« 2/24 第35回記念定期演奏会 | トップページ | 3/06 6周年 »

3/03 Sing in Messiah 第二夜

2月17日に引続き、おとのきずな 東日本大震災復興支援チャリティーコンサートSing in Messiah第二夜です。

___1_2 

まず、指揮者によって合唱練習が始まりました。丁寧な練習に時間オーバーしてヒヤヒヤしましたが、参加者には好評だったようです。

2

休憩中に、ステージはピアノを片付けてオケ仕様になり、指揮者とソプラノ、アルト、テノール、バスのソリスト、管弦楽のメンバーが登場、東日本大震災被災者の方々に黙祷を捧げて、いよいよ本番が始まりました。

 3_2  4 

指揮者は合唱曲では客席側に、独唱曲ではステージ側に譜面台を回転させて指揮をされます。

ソリストの方々もオケの人たちもぶっつけ本番、アルトとテノールの二重唱もリハーサルなしです。

 Image056  Image028

出演を快諾して下さった指揮の八尋和美先生、ソプラノ江田雅子さん、アルト小川明子さん、テノール辻裕久さん、バス田代和久さん、チェンバロ宮崎賀乃子さん、東京バッハ・カンタータ・アンサンブルの皆様と300名に届く参加者、そしてステージや受付の準備と後片付けを手伝って下さった方々、皆様のご協力を得てすばらしい演奏会になりました。

Image012

「楽しかった!」「来年もぜひこのような機会を作って下さい!」と満ち足りたお顔で帰って行かれる参加者、「次回も協力しますよ!」とのソリストやオケの皆様からの声を頂いて、疲れも吹っ飛び、感無量です。

Image002_2

チラシやおとのきずなHPを見て応募、福岡、岡山、山形、愛知、首都圏近辺の東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、静岡からご参加下さいました。メサイア愛好者がこんなに多いとは驚きです。

この時、この場に集った合唱メンバーが指揮者の指先を見つめて声を合わせ、会場いっぱいに歌声が響き渡りました。

多くの方々にご参加頂いたお陰で、福島県への義捐金も生み出すことが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

由緒ある旧東京音楽学校奏楽堂、日本最古の木造洋式音楽ホールですが、この3月末で老朽、耐震の調査に入るため閉館になります。おとのきずなSing in Messiahも次回は他の会場を探さなければなりません。

|
|

« 2/24 第35回記念定期演奏会 | トップページ | 3/06 6周年 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/24 第35回記念定期演奏会 | トップページ | 3/06 6周年 »