« 7/13 ランチタイムコンサート | トップページ | 7/15 コンチキチン! »

7/15 2つのレクイエム

Requiemkakeru×Requiemkakeruと名付けられたコンサート、京都コンサートホールでのG.U.フォーレ(1845-1924)とM.デュリュフレ(1902-1986)のレクイエムの演奏を聴きました。

Img_7178

指揮:小玉晃 ソプラノ:上野洋子(G.U.フォーレ) メゾソプラノ:小川明子(M.デュリュフレ) バリトン:井原秀人 合唱:LA FENICE

この合唱団はアマチュアながらオーケストラと共演する大曲に取り組んでいます。前回の演奏会はMAGNIFICAT×MAGNIFICATというプログラムだったとか・・・。

今回はフランスの2人の作曲家、フォーレとデュリュフレのレクイエム、どちらも歌ったことがあります。レクイエムは死者のための祈りの曲、どちらもとても美しい旋律、中でもPie Jesuは心に染み入りました。特にフォーレのレクイエムはよく知られています。

小川明子さんの関係で聴きに出かけたコンサートですが、プログラムの合唱団メンバーの中に2人の知人の名前を見つけました。

|
|

« 7/13 ランチタイムコンサート | トップページ | 7/15 コンチキチン! »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/13 ランチタイムコンサート | トップページ | 7/15 コンチキチン! »