« 9/06 第9回定期演奏会 | トップページ | 9/11 久しぶりの晴れ間 »

9/09 テノールリサイタル

Img_0058_2台風17号、18号の雨と風が激しくなる中、銀座王子ホールまで出かけました。

第19回英国歌曲展~イタリアの風~ 

辻裕久さんのテノールリサイタル

ピアノは夫人のなかにしあかねさんです。

♪ヴィクトリア朝 トスティの甘い微風《英語による歌曲より》/F.P.トスティ(1846-1916) ・夏の夜の夢(詩:H.W.ロングフェロー) ・永遠に!(詩:K.G.ソワビー) ・春(詩:F.E.ウェザリー)

イタリアの海辺の町からやってきたトスティですが、英語詩に多く作曲し、太陽の少ないイギリスの気候にも巧みに合わせとけこむことができた。(プログラム解説より)

♪イタリアの血 Amoreの精神性《6つのソネットによる歌曲集『生命の家』》/曲:R.V.ウィリアムズ(1872-1958) 詩:D.G.ロセッティ 1.愛のまなざし 2.静寂の真昼 3.愛の吟遊詩人たち 4.心の港 5.愛の死 6.愛の最後の贈り物

ロセッティはロンドン生まれながら両親はイタリア人、 ラファエル前派同盟を結成し、画昨、詩作を続けた。(プログラム解説より)

♪バロック期の大旋風 イタリア・オペラの流行《オペラ『グルゼルダ』よりエルネストのアリア》/曲:G.ボノンチーノ(1670-1747) 詩:P.A.ロッリ ・たとえ望みがなくとも ・あなたを崇拝する栄誉のために

当時のロンドンではイタリアオペラが大流行し、世界の一流が集う芸術文化の贅沢な国際都市であった。(プログラム解説より)

♪ミケランジェロ 愛の宣言op.22《歌曲集『ミケランジェロの7つのソネット』》/曲:B.ブリテン(1913-1976) 詩:M.ブオナローティ ・ソネット16番 ・ソネット31番 ・ソネット30番 ・ソネット55番 ・ソネット38番 ・ソネット32番 ・ソネット24番

第二次世界大戦中の1942年に敵国イタリア語詩での作品初演が可能であったイギリスの文化的成熟を想わずにはいられない。(プログラム解説より

アンコールにはF.P.トスティ Good byが歌われました。

|
|

« 9/06 第9回定期演奏会 | トップページ | 9/11 久しぶりの晴れ間 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9/06 第9回定期演奏会 | トップページ | 9/11 久しぶりの晴れ間 »