« 11/17 非日常の日々 | トップページ | 11/23 女声三部合唱によるMessiah »

11/20 パイプオルガンファミリーコンサート

2005年、光の教会に設置されたドイツ・ボッシュ社製のパイプオルガンによるコンサートです。

オルガンは礼拝堂の後方にあるので、会衆席から演奏者を見ることが出来ません。子供たちのためにオルガン近くの椅子は講壇に背を向けてオルガン方向に並び替えられました。手足の動きを興味深そうに見ています。

演奏は荒井牧子です。

Img_6141♪D.ブクステフーデ:前奏曲 BuxWV137

♪J.S.バッハ:フーガ ト短調 BWV578

♪J.G.ラインベルガー:オルガンのための12のフゲッタより第3番 <BACHの名前による>

♪A.P.F.ボエリー:オルガン作品全集第3巻より Op.43-8

♪J.アラン:子守唄

♪L.マルシャン:ティエルスをテノールで

♪G.F.ヘンデル:音楽時計のための小品集より

♪F.W.ツアッホウ:もろびと声あげ

♪J.S.バッハ:我汝に呼ばわる、イエス・キリストよ

♪J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ト長調 BWV541

オルガンの様々な音色を楽しめるバラエティーに富んだプログラムです。

アンコールに代えて、讃美歌484番「主われを愛す」、459番「牧い主わが主よ」をオルガンとともに歌いました。礼拝堂いっぱいに響く大合唱です。

亡き祖母の友人、父母の合唱の仲間、京都の教会の聖歌隊の方々、千里に住んでいた時に家族ぐるみで親しくしていた人たち・・・、礼拝堂からあふれるほどの多くの方々に聴いて頂き、ほのぼのした和やかなコンサートになりました。

|
|

« 11/17 非日常の日々 | トップページ | 11/23 女声三部合唱によるMessiah »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/17 非日常の日々 | トップページ | 11/23 女声三部合唱によるMessiah »