« 7/01 タワークレーン | トップページ | 7/10 ソプラノ リサイタル »

7/06 夏のお菓子

わらび餅を作りました。夏のお菓子の中で一番の好物です。

わらびもち粉に水とお砂糖を加え、強火にかけてかき混ぜながら透き通るまで煮ます。型に入れて冷やし、きな粉、黒蜜をかけて出来上がりです。

この日、歌のレッスンがあったので、お茶の時間にお出しして喜んで頂きました。写真撮影はお歌の先生です。

07_06

子供の頃、母が作ってくれた夏休みのおやつでした。ところが、関東地方では食べられることが少なかったらしいのです。わらび餅の材料はわらびの根から取れるでんぷん、わらび粉の名産地の奈良や京都では、昔から親しまれていました。

この日作ったわらびもち粉の原材料は鹿児島産甘藷でんぷん85%、葛でんぷん15%です。この粉に小麦粉を混ぜて蒸すと、関東地方でよく食べられている葛餅が出来ると書いてあります。

他に、京都の夏のお菓子 求肥を包んだ「稚鮎」と、江戸時代から続く銀座のおせんべい屋さんの紫陽花、朝顔、てるてる坊主を描いた瓦せんべいを・・・。どれも季節限定のお菓子です。

  06_12  07_03

|
|

« 7/01 タワークレーン | トップページ | 7/10 ソプラノ リサイタル »

作る・育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/01 タワークレーン | トップページ | 7/10 ソプラノ リサイタル »