« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

8/16 夏休み

夏休み中の孫たちが遊びに来ました。

7ヶ月になり、寝返りしながらゴロゴロ移動する孫と一緒に、2年生になった孫娘もゴロゴロ・・・。

08_15_2
こども用Suicaを買ってもらった孫娘、東京メトロに乗ってお出かけ、銀座のデパートで「くまのプーさん展」をみて、歩行者天国を散策、お茶(ジュース)して、有楽町からJR、都バスに乗って帰ってきました。

| | コメント (0)
|

8/14 暑気払い

 

木曜日の夜はロ短調ミサの練習です。

今日は練習前に足を延ばし伊豆箱根鉄道に乗って、鰻を食べてきました。

Img_3467

創業安政三年、老舗のウナギ料理屋さんです。お店の前には行列が・・・。

Img_6467

ちょっとお醤油味の効いたおいしい鰻を頂いて、練習の効果も上がりました。

| | コメント (0)
|

8/10 45年ぶりの再会

YMCAで青少年活動をしていた仲間M君が肝臓がんのため64年の生涯を終えられたとの連絡が、夫人のE子さんからありました。

野外活動リーダーの仲間は学校も学部専攻も様々ですが、M君は同じ学校同じ学部の後輩、親しみを感じていました。仲間で結ばれたM君とE子さん、 卒業後も年賀状の交換だけは続けていました。

仲間で追悼会をするとの案内があり、動きの遅い台風11号に突っ込むように大阪へ駆けつけました。 

献花、献杯のあと、当時の写真を持ち寄り、懐かしい面々とタイムスリップして盛り上がりました

Img_5753

1969年3月、雪の六甲研修センターでM君が撮ってくれた写真です。

M君は大学では新聞学専攻、カメラクラブに所属、希望していた新聞記者になり、退職後は大学院で勉強を再開、学生を指導し、病気発病後も納得して治療、最後までご家族と過ごすことができたとのE子さんのお話、充実した人生を全うされたようです。

二人のお嬢様の一人に私と同じ名前を付けられたと聞いて、光栄の至りです。

M君が呼び寄せてくれたこの会を続けたいと、再会を約束して散会しました。

| | コメント (0)
|

8/09 第36回定期演奏会

八尋先生にご指導頂いている八声会の1合唱団、佐久レーレルコールの演奏会を聴いてきました。

今年2月に予定されていた演奏会ですが、45年ぶりの大雪で中止になり、今日はやり直しコンサートです。

♪J.S.バッハ:Singet dem Herrn ein neues Lied(主に向かい新しき歌を歌え)BWV225 オルガン:荒井牧子 チェロ:北沢加奈子

♪F.メンデルスゾーン:Wie der Hirsch schreit(詩篇42鹿が谷川の流れを慕いあえぐように)Op.42 ソプラノ:三塚直美 ピアノ:坂井和子

♪どこかで聴いた外国の曲 ・「Sonya(スラブ舞曲)」ドヴォルザーク作曲 嶋原真一訳詩 ・「別れの曲」 ショパン作曲 大木夫、伊藤武雄共訳詩 ・「誰も知らない悲しさ」 チャイコフスキー作曲 清水修訳詩 ・「くちづけ」 アルディーティ作曲 門えりお作詞

♪ほっとする日本の歌 ・「さとうきび畑」 寺島尚彦作詞 作曲 ・「鳩笛」 清水みのる作詞 長谷川きよし作曲 ・「愛燦燦」 小椋佳作詞 作曲 ・「翼をください」山上路夫作詞 村井邦彦作曲

盛沢山なプログラム、1年半かけて練習した甲斐があった演奏です。

高原のドライヴを楽しみに出かけましたが、台風11号の影響で山間部は土砂降りの雨でした。

| | コメント (0)
|

8/06 猛暑日更新

69回目の原爆の日を迎えた広島では、雨の降る中、平和記念式典が行われていました。

九州、四国、中国地方では、台風11号の影響で大雨による被害が出ています。

こちら関東地方では、連日 高温注意報が出ていて、毎日この夏一番と最高気温を更新し続けています。東京は今日も35度越え・・・。

風も強く、ベランダに置いているアブチロンの葉がチリチリになってしまいました。熱帯花木ですが、強風には参ってしまったようです。

08_06
友人にもらったバジルの苗は、強風にもめげず根付いて若い葉が芽吹いています。

08_06_2

明日は立秋です。

| | コメント (0)
|

8/02 ピアノデュオ

ピアノのコンサートは久しぶり、2台のピアノの演奏(永井宏さん・法嶋晶子さん)を聴いてきました。 

プログラムは全てS.ラフマニノフ(1873-1943)です。

♪組曲第2番op.17(1901) 1.Introduction(序奏) 2.Valse(ワルツ) 3.Romance(ロマンス) 4.Tarantelle(タランテラ

♪組曲第1番op.5(1893)『幻想的絵画』 1.Barcarolle(舟歌) 2.la Nuit.....l'Amour(夜....愛) 3.les Larmes() 4.Paques(復活祭

♪交響的舞曲op.45(1940) 1.ノンアレグロ 2.アンダンテ コン モート(ワルツのテンポで) 3.アレグロ ヴィヴァーチェ

初めて聴かせて頂いたのですが、30年以上も続けてこられたというお二人のピアノデュオ、年齢を重ねて柔らかな音色が優しく響きます。

そして、30年以上も現役のピアニストとして演奏活動を続けてこられたことに感心しました。

アンコールもラフマニノフ六つの小品からワルツを。

| | コメント (0)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »