日々のつぶやき

7/19 梅雨明け

雨があまり降らないまま梅雨が明けました。7月初めから30度越えの真夏日が続いています。

夕方にはせみが梅雨明けを待っていたかのように啼き始めました。

我が家の夏メニュー その1 天ぷらと盛そばです。

0717

茄子、グリーンアスパラガス、ねぎ、かき揚げ(シーフード、玉ねぎ、大葉)

| | コメント (0)
|

6/19 梅雨?

梅雨に入って10日あまりになりますが、雨の日が少なくからっとして過ごしやすい日が続いています。
昨年買ってきたクチナシが7輪の花を咲かせました。実家から持ち帰った紫陽花、今年は蕾をつけるのを休んでいます。

0619

隣の都立高校ではプールの授業が始まりました。高校生もプールでは小学生並みににぎやかです。

Img_2180

最寄りの地下鉄の駅の入り口には、燕が巣を作っています。ひなはおやどりが餌を持って帰ってくれるのを待っているようです。

0614b

| | コメント (0)
|

5/14 母の日

子ども達が贈ってくれたお花たちです。 

オレンジ色のバラ、赤のカーネーション

0514c

ピンクの芍薬と白とピンクの八重のカーネーション

0514d

ありがとう!

母は元気に楽しく、日々暮らしています。

ベランダで育てているゼラニウムがたくさんの花を咲かせました。

0515_4

| | コメント (0)
|

4/16 Happy Easter

イースターは春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日、今年は今日がイースター、十字架に架けられたイエス・キリストの復活を祝う日です。

教会では特別礼拝が守られ、子供たちに復活の象徴であるイースターエッグが配られました。

ヨーロッパでは、春の女神の通り、春の訪れを喜んで、花飾りのついた帽子をかぶったり、白い靴を履いておしゃれしたりします。

0327地よ、声たかく 告げ知らせよ、とうときイエスのよみがえりを。

死より命へとみちびきたもう 主イエスとともに われら進まん。

罪に打ち勝ち 死をやぶりて われらの心 解き放つ主。

その勝ち歌こそ 全地に満ちて、 救われしもの ともに歌う。

天よ、喜べ、地よ、たたえよ、造られしもの 声あわせよ。

主のよみがえりの この日を祝い、 尽きぬ喜び われらたたえん。(讃美歌326番)

| | コメント (0)
|

4/10 お花見散歩

小石川後楽園に行ってきました。

江戸時代初期、水戸徳川家の祖 頼房が造り、二代藩主の光圀が完成させた水戸黄門ゆかりの庭園です。

蓬莱島や竹生島のある琵琶湖に見立てた池を中心に築山を巡る様式、京都嵐山の大堰川の流れや渡月橋、円月橋、西湖提など中国の風物も取り入れられています。

東京ドームのすぐ隣ですが、都心とは思えない静けさ、人出もまばらで1時間余りの快適な散歩でした。

梅林や菖蒲田もあり、紅葉など四季折々、楽しめるようです。

樹齢約60年の枝垂桜が見ごろです。

0410b
大泉水の水面に映る桜たち

0410a_2
明日は花散らしの冷たい雨になるとか、今年の桜も見納めでしょうか。

| | コメント (0)
|

4/07 満開になりました!

0407a

0407b_2満開宣言から数日、この辺りの桜も満開になりました。

開花のあと気温の低い日が続いたので、長い間お花を楽しめます。

晴れ間を見つけて、お花見散歩に出かけました。

0407c_3公園には春休み中の親子連れがお弁当を広げている姿が見られます。

陽気に誘われてウオーキングやジョギングする人たちも増えました。のどかな風景です。

0407d

| | コメント (0)
|

3/26 春休み

春休みに入った孫娘が2泊3日の予定でやってきました。

初日はつぼみの会(音楽活動をしている熊谷女子高卒業生の会)コンサート聴きます。

ソプラノ、アルトの独唱、ピアノ演奏、合唱のステージと3時間半のコンサートでした。

2日目は、しとしと冷たい雨の降るあいにくのお天気、イチゴのシャーベット作り、夕食のワンタン包みなど手伝いました。

  0326a_2  0326c

雨のやみ間には持ってきたリップスティックの練習です。

0326b
3日目は、「子どもSUICAを使って電車に乗りたい!」「マックに行きたい!」という希望に、娘が連れ出しました。

東京メトロ半蔵門線、銀座線、丸の内線、JR総武線、山手線、中央線に乗ったとか、最後は都バスに乗って帰ってきました。十分に堪能したことでしょう。

自宅に送っていくと、3歳になった弟が「おばあちゃんちに迎えに行こう!」と淋しがっていたとか・・・。

ヨーグルトにのせた煮イチゴとシャーベットです。

0330

| | コメント (0)
|

3/22 春の色

昨日、東京で桜の開花宣言がありました。靖国神社にある標準木に5輪の花が咲いたそうです。

桜のピンクが春の代表的な色ですが、スイセン、菜の花、タンポポなど黄色も春を感じさせてくれます。

04_04

横十間川で中学生のカヌーの練習が始まりました。(写真 撮れず!

2020東京オリンピック・パラリンピックのボート・カヌー競技会場は、宮城県、埼玉県など候補があった中、海の森公園に決まりました。

| | コメント (2)
|

3/06 10周年

ぶどうの枝が10周年を迎えました。

かかさず読んで下さる方、コメントを送って頂いたり、感想をメールして下さる皆様に支えられて、続けてくることができました。

還暦を記念に始めたブログなので、古希を迎えたことになります。

「古代稀なり」といいますが、団塊世代が一挙に70歳になって、稀どころか当たり前になってしまいました。

70歳から都営交通のパスを利用することができるようになります。60歳から会員になれるジパングクラブにも入っています。

高齢者(75歳から?)と呼ばれても、特典もあります。

春のお花畑のような花束(ピンクのチューリップ、黄色のミニばら、菜の花、白のスイトピー)を娘から、孫たちからお祝いの手紙、息子夫婦からお祝いメールが届きました。

Img_1968

0309_2
八戸に転勤になった娘のような若い友人からのカード、こちらも春のお花がいっぱいです。

0306c
これからも、途切れとぎれの更新ですが、日々の出来事を綴っていきたいと思っています。

| | コメント (2)
|

2/22 高齢者講習

次の運転免許更新までに高齢者講習を受けるようにと案内が来ました。

誕生日前に更新すればこの講習を受けなくても良いのでは?と思っていましたが、半年も前にハガキが届きました。

安全運転の知識などをビデオを見ながら受講、動体視力や夜間視力の測定、シミュレーターを使っての運転適性検査を受けて、40年ぶりに教習所のコースを走ります。助手席に教官が座り、車庫入れやS字カーブをクリアしました。

02225,600円也を払って、高齢者講習終了証明書を受け取り、これを持って運転免許更新の手続きをします。

5年後の更新の時には認知機能検査も受けなければなりません。

車の運転は好きな方、運転免許を取得してから妊娠中、産前産後も1ヶ月以上運転しなかったことはありません。末っ子の1ヶ月検診は運転して行きました。

関西への帰省も車で往復していましたが、2012年10月に実家が無くなってからは1日に500㎞以上運転することはなくなりました。

ゴールド免許を傷つけないように、運転を楽しみたいと思っています。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧