« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

6/28 合唱祭

神奈川県合唱祭に参加しました。

第57回を迎えた今回は、4日間にわたって12ブロックに分かれ192団体が出演します。

10月の演奏会のプログラムの中から、R.シューマンの♪Zuversicht(信頼) ♪Ungewisses Licht(おぼろな光)の2曲を歌いました。

私たち混声合唱の歌声を聴いて、共に歌いたいと思って入団して下さる方が増えることを願っていますが・・・。

1ブロックが終わるごとに、勝ち抜きじゃんけん大会があります。

06_28300名あまりの中から勝ち進んで10名に残ったので、ご褒美にステージに飾ってあるハイビスカスの鉢植えをもらってきました。

雨の降る中、帰り道に咲いていた2輪の花が落ちてしまいましたが、つぼみが沢山ついているので、これから花開くのが楽しみです。

この梅雨空、ハイビスカスにはちょっと可哀そう!

| | コメント (0)
|

6/23 梅ジャム

和歌山産の南高梅1㎏、熟れたものを選んで購入しました。

Img_3457

梅の実はとってもデリケート、そっと下ゆでして二つに分けます。

片方はそのままお砂糖を加えて、実をつぶしながら煮ました。もう一方は裏ごしをして種を取り除き、お砂糖を加えてアクをすくいながら煮詰めます。

梅の実はペクチンを多く含んでいるので、ゼリーのような仕上がりになりました。

   06_23_3  06_23

母が作る梅ジャムは実を丸ごと煮込んでいました。おばあちゃん大好きな娘が子供の頃のように種をしゃぶりたいと言うので、種ありと種なしの2種類作りました。

ジメジメした梅雨時に、清涼剤のような梅ジャムです。

| | コメント (0)
|

6/15 花の日・こどもの日礼拝

今日、教会では花の日礼拝が守られました。

6月の第二日曜を花の日・こどもの日として、花を持ちより講壇に飾って、大人も子供も一緒に礼拝を守ります。

礼拝後、持ち寄ったお花を手にご病人のお見舞いや、日ごろお世話になっている交番や駅など社会施設を慰問したりして、奉仕と感謝の気持ちを学びます。

Img_3128_2また、この日には子供たちの成長を感謝し、「世の光 地の塩」となれるようにと願って幼児祝福式が、そして、1月に生まれた孫には献児式が執り行われました。

授けられたこどもを神様の意思に委ね、導きに従って育てていくことを誓約し、御恵みのうちに健やかに成長するようにと祈りました。

| | コメント (4)
|

6/14 第35回演奏会

2年ぶりになった女声合唱の演奏会です。会場は上野公園内の旧東京音楽学校奏楽堂からすみだトリフォニーホール小ホールになりました。

春からチラシ、チケット、プログラムを自分たちの手で作って、準備を進めてきました。

Img_3185

♪ Missa Sponsa Christi(キリストの花嫁):H.Andriessen(1892-1981)オルガン(山口綾規さん)とともに。

♪ Stabat mater(悲しみの聖母):G.B.Pergolesi(1710-1736)ソプラノ(八尋史さん)アルト(小川明子さん)オルガン、弦楽(東京バッハ・カンタータ・アンサンブル)の皆様と。

♪ 八尋和美編曲によるバッハヴォカリーズ ・カンタータBWV147「主よ 人の望みの喜びよ」 ・プレリュードBWV869平均律クラヴィーア曲集第2巻24番 ・アリアBWV1068管弦楽組曲第3番「G線上のアリア」

ヴォカリーズは歌詞を伴わず、母音によって歌う唱法、J.S.Bach(1685-1750)のよく知られた作品3曲を私たちの指導者八尋和美先生が編曲して下さいました。

♪ 若林千春編曲による日本の歌 「月の砂漠」 「四季の雨」 「かなりや」 「とんび」 「村の鍛冶屋」 編曲者若林千春さんの華麗なピアノと一緒に。

 イタリアの作曲家Pergolesi、ドイツのBach、オランダの作曲家Andriessen、そして日本の唱歌、盛沢山なプログラムをプロの共演者に助けられて歌い終えることができました。

そして、打ち上げでも歌います。

06_142
今日は不惑と言われる年齢を迎えた息子の誕生日です。

| | コメント (0)
|

6/08 お歌の発表会

雨の季節になりました。激しい雨が降り続いていましたが、今日は曇り空、お歌の発表会です。

マンションの庭の紫陽花が花開きました。

06_08

今回はG.B.ペルゴレージ(1710-1736)のStabat mater(悲しみの聖母)12曲の中から4曲を、友人のOliveさんと二重唱しました。オルガンは娘です。

Stabat materは13世紀に生まれたカトリック教会の聖歌の一つで、わが子イエス・キリストが十字架にかけられ処刑された際の母マリアが受けた悲しみを歌っています

女声合唱でも今週末の演奏会に向けて1年間練習してきた曲ですが、指揮に合わせて歌う合唱ではなく、二人で息を合わせ、声を合わせて歌う難しさを痛感しました。

今週末の女声合唱演奏会では、この曲をソプラノとアルトの独唱と合唱、弦楽、オルガンと歌うことになっています。

| | コメント (0)
|

6/01 合宿

混声合唱の合宿に参加しました。

会場は河口湖畔、久しぶりのドライヴを楽しみます。練習用CDを聴きながら・・・。

富士山を眺め、新緑に囲まれたサイトを散策、響きの良い木のホールで練習しました

06_01

夕食後に撮った夕映えの富士です。

05_31

早起きして湖畔を散歩、静かな湖面に映る逆さ富士です。

06_01_2

一泊二日10時間の練習で、J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調と仲良くなれたような気がしました。

本番は12月7日(日)です。

| | コメント (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »