« 10/19 第8回交歓演奏会 | トップページ | 10/27 収穫の秋 »

10/20 21ste Konzert

防災速報で午前中に35mm/1hの激しい雨が降るという中、予定通り出かけました。Ensemble14の演奏会です。

プログラムは全てJ.S.バッハ(1685-1750)のカンタータ、♪「私たちのもとに救いが来るのは」BWV9(三位一体の祝日後第6日曜日のためのカンタータ) ♪「頑なで臆病なものが」BWV176(三位一体の祝日のためのカンタータ) ♪「備えなさい、私の霊よ」BWV115(三位一体の祝日後第22日曜日のためのカンタータ) ♪「記憶にとどめていなさい、イエス・キリストを」BWV67(復活祭後第1日曜日のためのカンタータ)でした。

30歳代と40歳代が中心の若い合唱団ですが、実力派揃いでソリストもメンバーの中からオーディションで選出、安定した演奏です。

10_20ensemble14_r1_r1_r1

プログラムの表紙はメンバーの撮影によるドイツ ライプツィヒにある聖トーマス教会前の広場です。J.S.バッハは長らくこの教会のカントールを務め、毎週の礼拝のためにカンタータを作曲し、演奏しました。

歌詞対訳は大きめの字で、1曲づつが見開き2ページに収まっていて、演奏中にページをめくる音もなく、優しいつくりのプログラムでした。

開演前リハーサル中には、このプログラムにSing in Messia 2014のチラシ挟みこみをさせて頂きました。なんとメサイア関係の団体が4団体・・・。

|
|

« 10/19 第8回交歓演奏会 | トップページ | 10/27 収穫の秋 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/19 第8回交歓演奏会 | トップページ | 10/27 収穫の秋 »