« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

8/23~25 草津音楽祭

第32回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル、今年のテーマは「未来の王国へ」フランツ・リストとロマン主義音楽です。

8月17日から30日までの2週間、草津音楽の森国際コンサートホールで開かれています。今年で8回目の音楽祭参加になりました。

  Img_5691   Img_5690

23日(木)リスト:協奏的大二重奏曲/S.ガヴリロフとB.カニーノ

♪F.リスト:忘れられたロマンス LW-D16(S132ter) ♪F:リスト:「水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」~「伝説」 LW-A219(S175より) ♪F.リスト:二重奏曲(ソナタ) LW-D3(S127) ヴァイオリン:S.ガヴリロフ ピアノ:C.カテーナ

♪C.サン=サーンス:舟歌 作品108 ヴァイオリン:S.ガヴリロワ/チェロ:T.ヴルガ/ピアノ:B.カニーノ/ハーモニウム:C.ブリツィ

Img_5562

世界に3台しかないという、オルガニストC.ブリツィさん所有のハーモニウム=チェレスタ、1897年ミュステル社製です。フットペダルから空気を送り込み、フリーリード(弾力性の高い金属片)を鳴らして音を出します。アコーディオンに似ていますが、パイプオルガンのように複数のストップが付いています。チェレスタはフェルト巻きのハンマーで金属音板を叩き、高音を奏でます。上の鍵盤がチェレスタ、下の鍵盤がハーモニウム。ビゼー、サン=サーンス、シュトラウス、エルガー、ワーグナー、シェーンベルグ、リストらの作曲家がハーモニウムのための曲を作りました。

♪F.リスト:協奏的大二重奏曲 LW-D4(S128) ♪F.リスト:エレジー(悲歌)第1番 LW-D13c(S130ter) チェロ:T.ヴァルガ/ピアノ:B.カニーノ

24日(水)ザレンプスキ:ピアノ五重奏曲/岡田博美とパノハ弦楽四重奏団

♪J.ブラームス:バッハによるシャコンヌ(左手のための)~5つのピアノ練習曲より ピアノ:岡田博美

♪F.リスト:「ラ・カンパネラ」~パガニーニによる大練習曲 LW-A173(S141)より第3番 ピアノ:岡田博美

♪L.ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番 JW VII/8「クロイツエル・ソナタ」 パノハ弦楽四重奏団

♪J.ザレンプスキ:ピアノ五重奏曲 ト短調 作品34 ピアノ:岡田博美/パノハ弦楽四重奏団

Img_5704

華奢な身体つき、淡々とした表情のピアニスト、ささやくような優しい音から力強い情熱的な音色まで、ピアノの音に感動です。

25日(木)管楽アンサンブル/ドヴォルジャーク:管楽セレナード

♪A.ドヴォルジャーク:弦楽セレナーデ ニ短調 作品44 オーボエ:T.インでアミューレ、徳山奈美/クラリネット:P.シュミードル、四戸世紀/ファゴット:M.トルコヴィッチ、岡崎耕治/ホルン:木川博史、三村総檄、高野哲夫/チェロ:T.ヴァルガ/コントラバス:M.ガヴリロフ/コントラファゴット:石川了一

♪G.リゲティ:6つのバガテル フルート:W.シュルツ/オーボエ:T.インデアミューレ/クラリネット:P.シュミードル/ファゴット:岡崎耕治/ホルン:木川博史

♪西村朗:フルートと管楽と打楽器のための協奏曲 指揮:M.トルコヴィッチ/フルート:W.シュルツ/オーボエ:T.インデアミューレ、徳山奈美/クラリネット:P.シュミードル、四戸世紀/ファゴット:岡崎耕治、石川了一/ホルン:木川博史、三村総檄/打楽器:永曽重光、清田裕里江

♪J.シュトラウスII(A.N.タルクマン編曲):喜歌劇「こうもり」~管楽アンサンブルのための ピッコロ&フルート:W.シュルツ/オーボエ:T.インデアミューレ、徳山奈美/クラリネット:P.シュミードル、四戸世紀/ファゴット:M.トルコヴィッチ、岡崎耕治/ホルン:木川博史、高野哲夫/コントラバス:Mガヴリロワ

Img_5735_2

そして、声楽の公開レッスンを聴講しました。受講生は声楽を勉強する学生から卒業して活躍している人たち5名です。イギリスの声楽家(ソプラノ)リン・ドーソン先生によるユーモアあふれるレッスン、楽しく聴きました。

Img_5728

広い森の敷地内にある練習室では、ピアノのA.シビリさん、フルートのW.シュルツさん、オーボエのT.インデアミューレさんのリラックスした合わせの様子を覗きました。窓は開けっ放し、音も聴こえてきます。

Img_5693

涼しい森の音楽ホールで、世界各地からここ草津に集まってきた演奏家による、生誕200年フランツ・リストを中心とした室内楽三昧の3日間、幸せな夏休みでした。

| | コメント (0)
|

8/24 白根山ドライヴ

草津温泉から西へ白根山までドライヴしました。澄みきった青い空、白い雲、爽やかな風、硫黄の香りが漂ってきます。

Img_5611

     Img_5576  Img_5601

国道最高地点2172mまで登って来ました。遥か下の方に草津温泉が見えています。

Img_5583

木道が整備されている湿原の周りを散策しました。カルガモの親子が水辺で遊んでいます。

Img_5654_2

     Img_5655_2  Img_5627

Img_5648

ナナカマドが色づき、ススキが風になびいて、高原では秋の気配が感じられます。

    Img_5632 Img_5665  Img_5674 Img_5644

3度目の白根山ドライヴでしたが、 こんなに美しく晴れたのは初めてでした。  

| | コメント (0)
|

8/19 ただ今、入院中

我が家の車が7年目の車検を受けることになりました。

走行距離81,855㎞、7年間で初めてのタイヤとラジエーター、2回目のバッテリーを交換しなければならず、結構、費用がかさみます。

ディーラーのセールスの人には、買い替えを勧められました。08_19audi 新しく出たコンパクトカーA1です。

心動きましたが、7年間乗ったA3に愛着があります。古くなった部品は交換して、車検を受け、大切に乗り続けることにしました。

| | コメント (0)
|

8/18 子育て応援コンサート

この夏一番の暑さになった今日、関東地方で一番暑いと言われる熊谷で38.3度を体感してきました。

Img_5536

つぼみの会(埼玉県立熊谷女子高等学校卒業のクラシック音楽の演奏や指導に携わるメンバーで構成)の主催によって、子育て応援コンサートが開催されました。

会場は熊谷文化創造館さくらめいとです。

強い陽射し、開場の時間には35度を超えていましたが、親子連れが次々と集まってきました。

熊谷在住の孫娘とそのお友だちとそのママ、総勢11人で聴いてきました。

フラットなステージ、パイプ椅子を並べた客席の前にはじゅうたんを敷いてハイハイスペースが作ってあります。

Img_5503

第1部 はじめてのコンサート~対象は0~6歳児とその保護者、妊娠中の方

♪崖の上のポニョ(ピアノ連弾) ♪おつかいありさん、しゃぼんだま(歌) ♪ディズニーメドレー(フルートデュオ) ♪小犬のワルツ(ピアノソロ) ♪うみ、花火(歌) ♪猫ふんじゃった(ピアノ連弾) ♪アンパンマン体操(歌って、踊って) 手遊びグーチョキパー、手をたたきましょう、トントントントンひげじいさん、おしりフリフリなどを混じえて、退屈することなく楽しいコンサートでした。

Img_5513

第2部 わいわいきっず~対象は6~10歳とその保護者

♪あし笛の踊り(フルートデュオ) ♪ドレミの歌、歌えバンバン(歌) ♪エーデルワイス(歌とリコーダー) ♪かえるのうた(輪唱) ♪踊る子猫(フルート、打楽器、ピアノ) ♪剣の舞(ヴァイオリン、ピアノ) ♪小犬のワルツ(ピアノ) ♪君をのせて(歌) ♪とんび、赤とんぼ、夕やけこやけ(歌) ♪ディズニーメドレー(エレクトーン、ピアノ) ♪「ハウルの動く城」より(アルトリコーダー、ピアノ)♪運動会メドレー(ピアノ1台8手連弾) ♪ラデッキー行進曲(ピアノ1台6手連弾)

アルトリコーダーを演奏するアルトの小川明子さんです。

Img_5521_3

第3部 ミュージック!ミュージック!~対象は10~15歳とその保護者

ステージが高くなり、客席が暗くなって、本格的なコンサートの雰囲気になります。

♪ハンガリー舞曲:ブラームス(ピアノ連弾) ♪帰れソレントへ、サンタルチア:ナポリ民謡(独唱) ♪花:滝廉太郎(二重唱) ♪赤とんぼ:山田耕筰(独唱) ♪チャルダッシュ:モンティ(ヴァイオリン独奏) ♪ソナタ「悲愴」より第1楽章:ベートーヴェン(ピアノ独奏) ♪交響曲第5番「運命」より:ベートーヴェン(ピアノ連弾)

♪リベルタンゴ:ピアソラ(フルート独奏) ♪魔王:シューベルト(アルト独唱) ♪「我が祖国」よりモツダウ:スメタナ(フルート、エレクトーン、ピアノ) ♪オペレッタ「こうもり」よりオルロフスキーノアリア「僕はお客を呼ぶのが好きだ」:ヨハン・シュトラウス(メゾソプラノ独唱) ♪オペラ「夕鶴」よりつうのアリア「私の与ひょう」:團伊玖磨(ソプラノ独唱) ♪オペラ「カルメン」よりカルメンのアリア「ハバネラ」:ビゼー(アルト独唱、フルート、パーカッション、ピアノ)

最後に演奏者と「翼をください」を全員で合唱しました。

演奏者総勢19名(ソプラノ、メゾソプラノ、アルト、ピアノ、エレクトーン、ヴァイオリン、フルート、打楽器)、最初から最後まで、会場の隅々まで主催者の配慮が行き届いた温かいコンサートでした。

小さな子どもとお母さんたち、生の演奏を聴ける機会は少ないので、このようなコンサートでは心置きなく音楽を楽しむことが出来ます。お誘いした孫娘のお友だちとそのママ達にも喜んで頂けたようでした。

昼食にインドカレーのお店に行って、タンドリーチキンやナンにカレーを付けて食べた孫娘、午後からも聴きたいと言うので、対象年齢には達していませんが、さくらめいとに戻って、第2部を聴きました。幼稚園で習ったドレミの歌を一緒に歌っていました。

 Img_5517  Img_5519  Img_5525  Img_5531 

| | コメント (2)
|

8/10 有明ツアー

空高く澄み渡り、高温注意報が出ている中、潮風に吹かれながら江東区有明地区を歩いてきました。

臨海副都心として開発が進んでいます。東京湾の埋立は江戸時代末期に黒船対策として造った大砲台場が始まりで、港区台場、品川区八潮、江東区青梅・有明の地区が臨海副都心として造成されました。

新橋から「ゆりかもめ」に乗り、レインボーブリッジを渡ってお台場から青梅地区・有明地区を巡り、国際展示場駅で下車。

有明地区には国際試合も行われる有明テニスの森公園・有明コロシアムや国際展示場・東京ビッグサイト、水の科学館、東京臨海広域防災公園のほか、住宅や大学・高等学校・小中学校もあります。

防災公園では多目的広場、ヘリポート、防災体験学習施設(そなエリア東京)があり、首都直下地震の発生から避難までを体験できるミニシアターやクイズコーナー防災ゲームなどがあります。

防災ゲームでは90点を獲得、ペットボトルを使って液状化現象の説明を受けました。

今日の有明ツアーは、11月20日に予定している おとのきずな第二回事業東日本大震災復興支援チャリティーコンサート「有明からの祈り」の下見を兼ねています。

会場となる有明小中学校体育館、福島県から避難してきている方々の東雲住宅を訪ねました。

最後にシーフードレストランで会食、鯨の尾の身のお刺身、活エビのフライ、伊勢海老のソースのパスタなどを美味しく頂きました。

同じ江東区内ですが、我が家へは都バスを乗り継がないと帰れません。江東区内 東西の交通はJR総武線・京葉線、地下鉄新宿線・半蔵門線・東西線・有楽町線・大江戸線、東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道りんかい線などがあって、便利なのですが、南北の移動は都バスだけです。

カメラを忘れて出かけたので、残念ですが写真がありません。

| | コメント (0)
|

8/07 東西OB四連演奏会

Img145 2年に1回のお祭り、慶應、早稲田、関学、同志社の男声合唱OBによる第18回目の演奏会が大阪のシンフォニーホールでありました。

四校のエール交歓で演奏会が始まります。

早稲田大学校歌 Old Kwansei 慶應義塾塾歌 Doshisha College Song

Undefinedcabvhi6f_2

♪稲門グリークラブ(早稲田)

男声合唱のための「四つの仕事唄」和太鼓との共演です。和太鼓は早稲田大学グリークラブの2年生。囃し田(広島県民謡/編作曲:小山清茂) 石切唄(小豆島民謡/編作曲:小山清茂) 胴搗き(作詞/作曲:小山清茂) 酒屋唄(岩手県民謡/編作曲:小山清茂)

♪新月会(関西学院)

「黒人霊歌」 Roll,Jordan,Roll!(編曲:M.Bartholomew)I Got Shoes(編曲:M.Bartholomew)  Steal Away (編曲:M.Bartholomew) Little Innocent Lamb(編曲:M.Bartholomew)  My Lord, What a Mornin'(編曲:F.Heath)  Didn't My Lord Deliver Daniel(編曲:F.Heath)

♪慶應義塾ワグネル・ソサィエティーOB合唱団

男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」作曲:多田武彦 1.冬野 2.最後の雪に 3.春愁 4.天井沢 5.牧場 6.かけす

♪クローバークラブ(同志社)

男声合唱組曲「水のいのち」 作詩:高野喜久雄 作曲:髙田三郎 ピアノ付き 1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ

♪四校合同演奏 300名余りの老若男子によって 男声合唱曲「岬の墓」作詩:堀田善衛 作曲:團伊玖磨

そして、最後に東日本大震災の復興を祈って「You'll never walk alone」作詞:O.Hammerstein  作曲:R.Rodgers がピアノの連弾と演奏されました。

人生の嵐の中を進むとき、どうかはっきり頭を上げていって下さい。

暗闇を恐れないで下さい。

嵐が過ぎ去れば金色の空に、ひばりの優しいさえずりが聞こえるでしょう。

風にも負けず 雨にも負けず たとえあなたの夢が破れ去った様に思える時でも、心に希望を抱いて どんどん進んで下さい。

何故ならあなたは一人ぼっちではないのですから。

一人だけで歩いているのではないのですから。

男声合唱を堪能しました。四校各々の持ち味があり、ライバル意識も垣間見えて(四校とも単独ステージは暗譜でした。)、最高齢83歳から20歳代の若いメンバーまで、意気揚々声高らかに歌っています

打ち上げパーティーでは、又々歌合戦!美酒に酔い、和気あいあい楽しく語り合い、2年後の東京での再会を約束して、同志社から早稲田へペナントが引継ぎがれました。

| | コメント (0)
|

8/05 様変わり

久しぶりの大阪駅、すっかり様子が変わっています。新しい大阪駅の探検に行ってきました。

Img_5490まず、電車を降りると、プラットホームが広くなっています。

線路を移動させなければなりません。

留置用の中線が撤去されて、7・8番線のホームが広くなりました。

次に出口からコンコースに行くにはホームから1階へ降りていましたが、3階に上がるエスカレーターが新しくできています。

Img_5485

ホームの上3階にも改札口と新しく広いコンコースができました。

そして、プラットフォームの中央部は、北側のノースゲートビルから南側のサウスゲートビルに向けて、大屋根で覆われています。

  Img_5494_2   Img_5493

新しく出来た北側のビルには屋上庭園があり、通路も広くなって、あちこちにベンチが置いてあり、駅に遊びに来た人たちの憩いの場になっています。

新しい本屋さんで小川洋子の本を買って、アイスクリームを食べて帰ってきました。

大阪の街は、駅もデパートもコンビニもスーパーも明るくて、眩しいようです。東京の節電による薄暗さに慣れてしまいました。

関西を離れて20数年、京都駅も大阪駅も様変わりして、目を瞑っては歩けなくなりました。キョロキョロしながら、お上りさんのようです。

| | コメント (0)
|

8/01 夏野菜 その3

ピーマンを千切りにして、しらたき、チリメンジャコとゴマ油で炒めました。

日本酒をふりかけ、薄口醤油で味付けして出来上がりです。

ビールに合いそうですね!実は、全々飲めないのですが・・・。

Img_5476

亡き母が作っていた夏のお惣菜です。カラーピーマンなど混ぜて、ちょっとアレンジしてみました。

| | コメント (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »