« 7/21 夏の空 | トップページ | 7/23 2年に1度のお祭り »

7/22 アルトリサイタル

毎年夏の恒例となった小川明子アルトリサイタルです。
今回はオール橋本國彦プログラムでした。ピアノはご主人様山田啓朗氏です。
橋本國彦(1904-1949)は器楽曲や管弦楽曲を多く作りましたが、歌曲も重要なジャンルでした。斬新な歌謡曲も作っています。お菓子と娘(作詩 西條八十)はよく知られています。
 
♪なやましき挽歌の日に(作詞 北原白秋)♪芭蕉(作詞 北原白秋)♪垣の壊れ(作詞 北原白秋)
♪薊の花(作詞 北原白秋)♪牡丹(作詞 北原白秋)♪城ヶ島の雨(作詞 北原白秋)
♪斑猫(作詞 深尾須磨子)♪黴(作詞 深尾須磨子)♪舞(作詞 深尾須磨子)
♪旅役者(作詞 北原白秋)♪百姓歌(作詞 北原白秋)♪田植え歌(作詞 林柳波)♪富士山見たら(作詞 久保田宵二)♪親芋小芋(作詞 浜田広介)
♪うすあかりに(作詞者不詳)♪大君に(作歌 片岸芳久美)♪母の歌(作詞 板谷節子)♪お六娘(作詞 林柳波)
アンコールにアカシアの花、朝はどこからの2曲、最後に全員でお菓子と娘を合唱、客席にはレッスン生も多く、ホールに歌声が響いていました。
 

|
|

« 7/21 夏の空 | トップページ | 7/23 2年に1度のお祭り »

聴く・歌う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/21 夏の空 | トップページ | 7/23 2年に1度のお祭り »