« 5/15 甘夏ママレード | トップページ | 6/03 夏みかんピール »

5/24 お歌の発表会

五月晴れの日曜日、お歌の発表会の日です。2日間にわたって、50数名がオペラのアリア、イタリア歌曲、ドイツリート、日本歌曲・・・、様々なレパートリーの中から歌いました。

今回、私たちの教室は幹事も務めています。参加者の申し込み受付、プログラム作り、当日の準備、打ち上げまで。横浜教室の人たちとの合同幹事ですが、特に打ち合わせをしなくても自分たちができることを分担して当日を迎えました。

 NHKの朝ドラ「マッサン」でエリーが故郷を想って歌っていたスコットランド民謡「広い河の岸辺 The Water is Wide」をソロで、M.Haydn「Deutsches Hochamt(ドイツ荘厳ミサ)」から「Zum Offertorium(奉献唱のために)」を友人と二重唱で歌いました。娘のオルガンとともに。

日本語と英語で歌う「広い河の岸辺」は、3日前のレッスンで先生がピアノもつけて下さることになり、オルガンとピアノの贅沢な伴奏になりました。

ミヒャエル・ハイドンは交響曲の父と言われたヨーゼフ・ハイドンの弟、モーツアルトを思わせる美しいメロディーの曲を作っています。ドイツ荘厳ミサは少年合唱のために作られた二声の合唱曲で、ソロの部分は大人がオルガンと2本のホルンとともに歌います。

女声合唱で間もなく迎える演奏会のために練習を重ねていますが、2人だけで寄り添って声を合わせて歌うというのは、それほど易しいものではありませんでした。

Img_3472_3

ベランダで咲き始めたピンクのゼラニウムです。



|
|

« 5/15 甘夏ママレード | トップページ | 6/03 夏みかんピール »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5/15 甘夏ママレード | トップページ | 6/03 夏みかんピール »