« 7/28 アルトリサイタル | トップページ | 8/03 夏のジャム »

7/30 オルガンエンターテインメント5

~パイプオルガンで綴る、古今東西の名曲集~と銘打っての山口綾規さんのオルガンリサイタルです。

アメリカ生まれのルーシーという愛称で呼ばれている横浜みなとみらいホールのパイプオルガンを使って、オルガンの名曲を始めとしてジャズ、映画音楽などを聴かせて頂きました。

Img_5928

♪R.ワーグナー(1813-1883):ワルキューレの騎行(映画『地獄の黙示録』より)

♪J.ウィリアムス(1932-):『ハリー・ポッター』より

♪C.フランク(1822-1890):前奏曲 フーガと変奏曲Op18

♪J.S.バッハ(1685-1750):トッカータとフーガニ短調BWV565(ディズニー映画『ファンタジア』より

♪J.ガーランド(1903-1977):イン・ザ・ムード

♪ハロルド・ロイド(1893-1971)主演『アスク・ファーザー』(1919年アメリカ映画)

無声映画をステージ上のスクリーンに映して、バックの音楽をオルガンで。

♪F.リスト(1811-1886):ハンガリー狂詩曲 第2番

ピアノ曲として有名ですが、それをパイプオルガンで。

プログラムは演奏者自身による解説とともに進められます。

このホールのパイプオルガンはステージの上部にあり、演奏者は客席に背中を向けて演奏しますが、ステージ上のスクリーンに3段の鍵盤での手の動き、足鍵盤での足の動きなどが映し出され、演奏の様子を見ることが出来ます。

アンコールには「ウエストミンスター寺院の鐘」と「ヘイ・ジュード」を、いかにも楽しげに演奏されました。

開けると、オルガンが飛び出してくる凝った作りのプログラム、このオルガンは絵葉書になっています。

Img_7300

|
|

« 7/28 アルトリサイタル | トップページ | 8/03 夏のジャム »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/28 アルトリサイタル | トップページ | 8/03 夏のジャム »