« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

9/21 第16回 英国歌曲展

辻裕久さんのテノールリサイタルです。

夫人のなかにしあかねさんの優しいピアノと解説とともにプログラムが進められました。

あまり聴く機会のないイギリス歌曲ばかりを集めたコンサートです。

Img_7422

♪H.パリー(1848-1918):泣くな 悲しみの泉よ 哀歌

♪G.ホルスト(1874-1934):子守唄 平穏 泣くな 悲しみの泉よ

♪R.ウィリアムズ(1872-1985):オルフェウスと竪琴 リンデン・リー

♪R.クィルター(1877-1953):「7つのエリザベス朝の叙情歌」より 泣くな 悲しみの泉よ 小麦色の君 不実な羊飼いの娘

♪R.クィルター編曲:「アーノルド・ブックの古い歌(イギリス民謡集)」より ただ あなたの瞳からのグリーン・スリーブス 陽気な粉ひき

♪I.ガーニー(1890-1937):「5つのエリザベス朝の歌」Ⅰオルフェウス Ⅱ涙 Ⅲ緑の木陰で Ⅳ眠り Ⅴ春

♪Gブッシュ(1920-1998):「不可思議の歌」Ⅰ来ました 陽気な求婚者 Ⅱポロ-・ピリコット Ⅲ不思議中の不思議 Ⅳオールド・エイブラム・ブラウン Ⅴ小さなナッツの木

アンコールは「春の日の花と輝く」と「ホーム・スィートホーム」

今回のテーマ「Weep you no more~もう泣かないで」を4人の違った作曲家で歌われました。

やわらかいテノールに寄り添った優しいピアノ、楽しいトーク、毎年のコンサートを楽しみにしている常連の人たちに囲まれ、お人柄のあらわれる温かいコンサートでした。

| | コメント (0)
|

9/21 同志社講座2012 春学期

ハンサムカップル「新島襄と八重」春学期最終回、「襄と八重の巡り合い」です。

Ⅰ会津・米沢時代(1845~1871)

会津藩士、砲術師範の山本家に生まれる。父は権八、母は佐久、兄覚馬の影響を強く受けて育ちます。

兄覚馬は江戸、長崎で佐久間象山、勝海舟、武田斐三郎らと洋学を学び、会津藩校日新館教授になりました。江戸で砲術と洋学を勉強中の川崎尚之助(但馬出石藩士)を日新館教授に招き、会津の山本家に下宿させます。後に八重の最初の夫になりました。覚馬は会津藩主松平容保の京都守護職就任に伴い入洛し、戊辰戦争(蛤門の変、鳥羽伏見の戦い)を指揮して敗れ、薩摩藩邸(現 同志社今出川校地)に幽囚されました。幽囚中に「管見」(建白書)をまとめ、その内容の国際性、開明性が認められて、新政府の京都府顧問に就任します。

八重は戊辰戦争では会津城に篭って戦いました(会津のジャンヌ・ダルク)が、父と弟は戦死、敗者となり川崎尚之助と離縁して、母、伯母、姪と米沢の内藤新一郎のもとで避難生活を送ります。その後、京都府顧問になった兄覚馬を頼って京都へ向かいます。

Ⅱ京都時代((1871~1890)

京都では、兄の勧めでキリスト教と英語を学びます。日本で初めて公立の女子教育を始めた女紅場(現 府立鴨沂高校)の舎監になりました。

その頃、新島襄は大阪川口で英学校開設の準備を始めますがうまく行かず、博覧会見物に京都へやって来ます。宣教師ゴードンの家に滞在中、八重と出会い、その後、八重は襄から聖書を学びます。10月15日に婚約、11月29日同志社開校、翌1876年1月2日受洗(京都で初めてのプロテスタント信者誕生)、1月3日結婚(京都で初めてのプロテスタント式結婚式)、校長夫人、牧師夫人となりました。

| | コメント (0)
|

9/12 追いトマト

追いがつおならぬ追いトマトです。

肉じゃがにトマトを入れました。普通に味付けして仕上げにざく切りしたトマトを入れます。

09_05

煮崩れるまでコトコト煮ると、見たところいつもの肉じゃがが出来上がりました。

09_052

ところで、肉じゃがは牛肉派?豚肉派?我が家は牛肉ですが・・・。

ミートソースにも追いトマトをしてみました。こくが出て味に深みが出ます。

雨の少ない利根川水域では取水制限が始まりました。今朝から区の広報車が節水を呼びかけています。

朝夕、少々凌ぎやすくなり、富士山には初冠雪、季節は秋に向かっています。

| | コメント (4)
|

9/09 Sing in Messiah 2013

東日本大震災発災から1年半が経とうとしています。

復興支援チャリティーコンサート第2回Sing in Messiahのチラシが出来上がりました。

東日本大震災で被災された方々に「音楽を通じて自分のすぐ隣に寄り添う人の心があること感じ、復興に向けた希望の光を見出して頂きたい」との想いから、2011年4月13日に有志で立ち上げた、おとのきずな実行委員会の主催です。

Img060

前回、ご出演頂いた指揮者、ソリストの方々もこのような企画をお楽しみ頂けたようで、今回も快くお引受け下さいました。

2013年2月17日(日)と3月3日(日)の本番に向けて準備を進めていきます。

今回も多くの方々に参加して頂きたいと願っています。

収益金は福島県に義捐金として寄付致します。

| | コメント (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »