« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

1/21 土曜日のブランチ その2

出掛ける予定のない土曜日、朝から遊んでみました。

再びカップケーキ、実はまだ冷蔵庫に隠れていた黒豆のシロップ漬け、昨日作った金柑の甘煮、チョコチップをのせた三種です。

Img_6344

家に居る時は、おとのきずな事務局の電話番やメールチェックもしています。

3月4日と18日に予定している東日本大震災復興支援チャリティーコンサートSing in Messiahの参加者が、目標の300名目前となりました。

| | コメント (0)
|

1/20 初雪

35日間続けて出ていた乾燥注意報が解除になり、今朝の東京はみぞれ混じりの雪が降っています。

正午の気温は1.9度、風も強く、厳しい冷え込みになりました。

Img_6331_2

ビタミンCたっぷり、風邪の予防に効果的、免疫力を高める金柑の甘煮を作りました。

放射状に切り目を入れて茹でこぼし、種を押し出して、半量のお砂糖と水少々を加えて煮詰めます。

可愛いお花の形に出来上がりました。

Img_6340_2

そのままお茶うけに・・・、トーストにのせても美味しく頂けます。

インフルエンザが流行り出しました。

| | コメント (0)
|

1/15 メモリアルコンサート

小正月の今日、北村協一メモリアルコンサートを聴いてきました。

Img218

関西学院、上智大学、同志社、立教大学、東西のキリスト教系大学男声合唱団OBの競演です。

各々、2006年3月に召された合唱指揮者北村先生の指導を受けました。

♪関西学院:Spirituals<Roll,Jordan,Roll!>< I got Shoes>< Little Innocent Lamb><My Lord, What a Mornin' >

♪上智大学:多田武彦作品集 或る誕生(作詩:堀口大學) 梨の花とお寺の奥さん(作詩:田中冬二) 老雪(作詩:堀口大學) 遠き山見ゆ(作詩:三好達治)

♪同志社:男声合唱組曲「水のいのち」から雨、海、海よ(作詞:高野喜久雄 作曲:髙田三郎)

♪立教大学:Nänie(哀悼歌)Op.82(作詞:F.シラー、作曲:J.ブラームス、編曲:北村協一)

合同演奏は北村協一先生の遺言によるMesse Solennelle~荘厳ミサ~ 作曲:A.デュオーパ

そして、アンコールは「遥かな友に」を客席にいる私達とともに歌いました。

男声合唱を堪能したコンサートです。

この日、我が家のお正月飾りを片付けて、このブログのテンプレートもお正月飾りから着替えました。

| | コメント (0)
|

1/09 カラッカラ! 冬晴れ その2

大根のハリハリ漬けを作りました。

大根の皮をむいて、5㎜厚さのイチョウに切り、干します。

Img_6322

乾燥注意報が出ている中、よく乾きました。ところが、風が強くてザルごと吹き飛ばされ、ベランダに散乱した上、三分の一ほどが飛んでいってしまいました。

従姉に教えてもらったしょう油、酢、砂糖、しょうが、梅干しを煮立てたタレに漬け込み、出来上がりです。大根を引き上げた後のタレで青魚を煮るとおいしいとか・・・。

Img_6327

暮からの風邪が長引いています。スッキリしません。

| | コメント (0)
|

1/07 カラッカラ! 冬晴れ

寒に入り、日本列島凍えています。

気象情報の画面では、日本海側に雪だるまが多く並ぶようになりました。

新年明けてから、東京も湿度30%以下、最高気温10度以下のカラカラ冬晴れの寒い日が続いています。

空気が澄み渡り、遠くまで見渡せるこの時期、小さく見える朝と夕方の富士山を撮って見ました。

Img_6325  Img_6326

| | コメント (0)
|

1/03 お節のリメーク

今朝は鶏肉、大根、京にんじん、三つ葉のお澄まし雑煮です。

Img_6303

お煮しめ(里いも、れんこん、ごぼう、たけのこ、にんじん、絹さや)を天ぷらにしました。味が付いているので、そのまま食べられます。Img_6292

鶏ロールの煮こごりになった煮汁は脂をすくい取って、手綱こんにゃく、京にんじん、三浦大根を煮ました。

Img_6315

かまぼこ、えび、しいたけは、鶏肉も入れて茶碗蒸しに、鯛の昆布じめ、数の子、しいたけ、高野豆腐、酢ばすはイクラを飾ってちらし寿司になります。

Img_6308

残り物がおいしく生まれ変わりました。

今日3日でお正月はお終い、明日から普通の日々が続きます。

| | コメント (2)
|

1/01 謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

Img_6272

元旦礼拝では牧師先生によって「収穫は多い」と題した説教がなされました。

イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」(マタイⅨ35~38)

大晦日に孫娘、嫁、娘に手伝ってもらって用意したお節を並べて、お祝いしました。

 Rimg0023_2  Img_6289

祝い三品(数の子、ごまめ、黒豆) 口取り(紅白かまぼこ、伊達巻、だし巻き卵、海老の鬼殻焼き、鶏ロール、鯖の生酢し、鯛の昆布じめ、水引きなます、サーモンと蕪の酢漬け、花豆煮、栗きんとん) お煮しめ(昆布巻き、しいたけ、高野豆腐、手綱こんにゃく、京にんじん、ごぼう、たけのこ、里いも、れんこん、手毬麩)と、お雑煮は白味噌仕立てです。

平和な世の中でありますように、健康で楽しい日々を過ごせますようにと願っています。

| | コメント (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »