« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2/27 春の兆し

記録的な大雪から2週間経ちましたが、日陰には残った雪が排気ガスをかぶって黒い塊になっています。

その後、寒い日が続いていましたが、ようやく明るい陽射しが感じられるようになりました。

サクラの開花予想も発表され、♪春よこい!はやく来い!というところです。

雪の重みでハウスがつぶされ、とちおとめに被害が出たと報じていましたが、予定通り生協から届きました。

02_27

家中に春の香りを漂わせて、いちごジャムが出来上がりました。

02_27_3 

今日は亡き父の101回目の誕生日です。

| | コメント (0)
|

2/26 気軽にコンサート

アルト小川明子門下の有志による小さなコンサートがありました。

アイルランド民謡「春の日の花と輝く」を全員合唱し、15名の日頃のレッスンの成果を次々と発表、日本歌曲、オペラのアリア、ドイツリート・・・、多彩なプログラムです。

演奏の合間には、演奏者と観客全員が小川先生の指導よる体操、ア-イ-ウ-エ-オ-エ-ウ-イ-アと母音の発声を習いました。

02_26

最後は小川明子さんの歌声によって締めくくられます。

♪パリ旅情(作詩:深尾須磨子 作曲:髙田三郎)

Ⅰさすらい Ⅱ売子 Ⅲパリの冬 Ⅳ街頭の果物屋 Ⅴ降誕節前夜 Ⅵ市の花屋 Ⅶ冬の森 Ⅷすずらんの祭り

| | コメント (0)
|

2/14 St.Valentine's day

又、雪が降り始めました。気温も上がらず、寒いです。

夜には吹雪になり東京にも大雪警報が出て、都心も20㎝を超える積雪になりました。

隣りの都立高校の太陽光発電の屋根も、FC東京の練習グランドも辺り一面真っ白です。

Img_2925

夕方からの仕事が中止になった娘はビスコッティを、不要不急の外出を控えている母がチョコカスタードクリームを作りました。

  Img_0523_r1  Img_7526_r1

家に篭って遊んでいると、体重増加が気になるところです。

| | コメント (0)
|

2/13 煮たまご

半熟ゆで卵をハリハリ漬けの煮汁に漬けてみました。

一晩置くと、煮たまご風の出来上がりです。

02_13_r1

春分の日は卵の日だとか・・・。

1週間天気予報に雪マークが並ぶ寒い日が続いています。暖かい陽射しが待ち遠しいですね!

| | コメント (0)
|

2/08 45年ぶり27cm

今日の関東地方は10時過ぎに大雪警報が発令され、みるみるうちに銀世界になりました。

  02_088  02_08

ベランダが真っ白になったのは、引っ越してきて以来16年目で初めてのことです。

午前中、新宿に用事があって出かけたのですが、お昼すぎに帰宅する頃には風も強くなって、地下鉄の階段まで雪が積もっています。地下鉄に繋がる郊外の私鉄のダイヤが乱れ始め地下鉄も遅れていて、乗客もまばらです。

  02_08_3  02_08_4

最寄り駅から遠回りをし、積もる新雪をサクサク踏みしめて帰ってきました。

02_082

夜の混声合唱の練習は中止となり、「不要不急の外出はしないように!」と呼びかけているので、オリンピックと雪のニュースを見ながらパズルをして過ごした午後でした。

明日は都知事選の投票日です。小学校の校庭には雪だるまが並んでいるでしょうか?

| | コメント (2)
|

2/06 我らがイエスの四肢

La Fonteverde×The Royal Consort

バッハも尊敬していた北ドイツの大作曲家D.ブクステフーデ(1637-1707)のコンサートです。

♪トッカータ ニ短調 BuxWV.155(オルガン独奏

♪おお慈悲深きかた、おお優しきかた BuxWV.82(ソプラノとヴィオラ・ダ・ガンバ、オルガン)

♪全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ BuxWV.64(カウンターテナーとヴィオラ・ダ・ガンバ、オルガン)

♪平安と喜びに満ちゆかん BuxWV.76(ソプラノとヴィオラ・ダ・ガンバ、オルガン

♪パッサカリア ニ短調 BuxWV.161(オルガン独奏

♪わたしたちのイエスの四肢 BuxWV.75(声楽アンサンブル、ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン

1.足について 2.膝について 3.手について 4.脇腹について 5.胸について 6.心について 7.顔について(歌詞は旧約聖書ナホム書、イザヤ書、ゼカリヤ書、雅歌、新約聖書ペテロの第一の手紙より

La Fonteverde(ソプラノ:星川美保子、鈴木美登里 カウンターテナー:上杉清仁 テナー:谷口洋介 バス:小笠原美敬)

The Royal Consort(上村かおり 坪田一子 譜久島譲 武澤秀平 福沢宏)

ヴァイオリン(寺神戸亮 戸田薫) オルガン(今井奈緒子)

02_06la_fonteverde

指揮者はなく、豪華な演奏者の息使いから生まれる一体感が感じられ、見事なアンサンブルです。素晴らしい響きに包まれて、冷え込む夜に心温まる幸せなひと時でした。

| | コメント (0)
|

2/06 大根のハリハリ漬け

大根1本の皮をむいてイチョウに切り、ベランダに干しました。

このところの寒さです。東京も最低気温が氷点下になり、一晩そのままにしていたら、凍み大根になってしまいました。

02_06

水分が抜けたところで、従姉に教えてもらったレシピで漬け込みました。しょうがと梅干しの入った煮汁は煮魚に再利用できそうです。

02_06_2

台所に覗きに来た人がつまんで行くので、美味しく出来上がったようです。

| | コメント (0)
|

2/01 家事支援

息子のところに第二子が生まれたので、この1週間家事支援に行っていました。

朝7時に息子を、7時半に1年生の孫娘を送り出し、洗濯、掃除、買い物、食事の支度をして、孫娘が帰ってきたら宿題に付き合い、入院中のお母さんと弟に会いに行きます。再び帰宅後、夕食、入浴、8時までには寝かせなければなりません。

Img_4703

この辺りは一家に車は2台、買い物をはじめどこへ行くにも車の車社会です。徒歩10分圏内に地下鉄2路線最寄り駅が2駅、都バスの停留所、銀行のATMが3行、郵便局、スーパーが3店舗、コンビニは各店揃っている我が家付近とは勝手が違います。

   Img_6510   Img_8112

平屋建ても見られる住宅地に点在するネギ畑を眺めながら、遊歩道を歩くのが日課になりました。北関東のからっ風、遠くに見える山の頂は白く雪を被っています。東京駅丸の内駅舎には、このレンガ工場で作られたレンガが使われました。

Img_8316

土曜日には孫娘が自転車に乗って付いてきました。スイミングにも付き合いました。この日は背泳ぎ25mのテスト、見事合格、おめでとう!

Img_5496

文庫本、雑誌、パズルや合唱練習の音源と楽譜も持って行きましたが、細切れの時間ではじっくり楽譜を広げる間もなく、何年ぶりかの時間に追いかけられる生活でした。

| | コメント (4)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »