« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

4/27 旬のもの その2

柑橘編です。

国産レモンで

Img_2080

塩レモンと、レモンジャムを

   Img_2083  0420_2

塩レモンは塩が溶けるまで常温に置き、肉や魚の調味料に使います。レモンジャムは紅茶にスプーン1杯入れます。

次に甘夏でママレードとピールを作りました。

Img_2077

    Img_2082  Img_2112

初夏の楽しい作業です。

 

| | コメント (0)
|

4/23 再会

NHKクラシック音楽館という番組があります。今夜は特別企画「鈴木雅明のドイツオルガン紀行」でした。

ドイツの歴史的なオルガンを訪ね、バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督 鈴木雅明氏の解説とバッハの名曲の演奏を聴きます。

・幻想曲 ト長調 BWV572
・パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
・パストラーレ ヘ長調 BWV590
・オルガン小曲集 から
・前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548

2時間、バッハの時代に造られたオルガンの音色を堪能しました。

一昨年9月、ドイツ演奏旅行後のオルガンツアーで訪れたオルガンに巡り合えるのではないかと期待していたところ、フライベルクの聖マリエン教会(ジルバーマン制作)やナウムブルグのヴェンツェル教会(ヒルデブラント制作)のオルガンが紹介されました。

Img_0472_3

フランス風の優雅さが魅力のフライベルクの聖マリエン教会のオルガン

Img_0350 Img_0354
柔らかく豊潤な響きのナウムブルグのヴェンツェル教会のオルガンとオルガニスト

感動的な再会でした。

| | コメント (2)
|

4/19 旬のもの

今週に入って初夏のような陽気が続いていますが、遅ればせながら春のごちそうです。

旬の筍と蕗を煮て、駿河湾の桜エビとちらし寿司にしました。

0419a

蕗の細い部分は砂糖煮に、一晩かけて乾かしてきれいな翡翠色に仕上がりました。

0419b

隣の都立高校では体育祭が近いようです。グランドでの行進や吹奏楽の練習が始まっています。

| | コメント (0)
|

4/16 Happy Easter

イースターは春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日、今年は今日がイースター、十字架に架けられたイエス・キリストの復活を祝う日です。

教会では特別礼拝が守られ、子供たちに復活の象徴であるイースターエッグが配られました。

ヨーロッパでは、春の女神の通り、春の訪れを喜んで、花飾りのついた帽子をかぶったり、白い靴を履いておしゃれしたりします。

0327地よ、声たかく 告げ知らせよ、とうときイエスのよみがえりを。

死より命へとみちびきたもう 主イエスとともに われら進まん。

罪に打ち勝ち 死をやぶりて われらの心 解き放つ主。

その勝ち歌こそ 全地に満ちて、 救われしもの ともに歌う。

天よ、喜べ、地よ、たたえよ、造られしもの 声あわせよ。

主のよみがえりの この日を祝い、 尽きぬ喜び われらたたえん。(讃美歌326番)

| | コメント (0)
|

4/10 お花見散歩

小石川後楽園に行ってきました。

江戸時代初期、水戸徳川家の祖 頼房が造り、二代藩主の光圀が完成させた水戸黄門ゆかりの庭園です。

蓬莱島や竹生島のある琵琶湖に見立てた池を中心に築山を巡る様式、京都嵐山の大堰川の流れや渡月橋、円月橋、西湖提など中国の風物も取り入れられています。

東京ドームのすぐ隣ですが、都心とは思えない静けさ、人出もまばらで1時間余りの快適な散歩でした。

梅林や菖蒲田もあり、紅葉など四季折々、楽しめるようです。

樹齢約60年の枝垂桜が見ごろです。

0410b
大泉水の水面に映る桜たち

0410a_2
明日は花散らしの冷たい雨になるとか、今年の桜も見納めでしょうか。

| | コメント (0)
|

4/07 満開になりました!

0407a

0407b_2満開宣言から数日、この辺りの桜も満開になりました。

開花のあと気温の低い日が続いたので、長い間お花を楽しめます。

晴れ間を見つけて、お花見散歩に出かけました。

0407c_3公園には春休み中の親子連れがお弁当を広げている姿が見られます。

陽気に誘われてウオーキングやジョギングする人たちも増えました。のどかな風景です。

0407d

| | コメント (0)
|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »