« 6/04 KGC合唱団演奏会 | トップページ | 6/22 二代目 »

6/11 オルガンコンサート

ICUオルガンコンサート、今日の演奏は勝山雅世さんです。

0611b

♪序奏とパッサカリア ニ短調:M.レーガー(1873-1916

♪わが青春はすでに過ぎ去り:J.P.スウェーリンク(1562-1621

♪パッサカリアとフーガ ハ短調:J.S.バッハ(1685-1750

♪シンフォニア(カンタータ第29番より):J.S.バッハ/M.デュプレ(1886-1971

♪罪なき神の子羊 BWV656:J.S.バッハ

♪バッハのカンタータ「泣き、嘆き、憂い、おののき」とロ短調ミサ曲の「十字架につけられ」の通奏低音による演奏:F.リスト(1811-1886

拍手にこたえてアンコールに、J.S.バッハのカンタータ140番「目覚めよと呼ぶ声あり」が演奏されました。

0611
スウェーリンクからデュプレまでのオルガン演奏を聴いて、休憩時間には緑濃い木立に囲まれたチャペルの周辺を散歩、幸せな時間です。

梅雨の晴れ間の土曜日の午後、近所の方たちが散歩がてら聴きに来ましたと、いう風で大勢のお客様です。

久しぶりに都心を抜けて三鷹までのドライヴを楽しみました。

|
|

« 6/04 KGC合唱団演奏会 | トップページ | 6/22 二代目 »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/04 KGC合唱団演奏会 | トップページ | 6/22 二代目 »