« 2/09 早春の香り その2 | トップページ | 2/17 Sing in Messiah 第一夜 »

2/10 グリーOBコンサート

同志社グリークラブOB達のコンサート、東京と大阪のクローバー・クラブと若手の同志社グリークラブOBシンガーズ(DOBS)、男声合唱の競演です。

Img_0584

「詩篇102 みゆるしあらずば」「Hail our Glee Club」でスタートしました。

Ⅰシューベルト男声合唱曲集:東京クローバークラブ アルト:小川明子 ピアノ:谷あや

♪Dessen Fahne Donnerstürme Wallte,D58(嵐にひるがえる旗) ♪Liebe,D983a(愛) ♪Sehnsucht,D656(あこがれ) ♪Ständchen,D920a(セレナーデ) ♪Der 23,Psalm,D706(詩篇23) ♪ステージアンコール:アヴェマリア

ⅡBarbershop Harmony:大阪クローバークラブ

♪welcome Song ♪Let Me Call You Sweetheart ♪Love's Old  sweet Song ♪I've Been Workin' on the Railroad ♪Irich Blessing ♪Swing Down,Chariot ♪Auld Lang Syne

ⅢArbor Mundi(世界樹) <詩・曲:佐藤賢太郎>:同志社OBシンガーズ

♪Expergisci(目覚め) ♪Strpitus(白いざわめき) ♪Hasta Fulminea(光の槍)  ♪Carmen Imbris(雨の歌) ♪Sensus(思い) ♪Carmen Arboris Mundi(世界樹の歌)

最後は昭和28年卒から平成15年卒までの老若100名を超えての合同ステージ

♪Locus Iste:A.ブルックナー(1824-1896)1983年第1回ヨーロッパ演奏旅行で訪れたスイス・オーストリア・ハンガリーの各地の教会で演奏。 ♪希望の島:アメリカの讃美歌、100年歌い継がれています。 ♪You'll Never Walk Alone:ブロードウェイミュージカル回転木馬の1曲、毎年の卒団生のためのFerewell Concertで歌われています。 ♪おてもやん:熊本民謡 1974年世界大学合唱祭に参加した時からのオハコ。 ♪花火:多田武彦 1957年同志社グリークラブ委嘱曲「雪と花火」の終曲。

指揮は歴代の学生指揮者、各団のライバル意識も見えつつ、合同ステージは和気和気あいあいと楽しく、これぞ男声合唱という演奏です。

さらに、アンコール3曲(赤とんぼ 詩篇98 Doshisha College Song)、3時間に及ぶステージと客席が共に楽しんだコンサートでした。

|
|

« 2/09 早春の香り その2 | トップページ | 2/17 Sing in Messiah 第一夜 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/09 早春の香り その2 | トップページ | 2/17 Sing in Messiah 第一夜 »