« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

6/23 レモン細工

国産レモンのシーズンが終わりに近づいたので、はちみつレモンと塩レモンに加工しました。

Img_1400

細かく刻んではちみつを注いではちみつレモンに、スプーン1杯が朝の紅茶をさわやかにしてくれます。

輪切りにして塩漬け、こちらは魚や鶏、豚の調味料になります。

| | コメント (0)
|

6/22 二代目

西側のベランダが淋しいので、ゼラニウムの小枝を挿し木にしました。

Img_1409

うまく根付けば、ピンクの可愛い花が咲くはずです。

| | コメント (0)
|

6/11 オルガンコンサート

ICUオルガンコンサート、今日の演奏は勝山雅世さんです。

0611b

♪序奏とパッサカリア ニ短調:M.レーガー(1873-1916

♪わが青春はすでに過ぎ去り:J.P.スウェーリンク(1562-1621

♪パッサカリアとフーガ ハ短調:J.S.バッハ(1685-1750

♪シンフォニア(カンタータ第29番より):J.S.バッハ/M.デュプレ(1886-1971

♪罪なき神の子羊 BWV656:J.S.バッハ

♪バッハのカンタータ「泣き、嘆き、憂い、おののき」とロ短調ミサ曲の「十字架につけられ」の通奏低音による演奏:F.リスト(1811-1886

拍手にこたえてアンコールに、J.S.バッハのカンタータ140番「目覚めよと呼ぶ声あり」が演奏されました。

0611
スウェーリンクからデュプレまでのオルガン演奏を聴いて、休憩時間には緑濃い木立に囲まれたチャペルの周辺を散歩、幸せな時間です。

梅雨の晴れ間の土曜日の午後、近所の方たちが散歩がてら聴きに来ましたと、いう風で大勢のお客様です。

久しぶりに都心を抜けて三鷹までのドライヴを楽しみました。

| | コメント (0)
|

6/04 KGC合唱団演奏会

指揮者北川博夫指揮活動35周年 ご指導のアマチュア合唱団7団体の合同合唱団の演奏会です。

第一部 女声合唱によるワルツ

♪美しき青きドナウ(J.シュトラウス)

♪春の声(J.シュトラウス)

第二部 混声合唱

♪ミサ曲第二番ト長調D167(F.シューベルト)

第三部 オペラ・アリアの饗宴

♪テ・デウム(バリトン北川辰彦)G.プッチーニ 歌劇「トスカ」より

♪今の歌声は(メゾソプラノ澤村翔子)G.ロッシーニ 歌劇「セヴィリアの理髪師」より

♪妙なる調和(テノール村上公太)G.プッチーニ 歌劇「セヴィリアの理髪師」より

♪公爵様、あなたのようなお方は(ソプラノ三宅理恵)J.シュトラウス 喜歌劇「こうもり」より

♪乾杯の歌(四重唱)G.ヴェルディ 歌劇「椿姫」より

第四部 混声合唱組曲 富山に伝わる三つの民謡(作詞構成 作曲 岩河三郎)

プロローグ「夏の思い出」

第一楽章「越中おわら」

第二楽章「こきりこ」

第三楽章「むぎや」

エピローグ「冬の思い出」

合唱のステージはすべてオーケストラ(ユニフィル管弦楽団)との共演、7団体の合同演奏にもかかわらず声がそろっていて、表情はにこやかです。

ワルツ、宗教曲、民謡、多彩なプログラムを楽しませていただきました。

Img_1384

| | コメント (0)
|

6/03 三代目

Img_1369マンションの大規模修繕工事も終盤になったようです。

昨年秋からゴンドラが昇降して、外壁やベランダの床の防水や塗り替えが進められていました。

Img_1382ベランダに置いていた植木も大分処分しましたが、昨秋収穫したどんぐりの実を植え付けておきました。

春になって芽を出し、葉が濃い緑になってきています。のびのび成長できるように大きな鉢に植え替えました。

西側のベランダに置いて陽よけになってもらいます。

このどんぐり、実家から持ち帰ったものを育て、その実を植え付けたので三代目になりました。

小さな2鉢は孫たちへのプレゼントです。

| | コメント (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »