« 10/03 Sing in Messiah 2014 | トップページ | 10/20 21ste Konzert »

10/19 第8回交歓演奏会

八尋和美先生にご指導頂いている合唱団8団体が集まって八声会と名付け、2006年から毎年この時期に交歓演奏会を開催しています。

朝6時半出発、初冠雪の富士山を見ながら久しぶりの東名ドライヴを楽しみました。

10_19

今年の会場は三島市民文化会館、地元の三島グロリア合唱団が幹事団体を務めます。

岡山県の倉敷、京都府の福知山、長野県の佐久、千葉県の習志野、神奈川県の横浜そして東京から馳せ参じた8合唱団は、所在する地域や伝統、性格に違いがあり、同じ指導者といえども演奏曲目など個性が異なります。

振りを付けて恋のフーガ(なかにし礼作詞、すぎやまこういち作曲、信長貴富編曲)とアヴェ・マリア(J.ブラームス)を歌う女声合唱団あり、黒の衣装でモツレク(W.A.モーツアルト:レクイエム)歌う混声合唱があったり、川の流れのように(秋元康作詞、見岳章作曲、信長貴富編曲)とKyrie(A.L.ドヴォルザーク)を歌う混声合唱あり、J.S.バッハばかり歌っている合唱団もあって、20数名の女声合唱から150名の学生混声合唱団まで、老若男女が楽しみました。

恒例になった合同演奏は、8合唱団総勢350名余りが客席の左右後部に分かれて、メンデルスゾーンのHora est(時は今)を演奏、指揮者によると8回目の今回が今までで一番の出来だったとか、お客様からスタンディングオベーションを受けました。

|
|

« 10/03 Sing in Messiah 2014 | トップページ | 10/20 21ste Konzert »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/03 Sing in Messiah 2014 | トップページ | 10/20 21ste Konzert »