旅行・地域

10/28 キャンパスツアー

同窓会東京支部のイベント、国際基督教大学(ICU)のキャンパスツアーです。

ICU初代学長の湯浅八郎先生は、戦中・戦後の困難な時代に同志社総長を務めら、両校の交流が続いています。

学生食堂で昼食を頂き、あいにくの雨の中、広大なキャンパスを散策しました。

 

    1028b_2  1028c

泰山荘は1936(昭和11)年頃、実業家であった山田敬亮の別荘として建てられました。茶室を備え、高風居・書院・待合・蔵・車庫・表門からなっておりICUキャンパス内に移築された建物もあります。

1028d_2湯浅八郎記念館は初代学長であった故湯浅八郎博士の大学創設・育成に対する貢献を記念して、 1982年6月に開館した大学の博物館です。

主な収蔵品は湯浅博士によって蒐集され、寄贈された各地の民芸品。

ICUキャンパスに散在する遺跡から出土した先土器時代から縄文時代にかけての考古遺物、その他の美術品、 歴史資料などです。

生きることは愛すること

愛することは理解すること

理解することは赦すこと

赦すことは赦されること

赦されることは救われること

| | コメント (0)
|

11/21 広岡浅子ゆかりの地

放映中の朝ドラの主人公 広岡浅子のゆかりの地めぐりです。

1121京都出水三井家に生まれた浅子は17歳で大阪の豪商加島屋に嫁ぎました。

現在は大同生命本社ビルが建っています。

この本社ビル2階にはメモリアルホールがあり、激動の時代に婚家の商売に凄腕をふるった浅子の生涯を辿ることができます。

1121_6嫁いで後、明治維新は大阪に大混乱を起し、廃業に追い込まれる豪商も多かった中、加島屋は浅子の働きもあって激変を潜り抜けることができました。

影響を受けた五代友厚像、現在の大阪取引所(北浜)の前に建っています。

五代友厚は大阪経済の近代化に尽くし、加島屋が不振の時にも浅子を励ましました。

大阪株式取引所創設の発起人、大阪商法会議所の会頭を務め、大阪商業講習所(大阪市立大学)を創設します。

炭鉱事業、加島銀行、生命保険業、実業家人生が充実してきた時、梅花女学校の教師成瀬仁蔵と出会いました。女子教育の理想に共鳴し日本初の女子大学の設立に協力しました。

成瀬仁蔵の影響もあって、1911年63歳の時に大阪教会でプロテスタントの洗礼をうけます。

1121_4

ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計により1922年に竣工した教会堂、1995年の阪神・淡路大震災で半壊しましたが、復元・耐震補強工事によって復興し、国の登録有形文化財に登録されました。

加島銀行の設立、日本女子大学創設などを経て、執筆や講演の依頼が多くなりました。大阪市中央公会堂です。

1121_5
久しぶりの大阪中之島近辺の散歩になりました。

| | コメント (0)
|

11/01 小布施散策

朝、霧に包まれていた浅間山が、晴れて青空とともに姿を見せました。

Img_0822

小布施まで足を延ばして、北斎館と岩松院を訪ねました。

江戸時代後期の浮世絵師であった葛飾北斎(1760-1849)は晩年83歳から数年、小布施に逗留し、地元の豪農商高井鴻山の庇護のもとに、画業の集大成をはかります。

Img_0827

「北斎とその弟子たち-葛飾派の活躍」と題した特別展が開催されていました。役者絵、物語絵、風景画、花鳥画など、次々と画号を変えて絵手本「北斎漫画」「冨獄三十六景」「諸国大名奇覧」などの浮世絵版画、古典を題材にした肉筆画などに天才ぶりを発揮します。数多くの弟子や門人を育てました。小布施ではマンホールも北斎。

Img_0830_2

岩松院は葛飾北斎、福島正則、小林一茶ゆかりの曹洞宗の古寺です。

Img_0845
本堂の大間天井絵「八法睨み鳳凰図」を北斎が描きました。間口6.3m、奥行き5.5mの大画面を12分割し、床に並べて彩絵した後、天井に取り付けられました。鳳凰図は朱、鉛丹、石黄、岩緑青、花紺青、べろ藍、藍などの顔料を膠水で溶いた絵具でで彩色され、周囲は胡粉、下地に白土を塗り重ね金箔の砂子が蒔かれている豪華なものです。

裏庭の小さな池には一茶が訪れた際に詠んだ「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」の句碑が建てられています。

Img_0849
柿や栗、林檎が色づき、葡萄畑を眺めながら、のどかな山里を歩いて信州の秋を満喫した1日でした。

おみやげは栗ずくし、栗お強、栗ようかん、どら焼き、栗もなか、きんつば、栗パイを単品で1個づつです。昼食には信州のおそば、栗のソフトクリームも頂きましたよ。

Img_0854

| | コメント (0)
|

9/27 帰国(おみやげたち)

朝7時にアイゼナハのホテルを出発しフランクフルト空港へ、ルフトハンザ航空LH-710便10時間半で成田に到着しました。

おみやげたちです。

Img_0754

楽譜(バッハの名曲を易しくアレンジ)⇒少しづつ練習するつもりです!、オルガン解説書、フライベルク フライベルガードームのアドヴェントカレンダー、絵葉書各種、トーマス教会型のBACHシール、手回しオルゴール、各地のオルガン柄のトランプ、ト音記号のクッキー型、ハルツ山地魔女の村ターレの人形、孫たちに包丁まな板セットと消防自動車、夫に圧縮ウールのスリッパ、娘と共用のロンシャンバッグ

Img_0748
Pringlesポテトチップス、ドイツ名物マジパン(アーモンドと砂糖を練り合わせたような)チョコ、Ritterのクリスマス仕様チョコ、Salz(ニンニク、トマト、バジル風味)、酢漬けニシンの缶詰(ペッパー、バジル風味)、DinkeiBrezeln、動物ビスケット、MannerとKnoppersのウエハース、はちみつ2種、Kreutskamm(ドレスデンのチョコバームクーヘン)

そして、おいしかった飲み物と食事です。

 Img_0173 Img_0183 Img_0362_2 Img_0449

 Img_0450 Img_0452 Img_0643 Img_0554

様々なビールとワイン、さくらんぼのジュース、リンゴのジュース・・・。

 Img_0079 Img_0083 Img_0148 Img_0174

ニシン酢漬けのサンドイッチ、朝食、カレー風味ソーセージ、パスタ

 Img_0187 Img_0201 Img_0202_2 Img_0204

ライプツィヒ名物Lerche、ミネストローネ、ソーセージ、おぜんざいのようなラズベリースイーツ

 Img_0255 Img_0257 Img_0291 Img_0296

ミートソースヌードゥル、朝食、色とりどりのアイスクリーム、シューを重ねたケーキ 

 Img_0298 Img_0364 Img_0404 Img_0456

豚の顔に盛り付けられたタルタルステーキ、ロールキャベツ、Eisbein(豚そのまま)、ローストポーク
 Img_0553 Img_0556 Img_0644 Img_0742

トマト風味のバターと黒パン、牛ほほ肉の煮込み、スズキのムニエルとお米サラダ、アイスクリームとレモンティー

| | コメント (0)
|

9/21 クヴェトリンブルグ散策

ハルツ山地の北東に位置する、世界文化遺産の街クヴェトリンブルグに移動しました。

          Img_0192_3  Img_0253

現在も使われている市庁舎です。(夜はライトアップされます。)

 Img_0196 Img_0214

宿泊したホテルと広場のフルートとホルンを吹く像です。

 Img_0244_2 Img_0262

Img_0228

木組みに動物の毛や藁を混ぜて補強した粘土で作った家たち。ロマネスク様式の美しい木組みの家が軒を連ねています。

 Img_0248 Img_0265


 Img_0246 Img_0281

瓦を壁に張り付けた家、木組みの家は傾いていますが、ホテルや店舗に使われています。私たちが泊まったホテルも廊下が傾斜していました。

明日の夜、シュティフツ教会での私たちのコンサートのチラシが、街のあちこちに貼ってあります。

Img_0235

| | コメント (0)
|

9/18 ライプツィヒに到着

成田空港からルフトハンザ航空LH-711便でフランクフルトへ、乗継ぎライプツィヒに着きました。

Img_0064

ライプツィヒは商業と音楽の街、大きな見本市会場もあります。ライプツィヒ中央駅はヨーロッパ最大のターミナル駅で、最近地下鉄も通じました。

Img_0088

 Img_0102 Img_0094 Img_0097 Img_0100

ホテルは駅のすぐそば、夕食を求めてお買い物に出かけました。

 Img_0075 Img_0076 Img_0077 Img_0080

果物屋さん、ソーセージ専門店、チーズやさん、お花屋さん








| | コメント (0)
|

3/22 名古屋日帰り旅 北陸経由

八尋先生にご指導頂いている合唱団が集まって、八声会交歓演奏会について相談をする会議があり、名古屋に行くことになりました。

東海道新幹線で往復するだけではおもしろくないなぁ~と思っているところに思いつきました。先週、開業したばかりの北陸新幹線に乗ってみようと・・・。

 0322  0322_2

6時28分東京発はくたか551号に乗れば9時37分金沢着、北陸本線特急しらさぎ6号に乗り換えて名古屋に12時48分に着くので、1時半からの会議に間に合います。

金沢での乗り換え時間は11分、駅弁を買う余裕もありません。ただ、乗っているだけでしたが、通過した都県は東京、埼玉、長野、新潟、富山、石川、福井、滋賀、岐阜、愛知。車窓からのどかな風景を眺めているだけでも、楽しい時間でした。

 0322_3  0322_4

雪を被った信州の山々と、富山湾です。

米原での停車中にゲットした湖春日和弁当には、小さいながらも近江牛のローストビーフ、琵琶湖の小魚の佃煮、精進揚げ、チラシ寿司にはアマダイの酢漬けものっていて、おいしくいただきました。

0322_5
会議を終えて、帰路はひかり526号に乗ると、1時間40分で東京に着きます。

今年の八声会交歓演奏会は第10回となり、10月31日に軽井沢大賀ホールで開催されることになりました。

| | コメント (0)
|

2/16・17 シアトル街歩き

シアトル発祥の地パイオニアスクエア・パーク、石畳の三角形の広場に立つトーテムポール、付近には古いレンガ建ての建物も残っています。 

         Img_3104_3     Img_3100

シアトルでもっとも有名な観光ポイントパイク・プレイス・マーケット、1907年に創設されました。
  

Img_3063_2

  Img_3066 Img_3071 Img_3079 Img_3072_2

中央に店を構えるフィッシュマーケット、その前にマーケットのマスコット メス豚のブロンズ像が立っています。貯金箱になっていて観光客の善意が寄せられていました。

Img_3073

果物、野菜、パン、お花、所狭しと並んでいます。こちらのバレンタインデーでは男性が女性にお花を贈るとかで、にわか仕立ての花屋さんが作った花束が飛ぶように売れていました。

  Img_3065_3 Img_3075 Img_3078 Img_3074

もちろん、チョコ屋さんのウィンドウもきれいなディスプレーです。

       Img_3062  Img_3093  Img_3094

そして、スターバックスコーヒー発祥の地、1号店は緑ではなく茶色の看板、ここでしか買えないPIKE PLACE Special Reserveに長蛇の列が。限定品のマグカップもあります。

  Img_3083 Img_3084 Img_3085 Img_3086

スープ三種、サンドイッチ、コーラ、レモンソーダで昼食。

Img_3092
ダウンタウンからモノレールに乗ってシアトルセンターへ、ランドマークタワースペースニードルに、1962年シアトル万博の際に建てられました。雪をかぶったマウントレニエ、クイーンアン・ヒルのお屋敷街、360度の景色が眺められます。

  Img_3119 Img_3121 Img_3122 Img_3130

ダウンタウンのトンネルバス駅からサウンドトランジット・セントラル・リンク・ライトレイルに乗ってシータック空港へ、途中シアトル・マリナーズの本拠地セーフコフィールドやボーイング社の巨大工場(東京ドームの8.5倍 747,767,777,787型機を組み立てる作業場)を見ながら・・・。

       Img_3200  Img_3202  Img_3214


2/14~2/17、3泊4日の旅ですが、日付変更線があるので帰国したのは18日、晴天に恵まれて暖かな冬のシアトルでした。

| | コメント (6)
|

10/05 竹田城跡⇒姫路城

朝から台風18号の前触れの雨がしょぼ降る中をバスツアーに参加、福知山から兵庫県和田山の国史跡竹田城跡と、大天守保存修理中の姫路城を見学してきました。

標高353.7mに位置する竹田城は、嘉吉3年(1443年)に但馬の守護大名山名宗全が基礎を築いたとされ、太田垣氏が7代にわたって城主となりましたが、織田信長の命により秀吉の但馬征伐で天正8年(1580年)に落城しました。最後の城主赤松広秀が石積みの城郭を整備したと言われています。

  10_055  10_053

竹田城跡周辺では秋から冬にかけてよく晴れた早朝に朝霧が発生し、雲海に包まれた天空の城と呼ばれています。

Img_5275

この日は雨の中を傘をさして、雲の中を歩いているようでした。桜の木が多く、春には見事な花を咲かせるのでしょう。

10_05白鷺城とも呼ばれる美しい姿の姫路城は、」元弘3年(1333年)赤松則村が京に兵を進める途中、姫山に砦を築き、その後貞和2年(1346年)赤松貞範が城を築きました。慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い後、池田輝政が城主となり、大改築を始め、9年後に五重六階地下一階の連立式天守が完成します。元和4年(1618年)本多忠政が城主となって西の丸を増築しました。その後、明治の大修理(明治44年~)、昭和の大修理(昭和39年~)を経て、平成21年~大天守の保存修理が始まっています。その間、昭和26年(1951年)国宝に指定、平成5年(1993年)の日本初の世界遺産に登録されました。

10_054

 10_05_2  10_052

大天守は修理期間中なので、西の丸を見学しました。長局(百閒廊下)千姫さまのお部屋に通じる廊下と狭間(長方形は矢狭間、正方形、三角形、円形は鉄砲狭間)です。

 10_05_3  Img_9160

黒田官兵衛の十字紋の鬼瓦です。

Img_3408_2
竹田城跡は国史跡に指定されて、豪壮な石積みの城郭が復元されました。映画「天と地と」「あなたへ」のロケで有名になり、姫路城はNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」ゆかりの地として、訪れる人が多くなりましたが、この日は台風18号の影響であいにくの雨模様が幸いして、静かに散策することができました。


  

| | コメント (0)
|

9/01 帰国

朝食後、チューリヒの街をお散歩、リマト川で釣りをしている人

  Img_2572  Img_2578


川沿いに大きな時計が目印の聖ペーター教会、エメラルド色の尖塔が映える聖母聖堂、2本の塔をもつ大聖堂・・・。

  Img_2573  Img_2574_2

Img_2579

7泊8日の旅を終えて、チューリヒ空港からスイス航空LX-160で成田へ向かいました。

Img_2595

Img_2002
機内で1週間ぶりに日本の新聞に出会いました。国際版という版があるのですね。

 

パスポート見失い事件、ケータイ置き忘れ事件、バス乗り遅れ事件・・・、ありましたが、28名の楽しいツアーでした。

 

良い音楽、美しい景色、おいしい食事、一番に忘れるのは音楽でしょう!と同行の八尋先生がおっしゃいましたが、その通りになりそうです。

 

メラウに滞在していた5泊ホテルカニスフルーのタオルを使ったかわいいベッドメイキング、ブラジルから来た女性の作品です。

 Img_2081 Img_2126 Img_2131 Img_2192

おいしかったアイスクリームたち

 Img_2266 Img_2422 Img_2546 Img_2593


トイレ休憩したガソリンスタンド&コンビニの脇では、ハロウィンのかぼちゃを車に並べて売っていました。

Img_2424

そして、帰宅!メラウやチューリヒのスーパーで買ってきたワイン、ソーセージ、チーズ、アスパラガス、ニシンの酢漬け・・・などでお留守番さんの食事を用意します。

Img_2632

10日間、糠床でお留守番していたきゅうりとなすびは、相当な古漬けになっていました。

Img_2596

リヒテンシュタインで自分宛てに出した絵葉書が、リヒテンシュタインのスタンプを押されて届きます。

      Img_7561_2  Img_0382





  

| | コメント (0)
|