« 9/15 初物 その2 | トップページ | 9/18 野の花会 つづき »

9/17 野の花会 オルガンコンサート

EXPO'70キリスト教館にパイプオルガンが設置されていました。オルガンは毎日の正午の礼拝での奏楽に使われました。

昨年、野の花会(キリスト教館OGの会)40周年で箱根に集まった時に、「今、あのオルガンはどこにあるのかしら?」「懐かしい音色を聴きたいわね!」と話題になります。

探してみると、武蔵野音大モーツアルトホールにあることが分かり、娘に演奏を頼んで、オルガンコンサートを企画しました。

Img_5795_2

40年ぶり、感激の対面です。このオルガンには竹製のパイプがあり、尺八のような音色がします。

Img_5817_2

♪J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ト長調 BWV541 ♪J.S.バッハ: 「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」 BWV639 ♪J.ブラームス:「装いせよ、我が魂よ」 ♪G.ムファット:トッカータ プリマ ♪J.アラン:子守唄 JA7 ♪J.S.バッハ:ピエスドルグ BWV572

40年ぶりに再会した懐かしいオルガンを娘が演奏している姿に、感慨深く、不思議な思いがあります。

オルガンの演奏を聴いた後、讃美歌300番「み空のかなたに うみのそこに」 Ⅱ26番「ちいさなかごに花を入れ」 354番「牧主我主よ、まよう我らを」 Ⅱ171番「大波のように 神の愛が」を歌って、コンサートを終えました。

万博終了後、解体して浜松のヤマハに運ばれ、武蔵野音大モーツアルトホールに落ち着いて、大切に弾かれているキリスト教館のオルガンに巡り会えたことに感謝の思いでいっぱいです。

|
|

« 9/15 初物 その2 | トップページ | 9/18 野の花会 つづき »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9/15 初物 その2 | トップページ | 9/18 野の花会 つづき »