« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

9/25 チャペルコンサート

比叡山のふもと岩倉の平安教会第48回テノールとオルガンによるチャペルコンサートです。

讃美歌「ガリラヤの風かおる丘で」を讃美し、牧師先生の祈祷でコンサートが始まります。

オルガン:荒井牧子

♪W.A.モーツアルト:アンダンテ

♪J.S.バッハ:「いと高きところに神の栄光あれ」BWV663

♪J.S.バッハ:ピエスドルグBWV572

テノール:小貫岩夫 ピアノ:浜川潮

♪ヘンデル「メサイア」より「慰めよ、わが民を慰めよ」「もろもろの谷はたかくせられ」

♪シューベルト:鱒

♪赤とんぼ:三木露風作詞/山田耕筰作曲

♪初恋:石川啄木作詞/越谷達之助作曲

♪落葉松:野上彰作詞/小林秀雄作曲

♪ヘンデル オペラ「セルセ」より「オンブラ・マイ・フ」

♪ドニゼッティ:「私は海に家を建てたい」

♪翼:武満徹作詞作曲

♪ラカジュ:アマポーラ

初秋の礼拝堂は満席の賑わい、娘や私に友人も駆けつけて下さいました。多くのお客様が恵み豊かなひと時を過ごしました。

| | コメント (0)
|

9/24 野菜いろいろ

娘が野菜(主になすびとししとう、ピーマン)をいろいろ頂きました。

その中に、辛い唐辛子があったので青い柚子を探して、ゆず胡椒を作ってみました。

Img_1543

唐辛子を細かく刻み(マスク、手袋、ゴーグル着用と書いてあります。)、ゆずの皮をすりおろし、果汁をしぼり、塩レモンの塩を加えて、すり鉢ですりおろします。

Img_1546
まだ、青くさいにおいがしますが、冷蔵庫で熟成させるとそれらしくなるとか・・・。

なすび、白いものは皮をむいてサラダに・・・、紫系は素揚げにしてオイルサーディン、トマトにチーズをのせてグラタンにします。

  Img_1549  Img_1550

珍しいお野菜で楽しませて頂きました。

| | コメント (0)
|

9/21 生誕150年

ビアトリクス・ポター生誕150年を記念したピーターラビット展を観てきました。

Img_1538

1866年7月28日ヴィクトリア朝の時代に裕福な家庭に生まれました。厳格な両親は彼女を学校に通わせず、家庭教師をつけて教育しました。

17歳になった頃、3歳年上のアニー・カーターが家庭教師としてやってきて、19歳になるまで共に過ごしたのです。

結婚したアニーの子供たちを可愛がり、絵手紙を送ります。この絵手紙をもとにして絵本「ピーターラビットのおはなし」が私家版として出版されました。

子どもの頃から動物や植物のスケッチが大好きでした。夏になると、家族とともに過ごしたイングランド湖水地方で豊かな自然と出会い、その素晴らしさに魅せられていきます。

美しい自然に対する深い愛情が自然保護活動に繋がっていきました。まだ、女性が社会で活躍するのが難しい時代でした。

繊細なスケッチ、優しい色使い、ビアトリクス・ポターに大きなインスピレーションを与えた湖水地方を訪ねてみたいと思っています。

| | コメント (0)
|

9/11 第10回定期演奏会

東京ムジーククライス 記念すべき第10回定期演奏会です。

モーツアルト編曲版メサイア(KV572)が演奏されました。

G.F.ヘンデル(1685-1759)が1741年に作曲、翌1742年4月アイルランドのダブリンで慈善演奏会として初演されたものをW.A.モーツアルト(1756-1791)がバロック様式から古典派様式へと編曲しました。

歌詞は英語からドイツ語に、管弦楽もヘンデルの簡素なもの(弦楽器、通奏低音のオルガンとチェンバロ、オーボエ、ファゴット、トランペット、ティンパニ)から、時代に合わせてフルート、クラリネット、ホルンなどが加わり華やかになっています。

指揮:渡辺祐介 ソプラノ:松井亜希 メゾソプラノ:布施奈緒子 テノール:藤井雄介 バス:加藤宏隆 合唱・管弦楽:東京ムジーククライス

20歳代~40歳代の若い合唱と管弦楽、真摯に音楽に向き合い、丁寧に練習して迎えた今日の演奏会、聴き応えのある演奏でした。

| | コメント (0)
|

9/10 再利用

塩ゆでにした枝豆の残り物の再利用です。

お酒をちょっと入れて炊いたご飯にのせて枝豆ご飯にすることが多いのですが、今日はポテトサラダに混ぜてみました。

涼しげな色合いのポテトサラダの出来上がりです。

Img_1528

| | コメント (0)
|

9/09 驚くべき生命力

6月に娘がもらってきた花束に添えられていたグリーン、名前は分かりません。

萎れていった花から順に抜いていって残ったグリーン2本、水を足しながら3ヶ月経っても枯れることなく、茎の根元に白いものが出てきたので、土に植えてみました。

茎はしゃんと立ってその先に新しい葉っぱが出ています。驚くべき生命力!どのように成長していくのか楽しみです。

Img_1525

残暑が続いていますが、せみの鳴き声にかわって朝夕には虫の音も聞かれるようになりました。

今日は重陽の節句です。

| | コメント (1)
|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »