« 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 | トップページ | 6/18 ボーデン湖クルーズとシューベルティアーデ 2 »

6/17 シュヴァルツェンベルクへ、シューベルティアーデ 1

3泊したウィーンを後に、ウィーン空港からプロペラ機に乗ってインスブルックへ、

Img_0509_2

眼下には雪が残ったアルプスの山々と美しい家並みが見えています。小さな町にも教会があります。

        Img_0513  Img_0515  Img_0518

約1時間でインスブルックに到着、さらに、バスに揺られて1時間半でシュヴァルツェンベルク近郊ショペルナウのホテルに着きました。

              Img_0540  Img_0541 

夕方からシューベルティアーデ音楽祭へ、シューベルトが親しい友人たちと自作品の演奏を楽しんだ自宅コンサートがシューベルティアーデの始まりです。

木造のアンゲリカ・カウフマンホールは室内楽の演奏に適した最高のホールと言われています。

やわらかく、優しく響く、最初のピアノの音に感激しました。

            Img_0659_3  Img_0530

毎回、ホルンの演奏が開演の合図です。

Img_0665_r1

この日は、ソプラノ(Brenda Rae)、クラリネット(Martin Frö st)、ピアノ(Roland Pö ntinen)の演奏でで、♪C.Debussy(1862-1918):クラリネットとピアノのPremière Rhapsodie ♪E.Chausson(1855-1899)クラリネットとピアノのAndante et Allegro  ♪G.Meyerbeer(1791-1864):ソプラノとクラリネット、ピアノのHirtenlied ♪F.Poulenc(1899-1963):クラリネットとピアノのSonate B-dur ♪F.Schubert(1797-1828):ソプラノとクラリネット、ピアノのIch schleiche bang und still hetum D787/2 ♪J.Brahms(1833-1897):クラリネットとピアノのSonate f-mollOp.120/1 ♪F.Schubert(1797-1828):ソプラノとクラリネット、ピアノのDer Hirt auf dem FelsenD965を聴きます。

クラリネットの超絶技巧に圧倒されました。  

|
|

« 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 | トップページ | 6/18 ボーデン湖クルーズとシューベルティアーデ 2 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

ウィーン、ザルツブルグの記憶は一昔以上前の話になりました。
懐かしい写真、楽しみにしています。

投稿: さえらのすし | 2013年6月28日 (金) 17時20分

さえらのすしさま
昨年のバッハの軌跡を辿る旅、今年のシューベルティアーデ音楽祭を聴くツアー、共に八尋先生の発案でしたが、今回は体調が芳しくなく、ご一緒できなくて残念でした。

投稿: naoco | 2013年6月28日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/16 音楽家ゆかりの地巡りとウィーン交響楽団 | トップページ | 6/18 ボーデン湖クルーズとシューベルティアーデ 2 »