« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

12/31 迎春準備 その2

昨日から息子一家が帰って来ています。

大鍋にお出汁を取り、お煮染めの準備を始めました。

京にんじんを梅の花の型で抜くのは孫娘の仕事

Img_6255

れんこんを花型に切るのは嫁と娘の競演です。

 Img_6257  Img_6258

3人に手伝ってもらってお煮染めが出来上がり、お雑煮の準備が出来ました。

その後、色紙でお面を作ったり、ピアノを弾いて遊んだり、楽しい時間が過ぎていきます。穏やかな大晦日の午後になりました。

 Img_6246  Ts3u0416_2    

大震災や水害など多くの困難に見舞われた2011年が暮れようとしています。

東京スカイツリーは21:00~25:00、ライトアップされました。

Rimg0011   

| | コメント (0)
|

12/30 迎春準備

玄関のお花は、友人からお庭に咲いた水仙と千両を頂きました。

Img_6216

まず、栗きんとんができました。さつまいもは鳴門金時、栗は秋に実家の庭で拾ってきたものを甘煮にしておいたものです。

 Img_6212  Img_6214

夏に草津温泉で買って来た花豆も煮ました。

Img_6219

田作りと昆布巻きはCOOPから届きました。

昨夜から戻しておいた椎茸と高野豆腐が煮上がりました。

 Img_6227 Img_6225

黒豆は圧力鍋で煮て、シロップ漬けにします。 

Img_6231

鯛の昆布締めもできました。お刺身の鯛に塩をし、酢洗いをして、日本酒をふりかけた昆布で巻き、ラップできつく包みます。

Img_6232

 Img_6238  Img_6240

海老の鬼殻焼きと、数の子を塩出しして漬けました。

Img_6280

鶏ロールです。もも肉をグルグル巻いてタコ糸で縛り、みりん、醤油。日本酒で煮ました。

 Img_6244_2  Img_6245

春に天上の人となったK子おば様を偲んで、教えて頂いた蕪とサーモンの酢漬けを作ってみました。しょうが、ゆず、細切り塩昆布がふりかけてあります。

紅白の水引きなますもできました。

今日はここまで。明日はお煮染めとお雑煮の準備をしてお終いです。

悪寒がし、頭が痛くなって来ました。ダウンする前に今夜は早寝しましょう! 

| | コメント (0)
|

12/25 Merry Christmas !

「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」ルカⅡ14

Img_6196

今年はクリスマス・イヴ讃美礼拝が24日(土)、クリスマス礼拝が25日(日)と続いています。

雪が舞う中、京都岩倉まで行って来ました。ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、空は冴え渡り、星が輝いています。

娘は奏楽、母は聖歌隊で歌いました。イヴ礼拝ではこども聖歌隊が可愛い歌声で讃美します。

聖書朗読と讃美歌奉唱によって、救い主イエスご降誕の次第が語られ、最後に「きよし この夜 星はひかり すくいのみ子は まぶねの中に ねむりたもう いとやすく」と、喜びを讃美しました。

イヴ礼拝では「孤独の底に」、降誕日礼拝では「暗闇の中の光」、その日の夕礼拝では「感謝の日」と題したメッセージを頂きました。

Img_6209_2

このクリスマスシーズンに頂いたクリスマスカードです。

| | コメント (0)
|

12/21 クリスマスプレゼント

ディズニーのクリスマスパスタです。 ディズニーのキャラクターの他ツリー、サンタクロース、靴下の形をしたショートパスタ 、ドレッシングで和えてサラダにしました。

 Img_6183_2  Img_6192_2

Img_6190

シュトーレン、サンタクロースに包まれたおかき、可愛い缶に入ったクッキー、私はお茶を入れただけ、今日は甘い香りのメープルティーです。

そして、お菓子の先生をしている友人からもプレゼントが届きました。

Img_6194_2

塩ロール、クランベリーとフルーツミックスキャラメル風味のフルーツケーキ、フィナンシェ、ガレット、ジンジャー風味のクッキー・・・。

寒い日々ですが、心が温まります。

| | コメント (0)
|

12/18 マリアの讃歌

07_12_23アドヴェントクランツに4本目の火が灯されるこの日、

バッハのクリスマス音楽を聴いてきました。

♪「マニフィカト」ニ長調 BWV243

♪「クリスマス・オラトリオ」 BWV248

指揮:大島博 S:星川美保子 A:中巻寛子 T:大島博 B:浦野智行 管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル 合唱:宗研合唱団

この合唱団は1947年に創立され、バッハを中心としたドイツプロテスタント教会音楽を歌い続けています。

マニフィカトはルカによる福音書Ⅰ46~55を歌います。身ごもったマリアが「私の魂は主をあがめ、私の霊は救い主である神を讃えます。」とティンパニやトランペットの華やかな音と歌われます。

「クリスマス・オラトリオ」は初演の第一部(12月25日)「歓呼せよ、喜び踊れ、さあ、この日を讃えよ!」第二部(12月26日)「野宿していた羊飼いたちに天使が現れ、救い主の誕生を告げる。」第三部(12月27日)「羊飼いたちがベツレヘムへ拝みに行く。」の部分が演奏されました。

ソプラノとアルトのソリストは、クリスマスを象徴する赤と緑のドレスでした。

| | コメント (0)
|

12/17 土曜日のブランチ

東京の最低気温は2.8度、澄み切った真っ青な空、冬晴れの寒い朝になりました。室内は明るい陽射しに暖かさを感じられます。

朝食のパンが足りなかったので、ホットケーキミックスでカップケーキを作りました。

Img_6176

バナナ1本をフォークでつぶし、卵、バター、砂糖、牛乳、粉を入れて混ぜ合わせ、紙カップに入れてオーヴンで焼きます。

お茶は身体が温まるチャイティーにしました。

| | コメント (0)
|

12/16 目標300名

日本列島、冷え切っています。各地で初雪、積雪・・・、気象情報の画面には雪だるまマークが並びました

篭って、PCに向かい「おとのきずな」の事務作業を進めています。

東日本大震災復興支援チャリティーコンサートSing in Messiahの参加チケットが出来ました。

Sing_in_messiah_2

あの日から1周年になる3月11日を挟んだ4日と18日の日曜日、上野公園にある旧東京音楽学校奏楽堂でメサイアを歌う企画です。

目標は300名、現在の参加申込み者は183名になりました。

| | コメント (0)
|

12/04 待降節

先週の日曜日から待降節(アドヴェント)に入り、教会ではアドベントクランツの2本目に火が灯されました。24日(土)にクリスマス・イヴ礼拝、25日(日)にクリスマス礼拝が守られます。

主イエス・キリストの誕生を待つ4週間、クリスマスの飾り付けをしたり、友人知人とクリスマスカードの交換したりします。

Img_6166

我が家も1週間遅れで、クリスマスツリーやリース、アドヴェントカレンダーを出して飾りました。

この日、晴海トリトンスクエア第一生命ホールでの東京オラトリエンコールの演奏会を聴いてきました。何回もライプツィッヒに演奏旅行をしている合唱団です。2014年の夏には、バッハゆかりの聖トーマス教会でロ短調ミサ(J.S.バッハ)を演奏するそうです。

指揮:岡本俊久 S:三宅理恵 A:山口清子 T:中嶋克彦 B:原田圭 オルガン:小林英之 管弦楽:アンサンブル・アルス・ノヴァ

♪D.ブクステフーデ:マニフィカート アニマメア BuxWV Anh1

♪M.シャルパンティエ:真夜中のミサ H9

♪W.A.モーツアルト:ミサ ハ短調 KV427

ホールのロビーにもクリスマスイルミネーションが輝いていました。

 Img_6162_2 Img_6160   

| | コメント (0)
|

12/02 紅玉ジャム

12月に入って、真冬の冷え込みになりました。

暖房はエアコンとホットカーペットなど電気器具しかない我が家では、節電のため、靴下3枚履き、ヒートテックにフリース・・・、重ね着しています。

家の中が暖かくなるかと思って、青森産の紅玉8個1.5㎏を煮ました。

12_02

八分の一に割って薄くいちょう切りにし、半量のお砂糖とレモン汁、りんごの皮の赤い部分も入れて、アクを取りながら煮詰めます。

12_022

ほんのり紅色に染まった紅玉ジャムが出来上がり、甘酸っぱい香りが部屋いっぱいに広がりました。

今シーズン2回目の紅玉ジャムです。11月初めに煮た分は全部売れてしまいました。煮ている間に友人知人の顔が浮かび、差し上げたくなってしまいます。

娘が小学生だった頃、刻んだりんごをつまみ食いしていましたが、今では出来上がったのを舐めて、辛口批評をするようになりました。

この寒さでは、夕食に豚汁でも作りましょうか?

| | コメント (2)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »