« 9/20 濱田庄司展 | トップページ | 10/01 同期会 »

9/24 第20回演奏会

カンタータ・ムジカ・Tokyoの演奏会を聴いてきました。

築地にある浜離宮朝日ホール、552席シューボックス型のとても響きの良いホールです。

指揮:渡辺善忠 ソプラノ:加藤麻衣 アルト:小川明子 テノール:兎束康夫 バス:浦野智行

♪J.S.バッハ:「Lobet den Herrn alle Heiden 」BWV230(チェロ、チェンバロ)

♪G.P.テレマン:「6つの道徳的カンタータ」よりDie Zeit(時)TWV20:23 Die Falschheit(不実)TWV20:27(テノールソロ、チェロ、チェンバロ)

♪J.S.バッハ:カンタータ131番「Aus der Tiefen rufe」BWV131(ヴァイオリンⅠ Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、オーボエ、チェンバロ)

♪G.F.ヘンデル:「Dixit Dominus」HWV232(ヴァイオリンⅠ Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、チェンバロ)

最初のバッハの曲は、今、私たちが混声合唱で練習している曲です。

Img_5903

最後のヘンデルの曲はバッハの後に歌われたこともあって、明るく、とても華やかな感じがしました。あまり歌われることがないとか、美しいメロディー、歌ってみたいと思いました。

50名弱のこの合唱団、知った顔ぶれがチラホラ見えます。演奏会では各パートにプロのソリストが合唱に混じって歌われます。

|
|

« 9/20 濱田庄司展 | トップページ | 10/01 同期会 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9/20 濱田庄司展 | トップページ | 10/01 同期会 »