« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

5/29 甘夏ママレード

今日、関東地方も平年より10日も早く梅雨に入りました。しばらく鬱陶しい日々が続きますね・・・。

広島県瀬戸田産の甘夏1.5㎏でママレードを作りました。

皮を刻んで、実をほぐし・・・、刻んだ皮を3回ゆでこぼして、お砂糖とほぐした実を加え、アクを取りながら煮詰めて、色美しく、香りよく出来上がりました。半日仕事です。

05_29

| | コメント (0)
|

5/26 お歌の発表会

歌の翼をかりて行かな 幸にあふるる夢の国へ 陽のさす園に花は香り 見わたす池に蓮におう

懐かしきかな夢の国や いそぎて行かな清き園へ かわゆきスミレわれを招き そよぐ風さえ友を呼べり

いざわが友よ たちて行かん うるわしの夢 果てぬ国へ

H.ハイネの詩を津川主一が訳したもの、F.メンデルスゾーンの美しい歌曲です。

地の深い所は主の御手にあり、山々の頂きもまた主のものである。 さあ、われらは拝み、ひれ伏し、われらの造り主のみ前にひざまずこう。

同じくF.メンデルスゾーンのAus Psalm(詩篇95)Op.46です。 

「歌の翼」は娘のピアノでソロ、「詩篇95」は娘のオルガンとピアノの伴奏で友人と二重唱をしました。

1年間練習に励んでの発表会です。ステージに立つのは合唱の演奏会が多く、指揮を見ずに1人で歌うのは心細く、緊張します。が、終わってみると、来年は何を歌おうかな?と考えていたりします。

Img_4334

いつもの散歩道で、山桜の木に赤い実を見つけました。

| | コメント (0)
|

5/25 Early Summer Concert

おとのきずなSing in Messiahに多くのメンバーが参加して下さっている東洋英和女学院OGによるコンサートです。

今回から指揮者が代わり、それとともにソリスト達も若返りました。

演奏は指揮:田崎瑞博 ソプラノ:星川美保子 アルト:志田理早 テノール:鏡貴之 バス:松平敬 管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブルの皆様です。

チェリストでもある指揮の田崎さんによる編曲で、思い入れの感じられる凝ったプログラムです。 

♪B.リングヴァルト(1532-1600):コラール<主イエス・キリスト至高の宝よ>

♪J.S.バッハ(1685-1750):カンタータ113番

♪J.S.バッハ:カンタータ131番<深き淵より、主よ、私はあなたに呼びかけます>第1曲~第5曲

♪J.S.バッハ:カンタータ147番<心と口と行いと生き方が>第1曲~第10曲

Img_3184

先日、天上の人となった先輩もこの合唱団の温かいサポーターでした。「今日、聴いて頂けなかったのが残念です。」とメンバーが話していらっしゃいました。

東洋英和女学院礼拝堂での演奏会、我が母校と似た雰囲気に懐かしさを憶えます。

| | コメント (0)
|

5/19 突然のお別れ

Img_6594_3お世話になった先輩が、一昨日未明に天上の人となられました。

グリークラブとそのOB合唱団クローバークラブで夫の先輩、奥様は中高・大の聖歌隊で私の先輩です。

ご家族のお話しでは、16日夕刻入浴後に気分が悪くなって緊急入院、脳出血のため8時間後に76歳の生涯を終えて、御許に召されたということです。

2002年7月、その前年11月同志社メサイア<東京>で歌った仲間が、その指揮をして下さった八尋先生のご指導で歌い続けたいと、小さな合唱団を立ち上げました。

大きな存在、頼もしい代表でした。優しい笑顔で・・・、時には厳しいお言葉もあり・・・、決してブレない誠実なお人柄に、メンバーは厚い信頼を寄せていました。まだまだ、ご一緒に歌い続けたかったと、急なお別れにそれが叶わない事を残念に思います。

細々と続けてきた合唱活動ですが、我らが御大を天国にお見送りし、これからどう続けていけば良いのか?行方を不安に思っています。

毎年の女声合唱の演奏会にも足を運んで下さり、温かい励ましのコメントを下さいました。今年は6月29日です。全員合唱でのご協力をお願いしますよ!

今日の告別式では、学生時代から続けてこられた男声合唱グリークラブの同期生とクローバークラブの仲間が「Requiem Aeternam」と送別のうた「春の調べ」を奉唱し、校歌Doshisha College Songを歌ってお見送りしました。

05_19

告別式に参列してもまだ地上でのお別れが信じられませんが、生前のお姿とお声を偲び、感謝をこめて、ご冥福をお祈りしています。

| | コメント (0)
|

5/12 ジョイントコンサート<東京公演>

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート第2回高橋啓三・小川明子ジョイントコンサート東京公演、おとのきずな実行委員会主催の第5回事業です。

Img094

由緒ある上野の東京文化会館小ホールで、格調高いプログラムです。

第1ステージ(バス:高橋啓三 ピアノ:渡辺知子)J.ブラームスの歌曲

♪Die Mainacht(五月の夜) ♪Sonntag(日曜日) ♪Nicht mehr zu dir gehen(もう君のところへは行くまいと) ♪Ständchen(セレナーデ ♪Auf dem Kirchhof(教会墓地にて)

第2ステージ(アルト:小川明子 ピアノ:二宮万莉)

♪R.シューマン「Frauenlisbe und Leben」(女の愛と生涯 全8曲

第3ステージ(アルト:小川明子 ピアノ:二宮万莉)瀧廉太郎 組歌「四季」

♪春 ♪納涼 ♪月 ♪雪

第4ステージ(バス:高橋啓三 ピアノ:渡辺知子)F.シューベルト

「Schwanengesang」(白鳥の歌)より3曲とほか2曲 

♪Liebesbotschaft(愛の使い)♪Ständchen(セレナーデ) ♪Der Doppelgänger(影法師) ♪Erlkönig(魔王) ♪In Abendrot(夕映えに

アンコールは♪F.シューベルト:An die Musik(楽に寄す) ♪瀧廉太郎:荒城の月 の2曲、心にしみ入る歌声に涙している人も見られました。

終演後、ロビーで演奏者との歓談の時、感動を伝えたくて列をなして待っていて下さっています。

05_12

4/12熊谷公演と今日の東京公演を成功裡に終えることができて、福島の人たちには、6/15福島公演を余裕を持ってプレゼントできることになりました。

おとのきずなの活動に、ご協力をありがとうございます。

| | コメント (0)
|

5/12 母の日

母の日、日付が変わってすぐに娘が贈ってくれたカードです。

05_12

そして、息子たちからはカーネーションの花束が送られてきました。

05_12_2

ありがとう!

母は元気に忙しく暮らしています。この日も「おとのきずな」高橋啓三・小川明子ジョイントコンサート東京公演があり、朝から上野の東京文化会館小ホールで立ち働いていました。

| | コメント (0)
|

5/10 新鮮たまご

宮崎県都城で育っためんどりが産んだ新鮮なたまごを頂きました。

05_10

鶏たちにストレスをかけないように地面に平飼いし、毎日牧草や野菜類をいっぱい食べて、のびのび育っためんどりが産んだ大地の恵みを味わえる卵です。

まずは、卵かけご飯で頂いて、そして、我が定番のカスタードクリームを作りました。

  05_10  05_10_4

 

次はこの美味しい卵で、おなじみの卵焼きにオムレツ・・・、何を作りましょうか?

| | コメント (0)
|

5/05 風薫る五月

今日は立夏、端午の節句、こどもの日、ようやく五月らしい快適な陽気になりました。

鮮やかな新緑に誘われて、お散歩したくなります。

 04_01

桜のトンネルが1ヶ月経って、緑のトンネルに変わりました。

05_03

女声と混声の合唱練習はカレンダー通り、6月末に控えた女声合唱演奏会のチケット印刷やプログラムの原稿作りをして過ごすGWです。

| | コメント (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »