« 7/22 高原の朝 | トップページ | 7/29 夏野菜 »

7/24 アルト リサイタル

Img_5458 小川明子さんのリサイタル、ピアノはいつものようにご主人様の山田啓明氏です。

会場は歩行者天国で賑わう銀座の王子製紙本社ビル2階にある王子ホール、ほぼ満席の盛会でした。

が~ちゃんくらぶ(小川明子さんのファンクラブ)主催の夏のリサイタル、毎年、記念の作曲家を取り上げて、その作品を聴かせて下さいます。

昨年は生誕200年のR.シューマンでした。

今年は没後100年のマーラー夫妻です。

♪A.マーラー(1879-1964)夫グスタフ・マーラーの妻アルマは結婚して夫に禁じられるまでは本格的な作曲もする才女で、ウィーン社交界の花形でした。

《5つの歌》 静かなまち(詩:デーメル) なま暖かい夏の夜(詩:デーメル) あなたのそばでは(詩:リルケ) 私は花の下をさすらう(詩:ハイネ) 父の庭には(詩:ハルトレーベン)

Web_4

♪G.マーラー(1860-1911)長大かつ複雑な交響曲で知られるマーラーですが、メロディーメーカーとしても有能でした。《さすらう若人の歌》は失恋した若者の胸の内を吐露した名作、作詞も作曲者が手がけました。

1.愛しい人が嫁ぐ日は 2.今朝、野原を行けば 3.私は灼熱に燃える刃物を 4.愛しい人の二つの青い瞳が

_mg_1051

♪團伊玖磨(1924-2001)《夕鶴》をはじめ数々のオペラや交響曲を作曲していますが、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」などの童謡も残しています。又、随筆「パイプのけむり」も知られています。

歌曲集《五つの断章》(作詞:北原白秋)「野辺」「舟歌-片戀-」「あかき木の実」「朝明」「希望」

♪中田喜直(1923-2000)「めだかのがっこう」「夏の思い出」など美しい歌曲や合唱曲、童謡の数々を発表しました。お父さんは「早春賦」で知られる中田章、お兄さんも作曲を勉強した音楽一家でした。

歌曲集《六つの子供の歌》うばぐるま(西条八十) 鳥(小川未明) 風の子供(竹久夢二) たあんき ぽーんき(山村暮鳥) ねむの木(野口雨情) おやすみ(三木露風)

_mg_1137

最後に、全員で小川明子さんの指揮、山田啓明氏のピアノで「夏の思い出」を合唱して終わりました。

Web_2

内容の充実した盛り沢山なプログラムでしたが、豊かなアルトがホールいっぱいに響き渡り、心にしみていきます。もっともっと聴いていたいような心地良さでした。

演奏会後、ロビーでサインや写真撮影に気軽に応じられるお二人です。

    Img_5434  Img_5438_2

打ち上げでは美しい衣裳が話題になり、出してきて見せて下さいました。

Img_5449_2

白のオーガンジーのような薄い生地に紺と白のコードが縫いとめてあります。客席からは五線譜に音符が踊っているように見えました。

銀座一丁目の打ち上げ会場から日本橋まで歩いて、夕方の風に吹かれながら感動の余韻を味わいました。

Img_5453

昨年、架橋100年を記念して花崗岩の橋が綺麗になりました。重要文化財です。

|
|

« 7/22 高原の朝 | トップページ | 7/29 夏野菜 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/22 高原の朝 | トップページ | 7/29 夏野菜 »