 4/28 発祥の地 | トップページ | 5/01 風薫る五月 »

4/30 お手本

従姉と98歳になる叔母を訪ねました。

Img_33333月末まで家事支援を受けながら、1人で暮らしていましたが、近くのケアホームに移りました。

大きな公園の向かい側にある新築の静かなホームです。

窓から今まで住んでいたマンションも見えます。

信仰を持ち、叔父を助け見送り、子供たちを立派に育て、家事に勤しみ、音楽を愛し、おしゃれを楽しみ・・・、お手本にしている叔母ですが、「いつまでここに居ればいいのかしらね?」には、自分の老後を考えさせられました。

|
|

« 4/28 発祥の地 | トップページ | 5/01 風薫る五月 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

緑いっぱいの公園の前で、窓からご自宅のマンションも見えて、何よりの条件のケアホームで、ご本人は勿論、ご家族の方もご安心でしょうね。
そんなにかくしゃくとしていらっしゃった叔母様でもやはり隠れている心境とはそういうものなのでしょうね。
 ウチの96歳の義母も施設のお世話になって半年近くになります。歳相応の物忘れはありますが話をすると頭はまだまだしゃっきりです。でも食事以外は一日中夢か現でうつらうつら、テレビを見る気力が失せて大好きな国会中継も見なくなりました。
もう部屋にテレビはいらんと言うのですが、義兄が、独居だった留守宅の地デジの工事はどうしようかと声をかけてみたら「ちゃんとやっといて!」言われたって。

投稿: 8mama | 2010年5月 6日 (木) 15時51分

8mamaさん、高齢になってから、生活環境が変わると言うのは難しいですね!
1人で気ままな生活をしていたのに、長い歴史を持った人達の集団生活ですから・・・。

投稿: naoco | 2010年5月 6日 (木) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4/28 発祥の地 | トップページ | 5/01 風薫る五月 »