« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

3/26 特別演奏会

東北関東大震災から15日目、東京クローバークラブ特別演奏会~縹色(はなだいろ)の音を求めて~が、晴海トリトンスクエア第一生命ホールで開催されました。

Img_4995

作曲家 多田武彦氏による委嘱作品 男声合唱組曲「落葉松と焚火」を初演するために企画された演奏会です。

多田さんは東京クローバークラブの音色を「暮れよどんでゆく、あの夕空の色 縹色(はなだいろ)」と表現なさいました。

3月11日に起きた大きな地震によって、メンバーは開催か?中止か?議論を重ね、賛否は二分しましたが、20日に開催と決まり、21日のゲネプロを経て、今日の本番を迎えました。

最初にコルネリウスのレクイエムが歌われ、全員で黙祷をしてプログラムが始まります。

Ⅰ 祈りのうた 指揮:小林香太 ♪L.Madetoja:De Profundis(詩篇130 深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます。主よ、この声を聞き取ってください。嘆き祈る私の声に耳を傾けて下さい。) ♪F.Mendelssohn:Periti aurem(死した者もなお天において輝いている。あがなわれた人々は星のように輝き、永遠の生命に入る。)

Ⅱ 「日本のこころ」をうたう~福永陽一郎による~ 指揮:小川明子 ♪青蛙(三木露風作詞/山田耕筰作曲)♪この道(北原白秋作詞/山田耕筰作曲)♪砂山(北原白秋作詞/中山晋平作曲)♪中国地方の子守唄(岡山県民謡)♪あわて床屋(北原白秋作詞/山田耕筰作曲

Ⅲ 男声合唱組曲「落葉松と焚火」(北原白秋作詞/多田武彦作曲)指揮:小林香太 ♪落葉松 ♪雀 ♪銀杏 ♪初秋の空 ♪林泉の空 ♪焚火

Ⅳ A chorus of Love 愛をうたう~ロバート・ショウ合唱曲集より 指揮 テノール:小林香太 指揮 アルト:小川明子 ♪Seeing Nellie Home ♪Marianina ♪Vive L'Amour ♪Stodole Pumpa “Walking at Night” ♪Love's Old Sweet Song

最後に♪We shall walk through the Valley in Peace(詩篇23篇 死の影の谷を行くときもわたしは災いを恐れない。あなたが共にいてくださる。)と♪新しき歌もて(詩篇98)を歌って演奏会が締めくくられました。

プログラムは以前から決められていたものでしたが、この日のために考えられたような今日の演奏会にピッタリの内容になりました。

客席からの「ブラボー!」「ありがとう!」の声は、お客様全てが感じたことです。

歌い手の心が一つになり、東北の被災した人々に祈りをこめて歌われました。客席で聴いている私たちの気持ちもそれに寄りそって、感動の演奏会になりました。

| | コメント (3)
|

3/23 心温まるプレゼント

京都の友人がお米を送ってくれました。

昔の仲間がリタイアして京都・福知山で農業を始め、丹精こめて作ったお米のお裾分けです。Img_4969

早速、炊いておにぎりにしました。塩結びです。おいしい!

Img_4976

40年前に共に学び、楽しく過ごした日々、若い頃の顔とニックネームが浮かびます。

遠く離れて暮らし、会う機会の少ない友人達が気遣ってくれて、感謝・感激です。

東京では、震度3クラスの余震が続いています。

電力不足も続いていますが、節電が功を奏して計画停電が中止される時間帯が多くなりました。

カセットボンベを見つけ手に入れましたが、今のところ、我が家ではカセットコンロの出番はありません。

ガソリンスタンドの行列も見かけなくなり、食パンや卵や牛乳もスーパーの棚に並ぶようになって、買いだめも収まりつつあるように思います。

東京・金町浄水場での放射能汚染が発表されました。たちまち、スーパーやコンビニからミネラルウォーターが無くなったそうです。

今、区役所からの放送で、乳幼児のいる家庭に飲料水2ℓ×3本を配布するとアナウンスがありました。

TVニュースを聞いて、新聞を読んで、インターネットをチェックして、正しい情報を確認し、落ち着いて過ごしましょう。

| | コメント (4)
|

3/18 ムサシ

2011031800000310oric000view

13時34分、建設中の東京スカイツリーが634mになりました。

着工から2年8ヶ月です。

東北関東大震災の余震が続くため、タワークレーンなどの作業を見合わせていましたが、予定通り目標の高さに達しました。

東京近辺の旧国名である武蔵国(むさしの国)の語呂合わせで、634mになったと言われています。

2012年3月、開業の予定です。

| | コメント (0)
|

3/18 普通に・・・。 その2

一昨年の春、娘が貰ってきたピンクのマーガレットが、何事もなかったかのように変わらず、いっぱい花を咲かせました。

Img_4930

コーラスの練習を始めとして、次々と予定がキャンセルになり、時間がたっぷりあります。娘も仕事がキャンセルになって、家に居ることが多くなりました。

震災直後は落ち着かず、TVをつけっぱなしにし、新聞を隅々まで読み、PCでインターネットをチェックして、ご飯を作って食べて片付けて、洗濯をして、1日が過ぎていました。

少し平静になってきたので、気になりながらも放っていた片付け物をしたり、生協から届いたとちおとめのこつぶ苺で3回目のジャムを作ったり、従姉に教えてもらったレシピで大根のはりはり漬けを作ったり、編み物も始めています。

Img_4909

            Img_4933  Img_4941

Img_4971

生協に注文していた食料品は、お米とヨーグルト、茨城産の水菜、岩手産のわかめ、ベーコンとハム、チーズなどが欠品になりました。

まだ、電車や車に乗っての外出はしていません。電気やガソリンが不足している今、不要不急の外出を控えています。

普通の生活の目処が立たない人たちのことに想いを寄せつつ、普通の生活が出来る幸せを感謝せずにはおれません。

| | コメント (0)
|

3/18 普通に・・・。

東北関東大震災が発生してから1週間が経ちました。

日毎に明らかになっていく被災地の惨状に心が痛みます。

昨日から真冬のように冷え込んで、雪が舞っていますが、これから春に向かっていくのは嬉しい事です。

陽が長くなり、暖かくなっていきます。東北地方の山の木々に花が咲き、畑には緑の草が芽吹くでしょう。被災した人たちの心を癒してくれる事を祈ります。

TVで、避難所の2回目の食事(夕食)に配られるパンが映し出されていました。ハンバーガーの中味なしのパンを1人1個づつだとか、この日の1回目の食事(朝食)は、1家族にクラッカー1袋だったそうです。

被災地での新しい生命の誕生や、中高生の自発的ボランティア・・・、聞いていて目頭があつくなるような心温まるほほえましいエピソードも報じられています。

東京でも、茨城沖や千葉沖を震源地とする震度3クラスの余震が続いています。

東京電力管内では、計画停電も始まりました。

交通機関の混乱や生活物資の不足など、普段より少々不便な生活ですが、被災していない私たちは、平静に普通の生活を送ることが大切ではないかと思います。

経済的な復興を支える為にも・・・。

Img_4924 神様は大きな試練を与えられましたが、それを乗り越える知恵と力も備えて下さることを信じています。

カサブランカの蕾が次々と花開きました。

| | コメント (0)
|

3/14 出遅れています。

震災後、外へ出るのが怖くて家に篭っていました。しょっちゅう、TVやケータイの緊急地震速報が鳴ります。

計画停電に備えてカセットボンベがあったらいいかな?と、出かけてみると人出が多いのにビックリ!

ホームセンターの防災用品の棚は空っぽ、すでに売り切れです。

ベランダの植木を植え替えようと、植木鉢を買って帰ってきました。

スーパーに行ってみると、食パン、お米、うどんなど生麺、パスタ、カップ麺、レトルトのカレーやパスタソース、納豆、卵、牛乳、ヨーグルト、ジュース、水、お茶、マスクやカイロなどの衛生用品・・・、品切れ状態です。

         110318_105001_2   110318_105102_3

レジは長蛇の列、こういう時には、知らない人とも連帯感が生まれます。後ろに並んでいる男の子を連れた若いお母さんと話しました。3歳半の男の子と赤ちゃんがいて、大阪の実家に帰ろうかと思っていると・・・、その方が良いかもしれません。並んでいる間にも余震がありました。

生の肉や魚、野菜はたっぷり残っています。ここでも野菜だけ買って帰りました。

我が家は普段から供給過剰気味、在庫整理をすることにします。

京都の友人から「要るものがあったら送るよ!」とメールがあり、「カセットボンベを、」と返信したところ、危険物は宅配便では送れないとの事。あたたかいお気持ちを頂きました。

TVでトイレットペーパーをたくさん買っている人を見て、「お母さん、地震になったら、ウンコがたくさん出るん?」と、つぶやいている人がいたそうです。この言いまわしは関西の子どもですね!

どうして?今の東京で、これほどの買いだめをしなければならないのでしょうか?

30数年前、新米主婦の頃の石油ショックを思い出します。その時も出遅れていました。

| | コメント (0)
|

3/12 無事です! 

3月11日14時46分、大きな地震が起きました。東京は震度5強です。

電話やメールでのお見舞いをありがとうございました。私たちのことをお心に留めて頂いて、感謝しています。

宅配便を出しに行こうと、玄関で靴を履いている時に揺れ始めました。立っていられないほどの強い揺れです。午後の予定がキャンセルになってお昼過ぎに帰宅した娘と2人、玄関のドアを開けて靴を履き、座り込んで揺れが収まるのを待ちました。マンションの防災センターから「エレベーターが止まっています。外へ出ないように。」と館内放送がありました。

免震構造の建物なので、いつまでもゆらゆら揺れています。部屋の中に入ってみると、棚の上の写真立てなどが落ち、重いサッシのガラス戸が20~30cmも開いています。幸い、リビングの本や台所の食器棚、洗面所の棚は無事です。今朝、洗面所の壁に5cmほどの亀裂が2ヶ所あるのを見つけました。

娘はケータイで外出中の家族に連絡をとっています。各々の場所で無事な様子。交通機関が全てストップしました。夫は東京駅八重洲から1時間半かかって徒歩で帰宅。長男一家は孫娘が幼稚園から帰宅直後で無事、会社は激震だったようですが。次男は新宿で足止めされ、地下鉄が動き始めて明け方に帰宅しました。新宿のスタバで待機している間に、周辺の人たちに情報提供をして喜ばれたとか。首都圏に住んでいる弟、甥、姪、従妹一家も、帰宅困難になりながらも無事でいます。

阪神大震災に遭った友人から聞いたことを思い出し、コンロに置いてあった味噌汁の鍋を流しに移し、やかんに水を溜め、お米を洗って、カサブランカの花瓶も流しに避難しました。玄関にかけてあった鏡を下ろし、懐中電灯と携帯ラジオを用意しました。

Img_4899_2 お台場やあちこちから煙が上がり、火災が発生した様子、ヘリコプターが飛び交っています。千葉県市原のコスモ石油製油所から100mもの炎が上がり、きのこ雲のような煙が見えます。空が暗くなってきました。

隣の都立高校のグラウンドには、近隣の人たちが避難してきています。帰宅できない生徒と先生が泊まりこんでいました。小学校の校庭では、生徒達が並んで保護者のお迎えを待っています。

東京タワーは先端部が曲がり、建築中の東京スカイツリーは工事用のエレベーターがストップして、クレーンも止まっています。

東京ディズニーランドとディズニーシーも夜8時に閉園、2万人の人が帰れずに泊まりこんだとか、アトラクションの点検のために暫くの間休業するそうです。

以前に住んでいた千葉の幕張は埋立地、湾岸地区では液状化現象で道路が陥没して波打ち、噴出した土砂で車が埋まってしまっています。

土曜日の混声合唱の練習は、練習会場が使用を中止したのでお休みになりました。夫の男声合唱の練習もお休み、家族全員が在宅です。まだ、余震が続いていて船酔いのような気分の悪さです。

電力供給設備に大きな被害が出たために、停電になる恐れがあります。東京電力が節電を呼びかけています。我が家はオール電化、停電になると断水し、炊事も出来ません。夕方からの電力需要ピーク時を避けて、昼間に入浴・洗濯し、夕食の支度も早めに、厚着して暖房はギリギリまで我慢、電力の分散使用で協力しましょう。

夜になって、我が家から見える東京タワーも八重洲の高層ビルもレインボーブリッジも節電に協力し、ライトアップを落としています。

新聞やTVのニュースで大惨事の様子を報じています。どこまで被害が広がっていくのか、一瞬にして大切なものが壊れていく様に、胸が締め付けられる思いです。

被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

| | コメント (4)
|

3/10 遅れてきたプレゼント

今朝、カサブランカの花束が届きました。

Img_4892

白いあじさいが添えられています。

4日遅れのお誕生日プレゼント、ありがとう!

| | コメント (0)
|

3/06 4周年

「ぶどうの枝」が4周年を迎え、5年目に入ります。

読んで下さる方、コメントを送って下さる方、感想を述べて下さる方・・・、皆様に支えられて続けてくる事ができました。ありがとうございます。

これからも日々のつれづれを更新していきたいと思っています。

3月に入って余寒の日々ですが、ベランダのパンジーがいっぱい咲きました。

Img_4813

そして、今日は誕生日。4歳になったばかりの孫娘からのプレゼントです。ビーズを通してブレスレットを作ってくれました。

Img_4877

| | コメント (2)
|

3/05 北鎌倉散歩

従妹と北鎌倉を歩いてきました。何と、彼女は和服で現れたのです。

まず、一つ星の食事処でランチを、こちらの板さんは辻留さんで修行されたとか。

ホタテとわけぎのぬた、湯葉の蒸し物、本マグロのおつくり、銀ムツの味噌漬け、煮物(ヨモギ麩、たけのこ、ふき)、芹の酢の物、なめこの赤だし、ごはん、お 漬物と最後にチーズケーキとお煎茶、京風のお味です。

おいしいお食事でした。ごちそうさま!

 Img_4844  Img_4846  Img_4848  Img_4849

            Img_4850  Img_4851         

「駆け込み寺」「縁切り寺」として知られている東慶寺へ。

本尊の釈迦如来坐像を安置する泰平殿とその昔女性が駆け込んだ急な階段です。

 Img_4856  Img_4864_2

紅白の梅が美しく咲いています。            

          Img_4852  Img_4853

弘安8年(1285年)北条時宗の妻 覚山尼(かくざんに)の創建と伝えられる。臨済宗。明治35年、男僧寺に改められたが、かつては尼寺として栄え、寺内に駆け込んだ女性は3年間修行すれば夫と離縁することができます。

Img_4876_3松岡宝蔵に陳列してある重要文化財の中に、桃山時代の葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱を見つけました。

聖餐で信徒に与えるイエスの身体を意味する聖餅(オスチャ)を入れる容器

蓋にはイエズス会の標章が印されています。

鎌倉のおみやげは「きざはし」です。

Img_4885_2

長い年月の間 風雪にきざまれ、すり減った鎌倉石の石段の姿を、餅粉に和三盆糖を配し、こがしきな粉をまぶした素朴なお菓子、我が家の好物です。

| | コメント (0)
|

3/03 お雛さま

今日はひな祭り、お雛さまを飾って、ささやかなお祝いをしました。

Img_4843

錦糸たまご、鯛の酢〆、いくら、菜の花を飾ったちらし寿司、茶碗蒸し、ウドとキウリとわかめの酢の物です。

Img_4827

今シーズン初の苺ジャムを作りました。とちおとめ4パック1kgに半量のお砂糖とレモン汁を絞って煮る事約40分、200CC入りのビン4本分が出来上がりました。

 Img_4828_2   Img_4841

3月に入って真冬の冷え込みですが、家の中は春の香りが漂っています。

| | コメント (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »