« 1/01 2012⇒2013 | トップページ | 1/01 お正月パーティー »

1/01 謹賀新年

Img_0471

元旦礼拝では、牧師先生によって閉塞感漂うこの世に「何に希望をおくか」と題した力強いメッセージが語られました。

「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗ってくるのを、人々は見る。そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」(マルコ12 24-27)

「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」(マルコ12 28-31)

|
|

« 1/01 2012⇒2013 | トップページ | 1/01 お正月パーティー »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/01 2012⇒2013 | トップページ | 1/01 お正月パーティー »