« 6/14 いざ、出発! | トップページ | 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 »

6/15 市内観光とバレエ鑑賞

朝のウィーン市立公園を散策します。(昼食までは日本語ガイドと一緒です。)

        Img_0277  Img_0278  Img_0281

中心部にあるシュテファン寺院を見学、オーストリアはカトリックの国、ミサの最中でした。

  Img_0261  Img_0265  Img_0290  Img_0288

ハプスブルク家の居城ホーフブルク(王宮)と、夏の離宮シェーンブルン宮殿です。

          Img_0304  Img_0311

シェーンブルン宮殿の外壁はマリア・テレジアが好んだといわれる黄金に近い黄色、その内部は白い壁に金箔を装飾、クリスタルガラスのシャンデリア、陶磁器製のタイルで作られた暖房用ストーヴ、ローズウッドの寄木の壁、インドやペルシャ製の絨毯、中国や日本の影響も受けた黒漆や紫檀の壁、豪華絢爛な部屋が1441室、そのうち45室が公開されています。

庭園には菩提樹の迷路や薔薇のトンネル、シュテファン寺院の塔やウィーンの森を見渡すことができます。

      Img_0306  Img_0318  Img_0326

この日の昼食のデザートは、ザッハートルテとアプフェルシュトゥルーデル(薄いパイ皮のアップルパイ)、メランジュ(泡立てたミルク入りコーヒー)でした。ケーキには甘みのないホイップクリームが添えられています。

Img_0343

夕方から 、国立オペラ座で上演されているバレエ「ドン・キホーテ」を観ました。

      Img_0352  Img_0370  Img_0371

田舎貴族のドン・キホーテは、ロマンチックな騎士物語を読みふけって、自分を正義の騎士だと思い込み、物語のヒロインであるドゥルネシア姫の面影を胸に抱いて、サンチョ・パンサという農民を従士に、悪を懲らし困っている者を助ける世界制覇の旅に出発します。

      Img_0362_2   Img_0366  Img_0385   

R.シュトラウス(1864-1949)交響詩「ドン・キホーテ」Op.35

|
|

« 6/14 いざ、出発! | トップページ | 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/14 いざ、出発! | トップページ | 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 »