« 10/16 塩レモン その後 | トップページ | 10/26 第64回定期演奏会 »

10/18 第20回記念定期演奏会

Img_5786混声合唱団「樹林」の第20回記念定期演奏会です。この合唱団は、1985年川崎市宮前区で「第九を歌う会」として誕生しました。

プログラムは全てJ.ヴェルディ(1813-1901)、前半はオペラの合唱曲、後半はレクイエムです。1874年に約1年かけて、尊敬する文豪マンゾーニの死を悼み、完成したこのミサ曲は世界三大レクイエム(W.A.モーツアルト、G.U.フォーレ)の一つと言われています。

♪「アイーダ」より 凱旋行進曲

♪「トロヴァトーレ」より 鍛冶屋の合唱

♪「ナブッコ」より 行けわが思いよ、黄金の翼に乗って

♪レクイエム

指揮:辻秀幸 ソプラノ:佐竹由美 アルト:竹本節子 テノール:望月哲也 バス:黒田博 管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

130名の合唱でのレクイエムは圧巻でした。大曲を歌いきった合唱団員の晴れやかな表情、そして何より指揮者が楽しそうでした。

ドイツ古典の演奏が多いバッハ・カンタータ・アンサンブルの皆様もイタリアロマン派の音楽ではいつもと違うやわらかい音色です。

この日は朝9時からこの演奏会のプログラムに、おとのきずな第4回Sing in Messiahのチラシ挟み込み作業、午後コンサート、夕方から横浜で混声合唱の練習と長い1日でした。

 

|
|

« 10/16 塩レモン その後 | トップページ | 10/26 第64回定期演奏会 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/16 塩レモン その後 | トップページ | 10/26 第64回定期演奏会 »