« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

10/28 秋の味覚

紅玉が出回っています。りんごジャムを作りました。

10_28

皮をむいてイチョウに切り、半量のお砂糖とレモン汁を混ぜ合わせ、少し置きます。濃い紅色の部分は色付けに取っておきます。

       10_28_2  10_28_3

ほんのり紅色、甘い香りのりんごジャムが出来上がりました。

10_30_2

| | コメント (0)
|

10/27 収穫の秋

台風27号と28号が通りすぎて真っ青な空、ようやく秋晴れになりました。

我が家のベランダに、実家の庭で拾ってきて植えたドングリの木が3本ありますが、強風に吹かれて実が落ちてしまいました。

10_30

この秋の収穫は2本の木から7粒、今年はドングリが不作でクマの餌が不足しているそうです。

今年は10月になってから大きな台風が日本列島付近を通過し、伊豆大島をはじめ各地に大きな被害を出しました。1979年10月24日に生まれた次男、この年の10月も台風が多かった事を思い出します。この日は秋晴れでしたが・・・。

| | コメント (0)
|

10/20 21ste Konzert

防災速報で午前中に35mm/1hの激しい雨が降るという中、予定通り出かけました。Ensemble14の演奏会です。

プログラムは全てJ.S.バッハ(1685-1750)のカンタータ、♪「私たちのもとに救いが来るのは」BWV9(三位一体の祝日後第6日曜日のためのカンタータ) ♪「頑なで臆病なものが」BWV176(三位一体の祝日のためのカンタータ) ♪「備えなさい、私の霊よ」BWV115(三位一体の祝日後第22日曜日のためのカンタータ) ♪「記憶にとどめていなさい、イエス・キリストを」BWV67(復活祭後第1日曜日のためのカンタータ)でした。

30歳代と40歳代が中心の若い合唱団ですが、実力派揃いでソリストもメンバーの中からオーディションで選出、安定した演奏です。

10_20ensemble14_r1_r1_r1

プログラムの表紙はメンバーの撮影によるドイツ ライプツィヒにある聖トーマス教会前の広場です。J.S.バッハは長らくこの教会のカントールを務め、毎週の礼拝のためにカンタータを作曲し、演奏しました。

歌詞対訳は大きめの字で、1曲づつが見開き2ページに収まっていて、演奏中にページをめくる音もなく、優しいつくりのプログラムでした。

開演前リハーサル中には、このプログラムにSing in Messia 2014のチラシ挟みこみをさせて頂きました。なんとメサイア関係の団体が4団体・・・。

| | コメント (0)
|

10/19 第8回交歓演奏会

八尋和美先生にご指導頂いている合唱団8団体が集まって八声会と名付け、2006年から毎年この時期に交歓演奏会を開催しています。

朝6時半出発、初冠雪の富士山を見ながら久しぶりの東名ドライヴを楽しみました。

10_19

今年の会場は三島市民文化会館、地元の三島グロリア合唱団が幹事団体を務めます。

岡山県の倉敷、京都府の福知山、長野県の佐久、千葉県の習志野、神奈川県の横浜そして東京から馳せ参じた8合唱団は、所在する地域や伝統、性格に違いがあり、同じ指導者といえども演奏曲目など個性が異なります。

振りを付けて恋のフーガ(なかにし礼作詞、すぎやまこういち作曲、信長貴富編曲)とアヴェ・マリア(J.ブラームス)を歌う女声合唱団あり、黒の衣装でモツレク(W.A.モーツアルト:レクイエム)歌う混声合唱があったり、川の流れのように(秋元康作詞、見岳章作曲、信長貴富編曲)とKyrie(A.L.ドヴォルザーク)を歌う混声合唱あり、J.S.バッハばかり歌っている合唱団もあって、20数名の女声合唱から150名の学生混声合唱団まで、老若男女が楽しみました。

恒例になった合同演奏は、8合唱団総勢350名余りが客席の左右後部に分かれて、メンデルスゾーンのHora est(時は今)を演奏、指揮者によると8回目の今回が今までで一番の出来だったとか、お客様からスタンディングオベーションを受けました。

| | コメント (0)
|

10/03 Sing in Messiah 2014

おとのきずな第6回事業 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート 第3回Sing in Messiahのご案内です。

Sing_in_messiah_2014092_2

2014年3月9日(日) 浜離宮朝日ホール小ホール

指揮:八尋和美 独唱:三塚直美(S) 小川明子(A) 大島博(T) 田代和久(B) 管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

午前中にピアノで合唱練習、午後からソリスト、管弦楽とともにG.F.ヘンデル「メサイア」全曲をSing in形式で演奏する予定です。

2011年4月に有志で設立した「おとのきずな」は、東日本大震災で被災された方々に「音楽を通じてご自分のすぐ隣に寄り添う人の心があることを感じ、復興に向けた希望の光を見出していただきたい。」との想いから活動を続けてきました。今まで5回のチャリティーコンサートの収益金は「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に寄付しています。

おとのきずなの活動をご理解頂いて、メサイアが大好き!機会があれば歌いたいと思っている方のご参加をお待ちしています。

| | コメント (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »