« 2/07 春 遠からじ | トップページ | 2/16・17 シアトル街歩き »

2/15 追悼

2014年12月1日、1歳半違いの弟が御許に召されました。

ここ2年の間に食道癌の手術、肝臓に転移が見つかり、アメリカ人体型になっていたのがすっかりスリムに、写真を見て驚いていました。

アメリカの医療を信頼していたので、無念だったことと思います。

2012年10月31日、姉弟3人で実家の始末をし、食事をしたのが最後になりました。

若い頃からアメリカに憧れていました。学生時代にはアメリカ人宣教師が舎監をしている少人数の学生寮で生活し、卒業後はワシントン州立大学に留学、夏休みも帰国せず、アイオワの農場で住み込みバイトをしていました。

デパートの商社部門に就職し、中東との仕事に携わっていました。結婚して一男二女に恵まれ、ロサンジェルスとシアトルで暮らします。

シアトルの日本人バプテスト教会でお別れの会があり、末の弟と参列しました。

Img_3140
ピアノとマリンバによる奏楽、彼が歌っていたEvergreen Glee Clubの演奏、元同僚の弔辞、英語と日本語が入り混じった式でしたが、2月のシアトルにしては暖かく晴天に恵まれ、150人余りの参列者の弟への思いのあふれるあたたかい会でした。

残された家族は喪失感を抱きながら、現実を受け止めつつあります。

 

|
|

« 2/07 春 遠からじ | トップページ | 2/16・17 シアトル街歩き »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/07 春 遠からじ | トップページ | 2/16・17 シアトル街歩き »