« 10/22 八声会 | トップページ | 10/23 広島訪問 午後の部 »

10/23 広島訪問 午前の部

倉敷から広島へ移動し、友人が永らくオルガニストを務めている流川教会の礼拝に出席しました。

1928年に建てられたW.ヴォーリスの設計による会堂は1945年8月6日に被爆、爆心地から800mの場所にあったため辛うじて外壁の一部を残すだけになりました。

1023c

その瓦礫の中から焼け残った木で「被爆十字架」が作られ、平和を祈り求める大切なシンボルになりました。

1023a_5

その後、現在の地に移転し、被爆50年の年に礼拝堂の正面に架設されます。3つの思いを込めて。

・被爆死没者を含む、あらゆる戦争の犠牲者追悼のシンボルとして

・罪の謝罪と罪の贖いのシンボルとして

・和解と平和を祈り求めるシンボルとして

|
|

« 10/22 八声会 | トップページ | 10/23 広島訪問 午後の部 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/22 八声会 | トップページ | 10/23 広島訪問 午後の部 »